沖縄本島のビーチ 穴場からおすすめスポットまで全96箇所 エリア別一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、海水浴ができる沖縄県本島のビーチをまとめています。
沖縄県民でも知らない穴場ビーチから、シャワーやトイレなどの設備が整っていて利用しやすいおすすめのビーチまで全96箇所を「北部」「中部」「南部」の市町村別にご紹介しています!
各ビーチへのアクセス方法はもちろん『駐車場料金などの情報』や『更衣室、シャワーの有無』『ビーチの特徴』などもできる限り詳しく記載していますので、沖縄観光の際は是非ご活用下さい♪[2020年3月16日最終更新]

今回ご紹介するビーチを全て表示した地図

目次

下記は今回ご紹介させて頂いたビーチを全て表示した地図です。

ご宿泊予定のホテルや、観光予定のスポット周辺のビーチを地図から見つけて、効率よく沖縄を観光しちゃいましょう♪

沖縄県内で海水浴ができるビーチをほぼ全てご紹介していますので、とても長い記事となっています。

お探しの場所がお決まりの方は下の地図から、特におすすめのビーチだけご覧になりたい方には記事の一番下に『おすすめランキング&目的別検索(*ココをクリックでジャンプできます)』をご用意していますので、そちらをご確認下さい♪

ビーチは北から順番にご紹介しており、記事の下に行くほど南のビーチとなっています。(*上にある目次からは市町村ごとにビーチが探せます。総合的に判断し特に良いビーチには【おすすめ】と記載しています。)

またビーチの説明文をわかりやすくする為、他のビーチに比べて『良い部分はピンク色』『悪い部分は青色』で記載しています。

*北部エリアのビーチは『赤色』中部は『黄色』南部は『青色』のアイコンで表示しています。
*ご紹介しているビーチが多く、アイコンが密集していますので地図を拡大しての利用を推奨します。
*『北部/中部/南部の各エリアのおすすめビーチTOP3&目的別検索はこちらをクリック

本島北部のビーチ(恩納村~国頭村)

こちらでは、特に海の透明度が高い沖縄県北部の穴場&おすすめビーチをご紹介しています!

国頭村(くにがみそん)のビーチ

こちらは、沖縄県最北端の村『国頭村』にあるビーチ一覧です。

辺土名(へんとな)ビーチ

辺土名ビーチ

辺土名ビーチは、今回ご紹介しているビーチの中で最も北に位置する超穴場ビーチです。

国道58号線からかなり西に外れたところにあるビーチで『』にナビをセットし、売店の建物の手前で左折し突き当りまで行くとたどり着けます。(*ビーチに立っている”電波塔”が目印)

かなりわかりにくい場所にありますが、上にある地図にビーチの場所の目印をつけてありますので、参考にしてみてくださいね。『オクマ プライベートビーチ&リゾートホテル』から車で5分程の位置となります。

沖縄県内で特に海が綺麗な北部エリアの中でも特上の美しさを誇るビーチで、無料のシャワーとトイレも完備しており、キャンプなどもOKです♪

ただ、自動販売機や売店はありませんので飲み物や食べ物は事前に購入しておきましょう!車で5分ほどの位置に『ゆいゆい国頭』という道の駅があります。

『辺土名ビーチ』

住所:
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約2時間(*オクマ プライベートビーチ&リゾートホテルから車で5分程)
駐車場:あり(無料[約15台])
利用料金:無料
設備:シャワー(無料)、トイレ、足洗い場、スロープ、鏡
その他:キャンプ可、更衣室はないですが、トイレはかなり広々しています。
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

オクマビーチ

オクマビーチ

オクマビーチは『オクマ プライベートビーチ&リゾートホテル』が管理しているビーチで「有料(下記に料金を記載)」ですが、リゾート感があって快適に海水浴を楽しむことができます

ホテルのビーチですが、砂浜は天然のもので美しい白砂が約1kmに渡って続いています。海の水質も毎年最高ランクの『AA』を獲得しており、贅沢な気分に浸れること間違いなしの観光客向けビーチです♪

ただ泳いで楽しむだけではなく「ダイビング体験」や「ジェットスキー」といった様々なマリンアクティビティが楽しめるのもホテル運営のビーチならではですね!

『オクマビーチ』

住所:国頭村奥間913
営業時間:9:00-18:00(*季節により少し変動あり)
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間50分(約103km[沖縄自動車道”許田IC”より車で約40分])
駐車場:あり(無料)
利用料金:大人1,000円、小人700円(*ホテル宿泊者は無料)
設備:更衣室、コインロッカー、トイレ、シャワー(有料)、自動販売機、クラゲ防止ネット
その他:ハンモック2時間2,000円、ビーチチェア・パラソルセット1時間1,000円、ビーチチェア・パラソルセット4時間3,000円で貸出
売店:あり
マリンアクティビティ:体験ダイビング、グラスボート、ウエイクボード、シーカヤック、水上スキー、ジェットスキー、マリンウォーカー、ロケットボート、シュノーケルなど
運営元:オクマ プライベートビーチ & リゾート
お問い合わせ番号:0980-41-2222
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

鏡地(かがんじ)ビーチ

鏡地ビーチ

鏡地ビーチは、国頭村に入ってすぐ西海岸にある天然ビーチです。

砂浜、水質ともに沖縄県最高クラスで『鏡地シマナー公園』という大きな公園のすぐ向かいにあるためとても見つけやすいのですが、シャワーなどが用意されていないので人はとても少ないビーチです。

遠浅ですので、お子様連れの方も安心して遊ぶことができるのは嬉しいポイントですね♪

自由に泳いで遊ぶには絶好のスポットですが、お魚などはあまりいないのでシュノーケルには向いていません。

『鏡地ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡国頭村鏡地142(*鏡地シマナー公園向かい)
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分
駐車場:あり(無料)
*ビーチへ上がる階段の下に車が駐車できる芝生になっているところがあります。
利用料金:無料
設備:トイレ(*鏡地シマナー公園のものを利用)
その他:キャンプ可
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

今帰仁村(なきじんそん)のビーチ

こちらは、世界遺産にも登録されている「今帰仁城跡」がある『今帰仁村』にあるビーチ一覧です。

うっぱまビーチ(リゾートホテル・ベル・パライソ)

うっぱまビーチ(リゾートホテル・ベル・パライソ)

うっぱまビーチは「リゾートホテル・ベル・パライソ」が管理しているビーチで「有料(下記に料金を記載)」ですが、管理が行き届いておりとても美しい天然のビーチです。

こちらもホテルのビーチですので「グラスボート」や「シーカヤック」などのマリンアクティビティが充実しており、様々な楽しみ方ができますよ♪

クラゲ防止ネットがあり遠浅ですので、家族での海水浴も安心です。

ちなみにビーチ名の『うっぱま』というのは、沖縄の方言で『大きな浜』という意味の言葉です。

『うっぱまビーチ(リゾートホテル・ベル・パライソ)』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字運天1069
営業時間:9:00-18:00
遊泳可能期間:海開きから9月末まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間35分(約91km[沖縄自動車道”許田IC”経由])
駐車場:あり(有料[1日500円])*宿泊者は無料
利用料金:300円
設備:更衣室、トイレ、シャワー(有料)、クラゲ防止ネット
その他:浮き輪4時間500円、パラソル4時間500円で貸出、その他レンタル多数有
売店:あり
マリンアクティビティ:グラスボート、ジェットスキー、シーカヤックなど
運営元:リゾートホテル・ベル・パライソ
お問い合わせ番号:0980-56-2767
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

村民の浜

村民の浜

村民の浜は、海水浴シーズンでも人が少ない穴場ビーチです。

地元の人以外はあまり訪れないビーチですが、クラゲ防止ネットや更衣室、シャワーなど基本的なものは揃っていて快適に海水浴を楽しむことができます。

ビーチの目の前にはブランコが設置されており、インスタ映え写真が撮れること間違いなし♪(*現在もあるかは不明です)

空港からはとても遠いので、かなり行きにくいビーチではありますが、静かにのんびりと沖縄の海を楽しみたい方に本当におすすめのビーチです。

『村民の浜』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村今帰仁村仲宗根851-1(今帰仁村総合運動公園内)
営業時間:11:00-18:00(19:00閉場)*営業時間外も遊泳は可能ですが、監視員さんがおらず危険です。
遊泳可能期間:7月中旬から8月24日
アクセス:沖縄自動車道”許田IC”から国道58号線へ出て北へ→『白銀橋(東)交差点』を左折し県道84号線を本部方面へ→『中山交差点』を右折し県道72号線を今帰仁方面へ→県道75号線に出たら左手に『今帰仁酒造があるところ』を左折→長い坂を上ると県道75号線は右への急カーブになるが、そのまま直進すれば『今帰仁村総合運動公園』に到着→村民の浜へは運動公園に入り、そのまま奥まで進み、突き当たりを左折。少し進むと右側に浜へ降りる道があります。
駐車場:あり(無料[18台])*19時に入口にチェーンロックがかかります。
利用料金:無料
設備:更衣室、シャワー、トイレ、自動販売機、ライフセイバー(営業時間内のみ)、東屋、クラゲ防止ネット
その他:BBQ、キャンプ禁止、過去にハブクラゲが出たという報告あり
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
運営元:今帰仁村総合運動公園
お問い合わせ番号:0980-56-5955
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

崎山(さきやま)ビーチ

崎山ビーチ

崎山ビーチは、シャワーやトイレなどの設備が全くないため人がほとんどいません。

そのため、お魚がたくさんいて絶好のシュノーケリングスポットとなっています。ただ、大きな岩場や木陰もなく、休憩できるところがないので長時間遊ぶのはなかなか厳しいかもしれませんね。

干潮時には泳ぐことができなくなるほど波が引きますので、この点にも注意が必要です。『潮見表』で満潮、干潮の時間を見極めていきましょう!

駐車場も3台分のスペースが確保されていますが、狭いのでかなり停めにくく、シュノーケルがしたい方以外へのおすすめ度は低いです。


VILISUN シュノーケルマスク フルフェイス

『崎山ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村崎山338
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分
駐車場:あり(無料[3台])
利用料金:無料
設備:なし*ビーチ手前の公園にはトイレがありますが、少し距離があります。
売店:なし
その他:海底ケーブルが見られる
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

長浜ビーチ

長浜ビーチ

長浜ビーチは、沖縄本島では数が少ない天然白浜のビーチで、小さいビーチと大きいビーチに分かれています。

先程ご紹介した『崎山ビーチ』同様にシャワーはありませんが、トイレは東側の入口にあって、駐車場も10台程度は確保されています。

水深はかなり浅めで水質はもちろん良好ですが、釣りやモリ漁などは禁止されていますのでご注意を。もともとサンゴが少ないこともあってお魚は少なめですので、シュノーケルには向いていません

こちらのビーチの最大の特徴は東側にある大きな岩陰。洞窟のようになっており、この日陰がBBQをするには最適なスポットとなっています。

また、更衣室があったほうが良いという方には下記のような「一人用の着替えテント」がオススメです♪


ワンタッチテント 着替え用テント
『長浜ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村諸志744
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分
駐車場:あり(無料[10台程度])
利用料金:無料
設備:トイレ(*あまり綺麗ではありません)
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
運営元:今帰仁村経済課商工観光係
お問い合わせ番号:0980-56-2256
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

赤墓(あかばか)ビーチ

赤墓ビーチ

赤墓ビーチは、大きな石灰岩に囲まれている沖縄ならではのビーチで、晴れた日には写真映えするエメラルドグリーンの海が見られます。

駐車場は10台程度確保されていて無料ですが、トイレやシャワー代わりに使用する水は有料となっています。

また浮き輪や飲み物を販売していることもあるようですが、お一人で経営しているのかお休みも多いですので、事前に用意して訪れるのが良いでしょう。

水深は先程ご紹介した『長浜ビーチ』よりは深めで150cmぐらいになるところもありますので、お子様連れの方はすぐ近くにある『長浜ビーチ』の方が良いかもしれません。

赤墓ビーチはGOOGLEMAPでも検索可能ですがかなり場所がわかり辛いので、ビーチの近くまでたどり着いた後は、当記事の最初にある地図のようにMAPを『航空写真モード』すると迷いにくいですよ♪

このビーチ最大の特徴はなんといっても美しい海の写真が撮影できることで、駐車場のある高台から写真を撮ると海の綺麗なグラデーションを簡単に撮影できますよ。

このビーチはサンゴがゴツゴツとしていますので、下記のようなマリンシューズで行くことを推奨します。


マリンシューズ ウォーターシューズ 水陸両用
『赤墓ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村諸志今帰仁村諸志583
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分
駐車場:あり(無料[10台程度])
利用料金:無料
設備:シャワー代わりの水販売(2L 100円)トイレ(有料[100円])*トイレの利用可能時間は10:00から日没まで。
その他:かなりサンゴがゴツゴツとしているので、マリンシューズがあったほうが安全です。
売店:なし
マリンアクティビティ:カヌー、シーカヤックなど(*オーシャンブリッジ沖縄で予約が必要)
運営元:今帰仁村経済課商工観光係
お問い合わせ番号:0980-56-2256
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

今泊浜(シルバマ/いまどまりはま)

今泊浜

今泊浜は、シルバマと呼ばれている今泊集落の海岸です。

晴れた日には、沖縄の有名タレント『前田ロマーシア』さんの出身地である「伊是名島」を見ることができるビーチとなっています。

ビーチのすぐ近くには「今泊集落」があって、いまでも赤瓦の家がたくさん残っています。

観光客の方はほとんど訪れない、地元の方がほとんどのスポットで更衣室やシャワーなどの設備は用意されていません

またお魚も少ないので、シュノーケリングには不向きです。

この辺りは『崎山ビーチ』『赤墓ビーチ』『長浜ビーチ』とたくさんのビーチがありますので、沖縄の昔の雰囲気を楽しみながら少し海水浴もしたいという方以外は別のビーチの方が楽しめるかもしれませんね。

『今泊浜』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村今泊3008
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分
駐車場:あり(無料[12台/2箇所に分かれる])
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

今泊(いまどまり)ビーチ

今泊ビーチ

今泊ビーチは、先程ご紹介した『今泊浜』から少し南に行ったところにあるビーチです。

とても広いビーチですが、シャワーや更衣室はありません。『オンザビーチカフェ』というおしゃれなカフェがすぐ近くにあって、ここで食事した後ビーチで散歩する方が多いようです。

海水浴ができないことはありませんが、どちらかというとカフェでお食事やお茶を頂いた後、ビーチをのんびり散歩するという使い方がベストかと思います。

『今泊ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村今泊612-2(*オンザビーチカフェの住所です)
営業時間:設定無し(*カフェの営業時間は11:00-17:00)
遊泳可能期間:設定無し(*カフェは年中無休)
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分
駐車場:なし(*ビーチの駐車場は用意されていません。オンザビーチカフェを利用し、お店の駐車場を利用するのが良いでしょう)
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

具志堅(ぐしけん)ビーチ

具志堅ビーチ

具志堅ビーチはトイレ、更衣室などの設備や駐車場などがなにもなく、海水浴よりも静かに海を眺めに行くのに適したビーチです。

近くにペンションがあってそこに近づいていくと少し人がいますが、それ以外の場所は海水浴シーズン中でもほとんど人がいません。

クラゲ防止ネットなどもありませんので、もし泳ぐ時はお気をつけ下さいね。

『具志堅ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡本部町具志堅3006-3
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定なし
アクセス:国道58号線で名護方面へ北上→84号線→72号線を経由し今帰仁城趾方面へ→505号線の具志堅地区公民館手前から海向けに農道へ入る→約300m先にビーチがあります。
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
運営元:本部町役場商工観光係
お問い合わせ番号:0980-47-2700
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

東村(ひがしそん)のビーチ

こちらは『東村』にあるビーチ一覧です。

スクバマ

スクバマ

スクバマは、地元民の方ですらほとんど訪れない自然の姿をそのまま残すビーチです。

ビーチはたくさんの背の高い木に囲まれていて、自然の音しか聞こえず場所によっては無人島にいるかのような雰囲気を感じることができます。

砂浜にはところどころ小さな石が落ちている程度で裸足でも問題なし。水質も良いですが、東海岸に位置しており日によっては波が高いこともありますのでご注意を。

結構穴場的な紹介をされていることが多いですが、トイレやシャワーがないので地元にあったら行くかもぐらいの評価です。

『スクバマ』

住所:沖縄県国頭郡東村慶佐次167
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から沖縄自動車道で名護へ→名護から331号線で有銘方面へ→有銘中学校のすぐ近くにあるガソリンスタンドを過ぎてすぐの細い道へ右折→直進すると突き当りにビーチがあります。(約1時間45分)
駐車場:あり(無料[1台分のみ])
利用料金:無料
設備:なし
その他:東村役場で地図の配布あり
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

慶佐次(げさし)ウッパマビーチ

慶佐次ウッパマビーチ

慶佐次ウッパマビーチは、ウミガメの産卵も見られる沖縄県屈指の美ら海ビーチです。

トイレや有料ですがシャワーも用意されていて、快適に海水浴を楽しめるおすすめのビーチですが、人は少なめな穴場です♪

沖縄最大規模のマングローブ林が広がる『慶佐次湾のヒルギ林(東村ふれあいヒルギ公園)』という人気観光スポットの近くにありますので、セットでの観光もおすすめですよ!

下記のような「一人用の着替えテント」を持っていけば、最強ビーチに早変わりです♪


ワンタッチテント 着替え用テント
『慶佐次ウッパマビーチ』

住所:沖縄県国頭郡東村慶佐次394
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:慶佐次共同売店にナビをセット→売店が見えたら東の方角へ曲がる→直進するとビーチに到着します。(慶佐次ウッパマビーチとナビに入れても大丈夫そうですが、既にご紹介した今帰仁村の『うっぱまビーチ』と間違えないように注意してください)[那覇空港から車で約1時間30分] 駐車場:あり(無料[10台以上駐車可能])
利用料金:無料
設備:トイレ、シャワー(有料)
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

福地川海浜公園

福地川海浜公園(福地川海浜公園公式サイト)より画像引用

福地川海浜公園は、2015年に東村にオープンした様々な設備が整ったビーチです。

こちらは比較的新しい施設で、トイレやシャワーはもちろん、クラゲ防止ネットや監視員の方などもおり、どなたでも安心して海水浴が楽しめるスポットとなっています。

駐車場は普通車1日1台200円と有料ですが、シャワーは冷水であれば無料ですし、キャンプやBBQなどが快適に行える設備もしっかり整っています。

福地川海浜公園 MAP(福地川海浜公園公式サイト)より画像引用

この他、シュノーケルツアーやシーカヤックなどのマリンアクティビティも体験することができる大変良い施設なのですが、場所が場所だけに利用者はあまり多くありません。

口コミなどの評価も高く、この辺りに訪れる予定がある方にはとてもおすすめできるスポットと言えそうです♪

『福地川海浜公園』

住所:沖縄県国頭郡東村川田334
営業時間
夏季(4月~9月):9:00~18:00 *海水浴は10:00~17:30まで
冬季(10月~3月):9:00~17:30 *海水浴は不可
遊泳可能期間:4月下旬から9月下旬まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分(福地川海浜公園でナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 22台[大型車500円/乗用車200円/二輪車100円 *1日の利用料金です])
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、更衣室、バリアフリートイレ、シャワー(冷水無料、温水は有料[3分200円])、コインロッカー(有料[1日300円])管理事務所、足洗い場、炊事場、自動販売機、東屋(有料[1日3,500円])、救護室
その他:デイキャンプ(1,500円[定員5名まで])、カヌー・SUPの持ち込み(1艇500円)、カヌー・SUP・ライフジャケット・マリンブーツの貸出あり、キャンプサイト有料利用可
売店:なし
マリンアクティビティ:サンライズカヤック・SUP(大人6,500円/子供4,500円[6才~12才])、カヤックフィッシング(大人12,000円/子供8,000円[10才~12才])、SUPクルージング(大人6,500円/子供4,500円[6才~12才])、バナナボート・マーブル(6歳以上 10分2,200円)
公式サイト:「福地川海浜公園
運営元:福地川海浜公園
お問い合わせ番号:0980-51-2301
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

古宇利島のビーチ

こちらは『古宇利島』にあるビーチ一覧です。

古宇利(こうり)ビーチ

古宇利(こうり)ビーチ

古宇利ビーチは、沖縄県屈指のフォトスポット『古宇利大橋』を渡りきったすぐ下にあるビーチです。

車で行ける離島『古宇利島』へ入ってすぐにあるビーチは『古宇利大橋』を中心に東側と西側に分かれています。

有名観光地にあって、海もとても美しいことから大人気のビーチとなっており、シーズン中は大変混雑しています。

無料駐車場も100台分程度は用意されているのですが、満車で駐車できないことも多く、近隣の有料駐車場(200円)を利用しなければならない可能性も高いです。

ただ人気のビーチだけあって、シャワーや更衣室、トイレなど海水浴に必要な設備は全て揃っており、レンタル用品やマリンアクティビティも充実しています♪

更に他のビーチでは禁止されていることも多い『個人シュノーケリング』もOKで、人が多い分お魚は少ないですが、THE沖縄の美ら海を自由に楽しむことができるのは嬉しいポイントですね!

『古宇利(こうり)ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利(古宇利大橋を降りてすぐ)
営業時間:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間30分(古宇利ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[古宇利島ふれあい広場内駐車場を利用の場合])*無料駐車場が満車の場合は近隣の有料駐車場(200円程度)を利用する必要あり。
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、シャワー(有料[100円])、トイレ、更衣室、足洗い場、自販機
その他:パラソル(1,000円)、サマーベッド(1,500円)、チェアー(500円)、浮き輪(小300円/大500円)、シュノーケル(500円)、ライフジャケット(500円)の有料貸出あり
売店:ビーチの敷地内に『愛すらんど古宇利島 食と館』という、お土産の購入と食事ができるお店があります。(レンタサイクルの貸出もあり)、ブルーシールアイスクリームのパーラーもあり。
マリンアクティビティ:個人シュノーケリング、バナナボート(10分 大人2,000円/小人 1,500円)、ジェットスキー(大人2,500円/小人2,000円)、マーブル(大人2,500円/小人2,000円)、グラスボート(30-40分 大人[12歳以上]3,000円/子供[12歳未満]1,500円)、遊覧船(45分 大人2,500円/中学生1,000円/小学生まで無料)
運営元:今帰仁村経済課商工観光係
お問い合わせ番号:0980-56-2256
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

トケイ浜

トケイ浜

トケイ浜は『古宇利島』の一番北側にあるビーチで、古宇利島の中では人が少ない穴場の天然ビーチです。

開発された『古宇利ビーチ』と違って、自然のままの姿を残しており海の透明度やお魚が見られる確率はこちらが上です。

ビーチにたくさんある石灰岩には、自然に空いた大きな丸い穴「ポットホール」も見られます。

かなり小さめのビーチですが、すぐ近くには更衣室や駐車場を完備した売店もあって、有料ですがシャワーとトイレもあります

ただ、クラゲ防止ネットはありませんので、この点には注意して海水浴を楽しみましょう。

このビーチでも個人シュノーケリングは可能ですが、干潮時はほとんど水がなくなりますので、必ず『潮見表』で満潮、干潮の時間を見極めていきましょう!


VILISUN シュノーケルマスク フルフェイス
『トケイ浜』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2805
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間50分(トケイ浜でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[10台])
利用料金:無料
設備:シャワー(有料)、トイレ(有料)、更衣室
売店:あり
マリンアクティビティ:個人シュノーケリング
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

ティーヌ浜

ティーヌ浜

ティーヌ浜は、上画像のハート型をした岩『ハートロック』が見られることで有名な『古宇利島』のビーチです。

一つ前にご紹介した『トケイ浜』の少し西にあるビーチで、人気アイドルグループ「嵐」がCM撮影で訪れたことで一躍注目度があがりました。

海の美しさはもちろん沖縄最高クラスで海水浴もやろうと思えばできますが、いつ行っても「ハートロック」を撮影しようと大勢の人が訪れており、駐車場も有料ですので無理にここで泳ぐ必要はないように思います。

海水浴ではなく、恋愛祈願や沖縄の有名観光地巡りのために訪れるビーチといった認識で良いでしょう。

『ティーヌ浜』

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2593
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間50分(ティーヌ浜でナビ設定可能)
駐車場:あり(有料[4箇所に分かれる/料金は100円~500円程度])
*すぐ近くの『トケイ浜』の無料駐車場から歩いて行ける距離(約350m)ではあります。
利用料金:無料
設備:シャワー(有料)、トイレ(有料)、更衣室
その他:浮き輪、ゴーグルの有料貸出あり
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

チヌグ浜

チヌグ浜

チヌグ浜は『古宇利島』へ入ってすぐ西側にある天然のビーチです。

有名観光地にありますが観光客の方はほとんど訪れないビーチで、地元民の方が泳いでいるのは見かけますが、結構岩がゴツゴツ飛び出ており海水浴向きではありません

ここは沖縄版「アダムとイブ伝説」の神話の舞台となっている場所で、神話などに興味がある方は見に行ってみても良いかもしれません。

『チヌグ浜』

住所:沖縄県今帰仁村古宇利
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間50分(チヌグ浜でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[古宇利ふれあい広場の駐車場を利用])
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

ソウヌ浜

ソウヌ浜

ソウヌ浜は、古宇利大橋を渡ってすぐ右へ進んだところにある天然のビーチです。

このビーチも更衣室やトイレ、シャワーなどの設備が完備されておらず海水浴向けのビーチではありません

ただほとんど人が訪れないため、のんびり過ごすには最適で釣りなどをしている方も多いスポットとなっています。

砂浜には貝殻やサンゴなどがたくさん落ちていますので、これを集めるビーチコーミングにも適しています。

『ソウヌ浜』

住所:沖縄県今帰仁村古宇利
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:古宇利大橋を渡ってすぐ右の道に入る→左手に墓地のある道を直進→堤防を左折し直進するとビーチに到着します。(那覇空港から車で約1時間50分)
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:なし
その他:釣りやビーチコーミングには適しています。
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

本部町(もとぶちょう)のビーチ

こちらは『本部町』にあるビーチ一覧です。

エメラルドビーチ【おすすめ】

エメラルドビーチ

エメラルドビーチは、沖縄の超人気観光地『美ら海水族館』もある「海洋博公園」の中にあるビーチです。

その名の通り、エメラルドの海が楽しめる人気のビーチで「遊びの浜」「憩いの浜」「眺めの浜」と3つに分かれています。「眺めの浜」からは『伊江島タッチュー』を望むことができますよ♪

残念ながらシュノーケリングは禁止となっていますが、とにかく管理が行き届いていて砂浜はサラッサラですし、売店やコインロッカー、無料シャワーなどもあって安心して海水浴を楽しむことができます。

人気ビーチということで人も多いですが、3,000人以上が泳げる大型ビーチですので窮屈感は皆無です!

ちなみに、駐車場は水族館に一番近い「北ゲート駐車場」を過ぎた先にある「エメラルドゲート駐車場」に停めるのがおすすめですよ◎

エメラルドビーチ駐車場(海洋博公園公式サイト)より画像引用

『エメラルドビーチ』

住所:沖縄県国頭郡本部町石川424(海洋博公園内)
遊泳可能期間:4月1日~10月31日 *遊泳期間以外は散策のみ可能
遊泳可能時間
4月1日から9月30日:8:30~19:00
10月1日から10月31日:8:30~17:30
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分
駐車場:あり(無料[1,400台])*海洋博公園駐車場を利用
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、看護師、トイレ、シャワー(無料)、コインロッカー(100円)
売店:あり
その他:パラソル、浮き輪、ライフジャケットなどの有料貸出あり
マリンアクティビティ:ビーチバレー用具貸出無料
運営元:海洋博公園(公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:0980-48-2741
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

瀬底(せそこ)ビーチ

瀬底ビーチ

瀬底ビーチは、沖縄本島から車で行ける離島『瀬底島』の北西にある天然のビーチです。

こちらのビーチは遠浅で、ルリスズメダイやモンガラなどたくさんの種類のお魚が見られることから沖縄屈指のシュノーケリングスポットとして有名です。

遊泳可能期間中はクラゲ防止ネットもあって、お子様連れでも安心して海水浴が楽しめるも嬉しいポイントです♪

マイナスポイントとしてはその他のビーチに比べて、ロッカー200円、温水シャワー500円、駐車場1,000円など何をするにも結構なお金がかかることです。

『瀬底ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底
営業時間:9:00~17:00(*7月から9月は17:30まで)
遊泳可能期間:4月中旬から10月下旬
アクセス:那覇空港から車で約1時間30分
駐車場:あり(有料[1,000円/250台])
利用料金:無料
設備:監視所、売店、トイレ、シャワー温水(500円)、水(300円)、更衣室(無料)、ロッカー(200円)、クラゲ防止ネット
売店:あり
マリンアクティビティ:シュノーケリング
運営元:瀬底ビーチ管理事務所
お問い合わせ番号:0980-47-2368
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

崎本部(さきもとぶ)ビーチ

崎本部(さきもとぶ)ビーチ ゴリラチョップ[真ん中の岩がゴリラの頭と手に見える]

崎本部ビーチは『崎本部緑地』にあるビーチで、ゴリラチョップ(上画像真ん中の岩)というゴリラがチョップをしているように見える岩があることで有名なスポットです。

先程ご紹介した『瀬底ビーチ』のすぐ近くにあって、こちらのビーチも波が静かなためシュノーケリング&ダイビングには最適です。

とても管理が行き届いている美しいビーチで、温水シャワー(3分100円)やトイレ(無料)、共用ロッカー(鍵なし無料)などの設備も充実しています♪

ただ”管理事務所の営業時間(9:00-16:00)外”と”土日祝”は上記の設備が使用できなくなりますので、この点には注意が必要です。

また、これだけ設備が充実していますが監視員の方はおらず、クラゲ防止ネットもありません。お子様連れの方は特に注意してあげて下さい。

『崎本部(さきもとぶ)ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡本部町字崎本部5232(*崎本部緑地の住所を記載しています)
営業時間:9:00-16:00(*駐車場のゲートの開門時間です)
休み:土・日・祝日
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間30分
駐車場:あり(無料[92台])
利用料金:無料
設備:更衣室、温水シャワー(3分100円)、トイレ(無料)、共用ロッカー(*鍵なし無料[21個])、自動販売機、東屋、近隣に24時間営業スーパー有(ザ・ビッグエクスプレスもとぶ店)
その他:時々、ダイビングの団体が来て駐車場が満車になることがあるようです。BBQとキャンプは不可です。
売店:なし
マリンアクティビティ:シュノーケリング、ダイビング
運営元:本部町企画商工観光課
お問い合わせ番号:0980-47-4200
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

塩川(しおかわ)ビーチ

塩川ビーチ

塩川ビーチは、先程ご紹介した『ゴリラチョップの崎本部ビーチ』から少し南に行ったところにあるビーチです。

とても綺麗なビーチですが、クラゲ防止ネットを始めトイレやシャワーなどの設備はありません。そのため、泳いで楽しむよりはのんびり海を眺めるのが良さそうなスポットですね!

観光地化されていない昔からある海岸を貸し切りで楽しみたい方におすすめです。

また、ビーチのすぐ側には”国の天然記念物”にも指定されていて、*世界に2箇所しかない塩水が流れるとても珍しい川『塩川』がありますので、是非合わせて観光してみてはいかがでしょうか♪

*もう1箇所は西インド諸島のプエルトリコにあるそうです。

『塩川ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡本部町崎本部(*沖縄自動車道”許田ICより車で25分”)
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車まで約1時間30分(*ナビ設定可能)
駐車場:あり(無料)
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
運営元:本部町企画商工観光課
お問い合わせ番号:0980-47-2700
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

オン・ザ・ビーチルー前ビーチ

オン・ザ・ビーチルー前ビーチ

オン・ザ・ビーチルー前ビーチは、本部町にあるホテル『オン・ザ・ビーチルー』の目の前にあるビーチです。

こちらのホテルは格安の穴場ホテルとしても知られており、長期滞在用の「コンドミニアムタイプ」か「ホテルタイプ」が選べるようです♪

宿泊すれば時間を気にせず海を堪能することができますし、周りには「美ら海水族館」や「備瀬のフクギ並木」「古宇利島」などの有名観光地もたくさんあります。

沖縄北部観光の格安な宿泊先としては、かなりオススメなホテルです!

また、ホテルでは「花火」の販売や「バケツとライターの無料貸出」も行っていますので、夜はビーチで花火も楽しめます。星もとても綺麗にみられますよ!

宿泊客でなくとも駐車場は無料で利用でき、1回300円と有料ですが温水シャワーを完備しています。

ホテルのレストランではお食事だけ頂くこともできますので、海水浴場単体でみてもかなり快適なビーチと言えそうです。(*木曜日はレストランの定休日です)

『オン・ザ・ビーチルー』

住所:沖縄県国頭郡本部町崎本部2626-1
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:日没まで
アクセス:那覇空港から車まで約1時間30分(*ホテル&レストラン オン・ザ・ビーチ ルーにナビをセット)
駐車場:あり(無料[45台])
利用料金:無料
設備:温水シャワー(有料[300円])
売店:なし
その他:ホテルのレストランは木曜日は定休日です。
マリンアクティビティ:なし
運営元:ホテル&レストラン オン・ザ・ビーチ ルー(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:0980-47-3535
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

名護市(なごし)のビーチ

こちらは『名護市』にあるビーチ一覧です。

21世紀の森ビーチ【おすすめ】

21世紀の森ビーチ

21世紀の森ビーチは『21世紀の森公園』内のプロ野球のキャンプなども行われる『名護市営陸上競技』の裏にあるとても大きな人工ビーチです。

波が比較的穏やかで海水浴に適しており、BBQ専用の広場(*要予約/2,200円~)などもあることから人気のビーチとなっています。

シュノーケリングは禁止されていますが、更衣室やシャワー、トイレ、足洗い場などは完備されています。有料ですが、シーズン中はパラソルやチェアの貸出も行われているようです♪

また、併設されている公園には「バスケットボールのコート」や「スケートボード場」などもあって、大人も子供も一日中楽しめるおすすめのビーチです!

『21世紀の森ビーチ』

住所:沖縄県名護市宮里2-2-1
営業時間:9:00~18:30*駐車場は21:30に施錠されます。
遊泳可能期間:4月下旬~9月末まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間15分(*21世紀の森ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[100台以上])
利用料金:無料
設備:自動販売機、監視台、クラゲ防止ネット、トイレ、ロッカー、更衣室、シャワー(有料[3分100円*9:00~19:00まで利用可])、足洗い場(無料)
売店:あり
マリンアクティビティ:なし
運営元:名護市労働福祉センター内21世紀の森公園受付窓口
お問い合わせ番号:0980-52-3183
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

東江(あがりえ)海岸

東江海岸

東江海岸は『東江原第三公園』の西側に広がるビーチです。

とても綺麗に整備されていますが、泳いでいる方はあまり見かけません。調べてみたところ遊泳禁止ではないようですが、どちらかといえば海を眺めながら長い遊歩道を散歩するのに適したスポットのようです。

近隣には「A&W」や「ブルーシールアイスクリーム」などの有名な沖縄限定チェーン店が多数あって、那覇からの長距離ドライブの休憩場所にも使えそうです♪

またこちらのビーチは”サンセットスポット”としても有名ですので、夕方に時間が合えば立ち寄ってみても良いでしょう。

『東江海岸』

住所:沖縄県名護市東江5丁目23(*東江原第三公園の住所を記載しています)
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間15分(*東江原第三公園でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[10台])
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし(*ビーチにお店はありませんが、すぐ近くにスーパー[タウンプラザかねひで名護店]やA&W名護店があります。)
マリンアクティビティ:なし
運営元:名護市観光協会
お問い合わせ番号:0980-53-7755
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

天仁屋(てにや)ビーチ

天仁屋ビーチ

天仁屋ビーチは、名護市の東海岸に位置する自然そのままのとてもワイルドなビーチです。

ここは沖縄では珍しい石だらけの秘境ビーチで海の中にも大きな岩が結構ありますので、マリンシューズは必須アイテムと言えます。

駐車場からビーチまでの道のりも一切整備されておらず、ずっと岩がむき出しですので、若者だけで冒険気分で行くには良いでしょう。

周りには何もありませんのでキャンプなどで訪れるには最適ですが、海水浴だけが目的で訪れるのはやめておきましょう。

ちなみにすぐ近くには『嘉陽層の褶曲(かようそうのしゅうきょく)』という国の天然記念物もあるそうですよ。


マリンシューズ ウォーターシューズ 水陸両用
『天仁屋ビーチ』

住所:沖縄県名護市字天仁屋71
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間30分(*天仁屋ビーチでナビ設定可能)
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆★★★★(1.0

安倍浜(アブハマ)

安倍浜(アブハマ)

安倍浜は『ギミ崎』と『安倍崎』という2つの岬の間にある天然のビーチです。

安倍集落のすぐ近くにあって、地元民の方以外はほとんど誰もこないマイナービーチとなっています。

ほとんど人がこないので砂浜も水質もとても綺麗ですが、クラゲ防止ネットやシャワートイレなどの設備はなにもありませんので、近くに住んでいる方以外は利用しにくいそうです。

静かな自然の中でのんびり過ごしたい時にはおすすめできます。

『安倍の浜』

住所:沖縄県名護市安部22
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間20分(*アブハマでナビ設定可能)
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
運営元:安倍集落
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

シーグラスビーチ

シーグラスビーチ

シーグラスビーチは、その名の通り『シーグラス(角が取れて丸みを帯びたガラス)』がたくさん落ちているビーチです。

このシーグラスを拾いに、近くの米軍基地(キャンプ・シュワブ)の外国人の方がたくさん訪れる場所で、シャワーやトイレがないので海水浴を楽しんでいる方は少なめです。

BBQなども可能なビーチですので「ビーチコーミング(海に落ちているものを収集したりすること)」に興味がある方には特におすすめしたいビーチです。

※注意※角が取れていないガラスも結構落ちていますので、裸足は絶対にやめたほうがよいですよ!


[SIXSPACE] マリンシューズ ウォーターシューズ
『シーグラスビーチ』

住所:沖縄県名護市字豊原(*豊原クンジタ浜[シーグラスビーチ]でナビ設定可能)
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:沖縄自動車道『宜野座IC』で降りる→329号線を北に進み『久志(北)交差点』を右折→『辺野古(西)交差点』を右折→県道13号線をまっすぐ進み”6つ目の路地”を右折(*那覇空港から車で約1時間20分)
駐車場:あり(無料[10台])
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

ブセナビーチ

ブセナビーチ

ブセナビーチは、有名ホテル『ザ・ブセナテラス』が運営しているビーチです。

ホテル運営のビーチですので、宿泊者の方以外は「有料(下記に料金を記載)」ですが、とにかく管理が行き届いており設備も充実しています。

「Xジェットパック」などの最新マリンアクティビティから「海中展望塔」など、沖縄ではココにしか無い施設までが揃っており、本当に一日中楽しむことができます♪

なお、ホテルには「屋内」「屋外」プールもあって、海水が苦手な方も安心です。贅沢な沖縄旅行を計画している方に特におすすめのビーチ&ホテルとなっています。

ちなみに『ブセナ』という名称は、ホテルのある『部瀬名(ぶせな)岬』からきています。

『ブセナビーチ』

住所:沖縄県名護市喜瀬1808(*ザ・ブセナテラスの住所を記載しています)
営業時間(遊泳可能時間)
04/01~06/22:9:00~17:00
06/23~06/30:9:00~18:00
07/01~08/31:9:00~19:00
09/01~09/30:9:00~18:00
10/01~10/31:9:00~17:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月下旬まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間(*沖縄自動車道”許田IC”から車で5分)
駐車場:あり(無料[350台])*下の利用料金に駐車場の料金も含まれています
利用料金:1人2,000円(宿泊者、6歳以下は無料[*料金はシャワー・更衣室・パラソル・チェア、駐車場利用料金含む])
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー、コインロッカー(有料[200円])
売店:あり
マリンアクティビティ:Xジェットパック、Uスラローム、ドラゴンボート、体験ダイビング、水上スキーなど多数
運営元:ザ・ブセナテラス(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:0980-51-1333
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

カヌチャベイビーチ

カヌチャベイビーチ

カヌチャベイビーチは、こちらも沖縄の有名リゾートホテル『カヌチャリゾート』が運営しているビーチです。

こちらもホテル運営のビーチですので、宿泊者の方以外は「有料(下記に料金を記載)」ですが、管理が行き届いておりどなたでも安心して遊べるスポットとなっています。

ジャングルジムや8mの高さがあるスライダーなど、様々なアクティビティが楽しめる水上パーク「カヌチャオーシャンパーク」を始め、定番のバナナボートやカヤック、フライボードなど最新のアクティビティまでが楽しめます♪

もちろんのんびり過ごせるベッド&パラソルエリアもあって、大人も子供も楽しめる贅沢なビーチです!

『カヌチャベイビーチ』

住所:沖縄県名護市安部156-2(*カヌチャリゾートの住所を表示しています)
営業時間:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬(海開き)から10月下旬まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間20分
駐車場:あり(無料[300台])
利用料金:大人1,500円、小人500円(宿泊者は無料)
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー
売店:あり
マリンアクティビティ:バナナボート、シュノーケリング、カヤック、フライボード、ザップボードなど多数
運営元:カヌチャリゾート(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:0980-55-8880
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

喜瀬(きせ)ビーチ

喜瀬(きせ)ビーチ

喜瀬ビーチは『かねひでビーチパレス』が管理している天然のビーチです。

ホテルが管理しているビーチですのでとても綺麗ですし、少し北にある幸喜公園の駐車場に車を停めれば無料でビーチを利用することもできるようです。

ただその場合ですと、更衣室やシャワートイレなども使用することができませんので、素直に1人500円を支払ってホテルの施設を利用するのが良いかもしれません。

利用者は多めのビーチですが砂浜は広々としており、開放的な雰囲気で海水浴を楽しむことができますよ。

『喜瀬(きせ)ビーチ』

住所:沖縄県名護市喜瀬115-2(*かねひでビーチパレスの住所を表示しています)
営業時間:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月中旬頃まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間(沖縄自動車道”許田IC”より車で10分)
駐車場:あり(無料[130台])*ホテルの施設利用者のみ使用可能です。
利用料金:1人500円
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー、コインロッカー
売店:あり
マリンアクティビティ:水上アスレチック「アクアパーク」、ホエールウォッチング(期間限定)、フライボード、トーイングチューブ、体験ダイビング、パラセールなど多数
運営元:かねひで喜瀬ビーチパレス(公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:0980-52-5151
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

嘉陽(かよう)ビーチ

嘉陽(かよう)ビーチ

嘉陽ビーチは、嘉陽集落にある自然のままの姿を残すビーチです。

ビーチのすぐそばには、無料シャワーとトイレを完備した『嘉陽共同売店』があるのに人が少ない穴場のビーチで、砂浜に石は多いですが水質はかなり綺麗です♪

ウミガメを見られるスポットとしても知られており、お魚もそこそこおりますのでシュノーケリングも楽しめそうです。

更衣室はありませんので、その点にはご注意下さいね。下記のような折りたたみ式の「着替え用テント」があれば、快適度がUPしますよ♪


MERMONT ワンタッチテント 着替え用テント 簡易シャワールーム ブルー
『嘉陽(かよう)ビーチ』

住所:沖縄県名護市字嘉陽41
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間30分(*嘉陽ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[3台])
利用料金:無料
設備:なし*ビーチ専用の設備はありません。近くの「嘉陽共同売店」にシャワーとトイレがあります。
売店:すぐ近くに「嘉陽共同売店」あり。
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

かりゆしビーチ

かりゆしビーチ

かりゆしビーチは『沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ』が管理しているビーチです。

ホテル運営のビーチですので、宿泊者の方以外は「有料(下記に料金を記載)」ですが、大型ビーチアスレチック「かりゆしウォーターランド」やパラセーリングなどアクティビティは充実しています。

ここまでご紹介したビーチの近くにはなかった、コンビニエンスストアがすぐ近くにあるのも便利ですね♪

グラスボートやダイビング体験、サンゴの苗を作ることができるサンゴ教室などもあって、様々な年齢層の方におすすめできるビーチの一つです。

『かりゆしビーチ』

住所:沖縄県名護市喜瀬1996(*沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの住所を表示しています)
営業時間:9:00~17:00まで(*季節により変動あり)
遊泳可能期間:3月下旬から10月下旬まで(*マリンアクティビティは年中可能)
アクセス:那覇空港から車で約1時間(沖縄自動車道”許田IC”より車で10分)
駐車場:あり(無料[30台])
利用料金:1人500円
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー、コインロッカー、コンビニエンスストア
売店:なし
その他:ビーチ用品レンタル有(ビーチチェア、パラソル、ビーチマット、フローティングリングなど)
マリンアクティビティ:グラスボート、ボート体験ダイビング、ドラゴンボート、パラセーリング、さんご教室など多数
運営元:沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:0980-52-4093
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

リゾネックスビーチ

リゾネックスビーチ

リゾネックスビーチは『ホテルリゾネックス名護』が管理しているプライベートビーチです。

ここはホテルが管理していますが無料で利用することができ、シーズン中でもそこまで混み合わない穴場的なビーチです♪

ホテルならではの豊富なマリンアクティビティはもちろん、夕日が美しい場所としても知られており楽しみ方は人それぞれです。

駐車場はホテルの有料駐車場を利用することとなりますが、1泊500円と格安料金で利用することができますよ。

『リゾネックスビーチ』

住所:沖縄県名護市山入端247-1(*ホテルリゾネックス名護の住所を表示しています)
営業時間:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬~10月下旬(*波の状況により期間内でもビーチ利用不可の可能性あり、ホテルに当日確認するのが確実です。)
アクセス:那覇空港から車で約1時間15分
駐車場:あり(有料 1泊500円[第一駐車場36台/第二駐車場137台])
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、更衣室、シャワー、トイレ、コインロッカー、コインランドリー
その他:個人でのシュノーケリングは禁止ですが、有料ツアーでは可能です。タオルセット(100円)とパラソルを有料レンタル可能。
マリンアクティビティ:体験ダイビング、ジェットスキー、シーカヤック、パラセーリングなど
運営元:ホテルリゾネックス名護
お問い合わせ番号:0980-53-8021
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

幸喜公園北側ビーチ

幸喜公園北側ビーチ

幸喜公園北側ビーチは『幸喜公園(喜瀬公園)』が管理している天然のビーチで、公園から北に1km程行ったところにあります。

駐車場はしっかりしたものが無料で用意されていますが、トイレやシャワーはありません。大きめの広場やテーブルと椅子のセットが用意されていますので、海を眺めながら食事をしたりするのに適しています

また、砂浜や水質はとても綺麗ですが、クラゲ防止ネットはなく監視員の方もおりませんので、海水浴をするときは十分注意して行いましょう。

休日は結構人がいますが、平日はとても人が少ない穴場ビーチでもあります♪

『幸喜公園北側ビーチ』

住所:沖縄県名護市字幸喜
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間(幸喜公園北側ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[18台])
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

幸喜(こうき)ビーチ[名護市民ビーチ]【おすすめ】

幸喜(こうき)ビーチ[名護市民ビーチ]

幸喜ビーチ[名護市民ビーチ]は『ベストウェスタン沖縄幸喜ビーチホテル』の目の前にある、とても長い広々としたビーチです。

自然のままの美しいビーチが残っており、駐車場はもちろん、トイレやシャワー、キャンプサイトや洗い場まで用意されている人気スポットとなっています。

すぐ近くには「ファミリーマート名護幸喜店」もあって、何不自由なく沖縄の海を堪能することができるかなりおすすめのビーチです。沖縄のビーチで気軽にキャンプしたい方はココ!

シュノーケリングなども自由に行ってOKですが、人が多いせいかお魚は少なめです。

ちなみに『名護市民ビーチ』というのは旧称です。

『幸喜(こうき)ビーチ[名護市民ビーチ]』

住所:名護市字幸喜674-1
営業時間:4月~9月 9:00~20:00(この内、管理人がいる時間 9:00~12:00 16:00~20:00)
遊泳可能期間:4月上旬から9月末日まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間30分(沖縄自動車道”許田IC”より車で10分)
駐車場:あり(無料[30台]*9:00-20:00まで利用可能です)
利用料金:無料
設備:シャワー(有料 3分100円[夏季9:00~19:30/冬季9:00~17:30])、コインロッカー(有料 200円)、トイレ(無料 9:00~20:00)、自動販売機、コンビニエンスストア(ファミリマート)、カフェ(マリンバー コウキ
その他:キャンプ&バーベキューは事前に利用申請が必要です(有料 1日1区画 2,000~2,500円)
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
運営元:幸喜公園事務所
お問い合わせ番号:0980-54-2567 *16時以降は『幸喜公民館(0980-52-2847)』または『管理人(090-1946-4775)まで』
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

屋我地(やがじ)ビーチ

屋我地(やがじ)ビーチ

屋我地ビーチは、沖縄の有名観光地『古宇利島』の手前にある車で行ける離島『屋我地島』の東側にあるビーチです。

沖縄県内のビーチでは屈指の広さを誇る「キャンプスペース」や、格安で宿泊することができる「バンガロー(1人2,000円程度から)」、「民宿(1人3,000円程度から)」などがあることで人気となっています。

また干潮時には、上画像のように普段は水中にある小さな離島への道が現れ、インスタ映えする写真を撮ることもできますよ♪

このビーチは管理が行き届いておりキャンプをしたい方には本当におすすめですが、駐車場料金や入場料金がかかりますので、海水浴だけが目当ての方は他の無料ビーチへ行ったほうが良いと思います。

『屋我地ビーチ』

住所: 沖縄県名護市字字屋我143
営業時間:8:00~17:00
遊泳可能期間:4月上旬から9月末日まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間20分(屋我地ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料[1日600円])
利用料金:中学生以上600円、3歳以上300円
設備:シャワー(有料[大人 冷水150円 温水300円/子供 冷水100円 温水200円])、更衣室、自動販売機
その他:車で5分のところに道の駅「羽地の駅 やんばるたまご」があります(19時まで営業)、炭火でのBBQが可能。
売店:あり(*品揃えはあまり良くないです)
マリンアクティビティ:シーカヤックとボートのレンタルがあります。詳しい料金などは下記公式サイトをご確認下さい。
運営元:株式会社屋我ビーチセンター(公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:0980-52-8123
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

宜野座村(ぎのざそん)のビーチ

こちらは『宜野座村』にあるビーチ一覧です。

漢那(かんな)ビーチ

漢那(かんな)ビーチ

漢那ビーチは、宜野座村にある『かりゆしカンナタラソラグーナ』という施設のすぐ近くにあるビーチです。

こちらのビーチの特徴は遠浅で波が穏やかなことと、エリアは限定されていますがキャンプやBBQが許可されているところです♪

トイレやシャワーも有料ですが、すぐ近くの「宜野座村水産物直売所」に用意されていますので、ファミリーでも利用しやすいスポットとなっています!

宜野座村水産物直売所の食堂では、海産物を使ったボリューム満点のお料理が格安で提供されており、海ぶどうの食べ放題などのサービスもあります。海水浴を楽しんだ後の食事も安心ですね。

直売所は年中無休で、営業時間は10:00から19:00までとなっています。

『漢那(かんな)ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡宜野座村字漢那1817
営業時間:9:00~17:00
遊泳可能期間:7月上旬から10月末日まで(*クラゲ防止ネットと監視台が設置される期間。この期間以外は遊泳禁止。)
アクセス:那覇空港から車で約1時間(漢那ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[50台])
利用料金:無料
設備:監視台、クラゲ防止ネット
その他:シャワーは漢那漁港内の 「宜野座村水産物直売所・食堂」で有料利用可能(200円)。かりゆしカンナタラソラグーナでも利用できますが、こちらは大人600円、子供300円(タオル代金含む)と割高です。
売店:なし
マリンアクティビティ:ジェットスキー、バナナボート
運営元:宜野座村観光協会
お問い合わせ番号:098-968-8787
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

ヒーピィービーチ

ヒーピィービーチ

ヒーピィービーチは『松田鍾乳洞』のすぐ近くにある東海岸のビーチです。

周りに大きな道路などがないためとても静かで、水質も綺麗ですが観光客の方はあまり訪れない穴場ビーチの一つです。

トイレ、シャワー、駐車場もしっかり用意されていて『ハピネスマリン倶楽部』という観光業者を利用すれば、カヤックやバナナボートなどのマリンスポーツも楽しむことができます♪

キャンプやBBQも可能なようですので、宜野座村近辺を観光予定の方にはおすすめです!

『ヒーピィービーチ』

住所:沖縄県国頭郡宜野座村字松田
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間(ヒーピィービーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料)
利用料金:無料
設備:トイレ、シャワー、駐車場、休憩場
売店:なし
マリンアクティビティ:水上バイク、ドラゴンボート、マーブル、ウエイクボードなど(ハピネスマリン倶楽部経由
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

恩納村(おんなそん)のビーチ

こちらは『恩納村』にあるビーチ一覧です。

恩納村海浜公園ナビービーチ【おすすめ】

恩納村海浜公園ナビービーチ

恩納村海浜公園ナビービーチは、象に似た岩がある沖縄の有名観光地『万座毛』の近く、恩名漁港にあるビーチです。

しっかり管理されている人気のビーチで、有料なものが多いですが快適に海水浴を楽しめる設備が整っています

綺麗な更衣室やシャワー室はもちろん、タオルや浮き輪などのレンタル用品も充実しています。

また予約をすれば、BBQの機材、食材まで用意してくれるサービスもあって手ぶらで行っても楽しめる数少ないビーチです。西海岸のビーチですので、水質も最高ですよ♪

ビーチの様々な情報が書かれた公式サイトもありましたので、興味のある方はチェックしてみて下さいね→『ビーチの公式サイトはこちら

『恩納村海浜公園ナビービーチ』

住所:沖縄県国頭郡恩納村字字恩納419-4
営業時間:10:00~19:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約50分(恩納村海浜公園ナビービーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[200台])
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、シャワー(有料[2分100円])、ロッカー(有料[200円])、食堂(海人料理『亀ぬ浜』*夜は居酒屋として営業)、東屋
その他:浮き輪、BBQセット、パラソル、タオルなどのレンタルあり、マーメイド姿で写真が撮れるサービスあり。
売店:あり
マリンアクティビティ:バナナボート、シュノーケリング、クリアカヤック、ビッグマーブルなど多数
運営元:有限会社ナビー(ビーチの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-966-2900
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

ルネッサンスビーチ

ルネッサンスビーチ

ルネッサンスビーチは『ルネッサンスリゾートオキナワ』は管理しているプライベートビーチです。

ホテル運営のビーチですので、宿泊者の方以外は「有料(下記に料金を記載)」ですが、環境省が選定する「快水浴場100選」の”特選”にも選ばれた美しいビーチで一年を通して海水浴やシュノーケリングなど、50種類以上のマリンメニューを楽しむことができます

イルカと触れ合えるアクティビティなども用意されていますので、贅沢な沖縄旅行を計画している方は是非ホテルの公式サイトをチェックしてみて下さいね♪

ホテルの公式サイトはこちら

『ルネッサンスビーチ』

住所:沖縄県恩納村山田3425-2(ルネッサンスリゾートオキナワ内)
営業時間:8:00~19:30(*季節により変動あり)
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分(ルネッサンスビーチ海岸でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[200台])
利用料金:大人3,000円/小学生2,000円(*宿泊者と幼児は無料)
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー、ロッカー
売店:あり
マリンアクティビティ:パラセイリング、バナナボート、ダイビング、フライングジェットボード、シーウォークなど多数
運営元:ルネッサンス リゾート オキナワ(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-964-0707
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

Maeda Flats(裏真栄田)

Maeda Flats(裏真栄田)

Maeda Flats(裏真栄田)は、ダイビングスポット「青の洞窟」があることでも有名な『真栄田岬』のすぐ近くにあるビーチです。

真栄田岬の駐車場に車を停めて、観光地化されている岬とは逆の方向に歩いていくのですが、とにかく場所がわかり辛いです。

ダイビングをやっていそうな人に聞けばほぼ知っていると思いますので、恥ずかしがらずに聞いちゃいましょう♪

聞く人がいないことは無いかと思いますが、念の為『ビーチの場所にピンを立てたGOOGLEMAP』も埋め込んでおきます。

知っている人は知っているビーチですので穴場感はなく、いつ行っても人は結構いらっしゃいます。

有名ダイビングスポットのすぐ近くの海ですので、もちろんお魚はたくさんいますし、この場所は地形の関係でほとんど波もありません。

そのためシュノーケリングをするには最適なスポットとなっています。ちなみに更衣室やトイレ、シャワーなどの施設はありませんのでご注意を!


VILISUN シュノーケルマスク フルフェイス
『Maeda Flats』

住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分
駐車場:あり(有料[*真栄田岬の駐車場を利用])
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:シュノーケリングに最適。
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

ムーンビーチ

ムーンビーチ

ムーンビーチは、恩納村にある老舗リゾート『ホテルムーンビーチ』が管理している三日月型の天然のプライベートビーチです。

ホテル運営のビーチですのでとても管理が行き届いており、水質や砂浜の状態は最高レベルです♪

子供用のバケツとスコップの無料貸出や各種マリンアクティビティに加えて、どちらも1日1,000円で利用できる『屋内外プール』も完備されています。

ホテル周辺には『琉球村』や「御菓子御殿(恩納店)」「ビオスの丘」などの有名観光地もたくさんありますので、沖縄観光の拠点としても便利なスポットです。

このビーチは駐車場が1泊1台500円の料金が発生します

※『ホテルムーンビーチ』と『ムーンビーチパレスホテル』という非常によく似たホテルがあるのですが、どちらも同じ建物です。
ホテルムーンビーチの3階部分のみムーンビーチパレスホテルが運営しているとのことでした。これはややこしいですねぇ。。

『ムーンビーチ』

住所:沖縄県国頭郡恩納村字前兼久1203
営業時間:9:00~18:00(*季節により変動)
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約50分(ムーンビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 350台[1泊1台500円])*ホテルで食事をした方は3時間まで無料
利用料金:無料
設備:ビーチクラゲ防止ネット、監視員、更衣室、シャワー、トイレ、コインロッカー、パーラー、コインランドリー
売店:あり
その他:パラソルデッキセットのレンタルあり(1日2,500円)
マリンアクティビティ:スキービスケット、Uチューブ、水上スキー、ウィンドサーフィン、ファンダイビングなど多数
運営元:ホテルムーンビーチ(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-965-1020
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

サンマリーナビーチ【おすすめ】

サンマリーナビーチ

サンマリーナビーチは、恩納村にある『シェラトン沖縄サンマリーナリゾート』が管理している人工ビーチです。

ホテルが管理しているビーチですが、利用料金は無料駐車場のみ1時間500円(最大2,000円)の料金が発生します。*ビーチの利用者は1時間300円(最大1,000円)

このビーチは既にご紹介させて頂いた『オクマビーチ』と同じく、環境省の水質調査で最高ランクの『AA(全国で12箇所のみ)』の判定を受けたとても水質の良いビーチです♪

防波堤を整備しているので波が少なく、干潮時でも海水浴ができる数少ないビーチで「快水浴場百選」にも選ばれており、お魚もたくさん見ることができます。

駐車料金は発生しますが、更衣室やシャワーは無料で利用することができ、人は少なめで水質は最高品質。数あるホテルのビーチの中でもかなりおすすめのビーチです。

『サンマリーナビーチ』

住所:沖縄県恩納村冨着66-1
営業時間:8:30~17:30(*季節により変動)
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分(サンマリーナビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料[1時間500円(最大2,000円)])*ビーチの利用者は1時間300円(最大1,000円)
利用料金:無料
設備:監視台、トイレ、ロッカー(有料[普通サイズ200円/大サイズ300円])、更衣室、シャワー(無料)、クラゲ防止ネット
その他:デッキチェアー1日1,620円、パラソル1日1,620円、パラソル&デッキチェアーセット4,320円、タオルレンタル1枚324円、浮き輪(大)1日1,296円で貸出。
売店:あり
マリンアクティビティ:メガジップ、ゴーフォール、ロケットボート、カヤック、グラスボート、シュノーケリングツアーなど
運営元:サンマリーナ・オペレーションズ株式会社(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-965-2222
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

ミッションビーチ

ミッションビーチ

ミッションビーチは『カトリック教会(黙想の家)』が管理している天然のビーチです。

そこまで大きくはないですがとても綺麗なビーチで、*無料シャワーやトイレ、駐車場も完備されています。*温水シャワーのみ300円

バナナボートやジェットスキーなどのマリンアクティビティもその他のビーチに比べて格安で楽しむことができ(下記に料金を記載)、BBQやキャンプなど有料ですがほとんどの事ができる人気ビーチとなっています♪

マイナスなポイントは、*シュノーケリングが禁止されていることと、人気ビーチのため人は多いこと、ビーチの利用料金300円がかかることです。*有料シュノーケリングツアーはあります。

『ミッションビーチ』

住所:沖縄県国頭郡恩納村字安富祖2005-1
営業時間:9:00から18:00
遊泳可能期間:4月下旬から10月下旬頃まで
アクセス:那覇空港から車で約50分(ミッションビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料[1日300円])*キャンプでの利用は1日600円(2日分)
利用料金:5歳以上300円*キャンプでの利用は1日700円
設備:監視台、シャワー(水は無料/温水は300円)、トイレ、更衣室、クラゲ防止ネット、自動販売機、パーラー
その他:パラソル、デッキチェア、バーベキューセット(食材付きで1人2,300円[4名から受付])の貸出あり
売店:あり
マリンアクティビティ:有料シュノーケリングツアー(4,000円)、体験ダイビング(ビーチダイビング6,800円/ボートダイビング9,800円)、ジェットスキー(大人2,500円/小人2,000円)、ウェイクボード(トーイング2500円/スクール4,000円)、バナナボート(大人1,500円/小人1,000円)など
運営元:カトリック教会(黙想の家)
お問い合わせ番号:098-967-8802(トリイリゾートクラブ)
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

いんぶビーチ【閉鎖中

いんぶビーチ

いんぶビーチは、地元民の方に愛されていた現在は閉鎖中のビーチです。

とても綺麗なビーチで人気も高かったのですが、現在は海水浴をすることはできません

ほとんど人がきませんので、静かに綺麗な海を眺めたい方にはおすすめのスポットです♪

『いんぶビーチ』

住所:沖縄県国頭郡恩納村字名嘉真2173
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定なし
アクセス:那覇空港から車で約50分(いんぶビーチでナビ設定可能)
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:なし
その他:2020年3月現在は閉鎖中
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:閉鎖中のため評価なし

希望が丘ビーチ

希望が丘ビーチ

希望が丘ビーチは、恩納村名嘉真の『希望が丘ペンション村』のすぐ近くにある天然のビーチです。

ガイドブックなどでは紹介されない穴場のビーチで、シーズン中でも人は少ないです。水質はかなり良いですが、砂浜には上画像のような岩が沢山あります。

シュノーケリングなどは自由に行うことができる反面、シャワーやトイレ、更衣室などの設備はなにもありませんのでこの点には注意が必要です。

晴れた日の夕方にはだれもいないビーチの岩場に腰掛け、サンセットを見るという楽しみ方も♪

『希望が丘ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間(希望が丘ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[7台])
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

熱田(あった)ビーチ

熱田(あった)ビーチ

熱田ビーチは『県民の森』入口の斜め向かいにある人工のビーチです。

施設の利用料金700円~(駐車料金に含まれる)は発生しますが、シャワーやトイレは完備されており、飲料用水が出る水道(無料)も用意されています。

波も比較的穏やかで泳ぎやすくシーズン中は監視員の方もおりますので、お子様連れでも安心して楽しめそうです♪

過去にはBBQやキャンプができるエリアも用意されていたようですが、こちらが現在閉鎖されてしまったようです。(*このためGOOGLEMAPでは閉業と表示されています。)

この他、休憩するのに使える日陰なども用意されていました。お魚は少なくシュノーケリングには不向きです。

『熱田ビーチ』

住所:沖縄県恩納村安富祖1894
営業時間:9:00~日没まで
遊泳可能期間:7月上旬から10月末頃まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間(熱田ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料[100台])車 (1日 700円/1泊 1,000円)バイク (1日 500円/1泊 700円)自転車 (1日 500円/1泊 700円)
利用料金:大人 300円/0~15才 100円(*徒歩の場合のみ発生、通常は駐車料金に利用料金が含まれています。)
設備:シャワー(有料[大人250円/中学生200円/小人100円])、トイレ、自動販売機、飲料用の水道
売店:なし(*近くに商店はあり)
マリンアクティビティ:なし
運営元:熱田ビーチ管理組合
お問い合わせ番号:080-6482-3201
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

名嘉真(なかま)ビーチ

名嘉真(なかま)ビーチ

名嘉真ビーチは、地元の人も滅多に訪れないかなり小さめの穴場ビーチです。

本当に海以外は何も無いビーチで、シャワーやトイレはもちろん駐車場もありません

場所もとてもわかりにくく『石川警察署 名嘉真駐在所』の近くということと『名嘉真橋の標識』ぐらいしか目印がありません。

下に記載した住所でナビを設定すればたどり着くことはできるかと思いますが、わざわざ行く理由もないかなという印象です。

『名嘉真ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真129
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

万座(まんざ)ビーチ

万座(まんざ)ビーチ

万座ビーチは、老舗リゾートホテル『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』が管理しているビーチです。

こちらのビーチ、入場料金はかからないのですが、時期によって変わる駐車場料金がなかなか高額(*料金詳細は下記)です。

しかしその分ビーチのコンディションやサービスの充実度は最高クラスで、環境省選定の「快水浴場百選」では「特選」にも選ばれました♪

マリンアクティビティも全40種類以上と基本的なものはほとんど揃っていて、万座オーシャンパークという大型の海上遊具施設まであります。

英語対応のスタッフさんや海水浴に必要な設備はなんでもありますので、駐車料金が気にならない方にはとてもおすすめのビーチです。

もっと詳しくお知りになりたい方は、ホテルの公式サイトをご確認下さい→『ホテルの公式サイトはこちら

『万座(まんざ)ビーチ』

住所:沖縄県恩納村瀬良垣2260(沖縄自動車道”屋嘉IC”から車で10分)
遊泳可能期間:設定無し
遊泳可能時間
01/01~02/28:9:30~17:00
03/01~05/31:9:00~18:00
06/01~08/31:9:00~19:00
09/01~09/30:9:00~18:00
10/01~10/31:9:00~17:00
11/01~12/31:9:30~17:00
アクセス:那覇空港から車で約50分(ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 620台[料金は下記])
01/01~03/03:無料
03/04~04/26:1,500円
04/27~05/06:2,000円
05/07~06/30:1,500円
07/01~08/09:2,000円
08/10~08/18:2,500円
08/19~09/30:2,000円
10/01~10/31:1,500円
11/01~12/31:無料
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、温水シャワー(無料)、コインロッカー(有料[普通サイズ300円/大サイズ500円])、更衣室
その他:シュノーケリングは遊泳区域でのみ可能、パラソルやサンデッキなどの貸出あり。
売店:あり
マリンアクティビティ:万座オーシャンパーク、体験ダイビング、ジェットスキー、パラセーリング、シーウォーク、ドラゴンボートなど
運営元:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-966-2212
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

リザンシーパークホテル谷茶(たんちゃ)ベイビーチ

リザンシーパークホテル谷茶(たんちゃ)ベイビーチ

リザンシーパークホテル谷茶ベイビーチは『リザンシーパークホテル谷茶ベイ』が管理している天然のビーチです。

先程ご紹介させて頂いた『万座ビーチ』と同じく「全国快水浴場百選」に選ばれており、海水浴に必要な設備は全て揃っています

屋内外プールや各種マリンアクティビティはもちろん、リザンアドベンチャーという大型の海上遊具施設まであります。

砂浜にトランポリンやブランコといった遊具が沢山用意されているのも特徴の一つで、お子様連れの方には特にオススメできるビーチとなっています。

駐車場料金は発生しますが、ホテルにしては格安の1泊1台500円となっており、お得にホテル管理の極上ビーチを楽しむことができますよ!

人気があってシーズン中はたくさんの人が訪れますが、ビーチの全長が約800mととても広いので窮屈に感じることはないでしょう。

『リザンシーパークホテル』

住所:沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1496(*リザンシーパークホテル谷茶ベイ内)
営業時間:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月下旬まで
アクセス:那覇空港から車で約50分
駐車場:あり(有料 400台[1泊1台500円 最大1,500円])
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、温水シャワー(無料)、更衣室
その他:ビーチパラソル、デッキチェア、ビーチマット、ライフジャケット、タオル、子ども用浮き輪の貸出あり
売店:あり(*ホテルの向かいにコンビニ[ファミリーマート]あり)
マリンアクティビティ:ドラゴンボート、ペダルボート、シュノーケル、フライボード、グラスボート、フィッシング、カヤックツアー、体験ダイビングなど多数
運営元:リザンシーパークホテル谷茶ベイ(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-964-6611
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

タイガービーチ

タイガービーチ

タイガービーチは『ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート』が管理している天然のビーチです。

次にご紹介する『冨着ビーチ』と連なっており、全長は1km以上にもなります。ホテル管理のビーチですが、遊泳料金自体は無料で駐車場のみ1泊一台500円かかります

特別な賞などを獲得しているわけではありませんが、砂浜はサラサラで水質もとても綺麗です♪

各種マリンアクティビティはもちろん、海を眺めながら楽しめるプールや、子供用の水深の浅いプール、バブルヒルプールなど様々なプールも完備されています。なお個人シュノーケルは禁止です。

「ブルーリーフ」と名付けられた天然温泉浴場とジム、プールラウンジが一緒になった施設もありますよ。

ちなみにビーチ名は、コザ市(現沖縄市)にあった「タイガークラブレストラン」にちなんでつけられたそうです。

『タイガービーチ』

住所:沖縄県国頭郡恩納村字冨着1550-1
営業時間:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬から9月末日まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間(タイガービーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 158台[1泊一台500円/最大1,500円])*ホテルのレストランで2,000円以上利用すれば3時間無料になります。
利用料金:無料
設備:監視台、トイレ、ロッカー、更衣室、シャワー、クラゲ防止ネット、カフェ
その他:パラソル、デッキチェアー、浮き輪、ライフジャケットなどの貸出あり、ホテル内に天然温泉浴場あり、アクアチックパーク(海上アスレチック)
売店:あり
マリンアクティビティ:体験ダイビング、ビーチカヌー、グラスボート、有料シュノーケルなど多数
運営元:ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート(ビーチの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-993-7111
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

冨着(ふちゃく)ビーチ

冨着(ふちゃく)ビーチ

冨着ビーチは、先程ご紹介した『タイガービーチ』のすぐお隣にある天然のビーチです。読み方はふちゃくビーチ。

すぐ近くですが『タイガービーチ』よりも海が綺麗に見える印象です。砂浜にはところどころサンゴのかけらが落ちていることがありますのでこの点には注意が必要。

シーズンになるとビーチパーティーを目的とした多くの地元民で賑わいます。設備は無料トイレのみとなっています。

また住宅地が近くにあるため、花火や大きな音楽を流すことは禁止されています。

こちらのように”日影が少ないビーチ”では、下記のような「簡易テント(サンシェード)」があると便利ですよ♪


ポップアップテント 【幅200cm】 2-3人用
『冨着ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡恩納村
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分(冨着ビーチでナビ設定可能)
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:トイレ
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

ダイヤモンドビーチ

ダイヤモンドビーチ

ダイヤモンドビーチは、沖縄の有名お土産処『御菓子御殿 恩納店』のすぐ裏手にあるビーチです。

『御菓子御殿 恩納店』の駐車場に入って、店舗右手横の階段を降りていくとビーチに出られます。

もちろん泳ぐことも可能ですがトイレや更衣室、シャワーなどの設備はなにもありませんので、海水浴には不向きなビーチです。

ただほとんど人が来ないのでビーチはとても綺麗!ダイヤモンドビーチの名の通り写真映えは最高です!特に晴れた日のお昼頃がシャッターチャンスですよ♪

お菓子御殿には食堂などもありますので、食事をしてお土産を購入後、腹ごなしにビーチを散歩するなどの利用に適しています。

『ダイヤモンドビーチ』

住所:沖縄県国頭郡国頭郡恩納村瀬良垣 瀬良垣100
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分(ダイヤモンドビーチでナビ設定可能)
駐車場:なし(*ビーチの専用駐車場はありません。御菓子御殿で買い物をして駐車場を利用させて頂くのが良さそうです。)
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

金武町のビーチ

こちらは『金武町』にあるビーチ一覧です。

伊芸(いげい)海浜公園(伊芸ビーチ)【おすすめ】

伊芸(いげい)海浜公園(伊芸ビーチ)

伊芸海浜公園(伊芸ビーチ)は、国道329号線から海沿いの道に入ったところにある金武町のビーチです。

ビーチサッカーの全国大会なども行われる広くサラサラな砂浜で、普段はとても人が少ない穴場ビーチとなっています♪

無料駐車場はもちろん、トイレや有料シャワー、更衣室(東広場のみ)なども用意されておりますので、かなり快適に海水浴が楽しめるスポットと言えるでしょう!

ただ東海岸のビーチですので、防波堤はあるものの少々波があって海の美しさは中の下ぐらいの評価となります。

シーズン中でも人が少なく、快適に海水浴が楽しめるビーチをお探しの方はココです!

『伊芸海浜公園(伊芸ビーチ)』

住所:沖縄県国頭郡金武町伊芸‎1021-8
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分(伊芸海浜公園でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[東広場駐車場15台/西広場駐車場15台])
利用料金:無料
設備:トイレ、シャワー(有料)、自動販売機、足洗い場、管理事務所
その他:干潮時は海水浴ができなくなる可能性が高いです。必ず『潮見表』で満潮、干潮の時間を見極めてからいきましょう!
売店:なし(*近隣にパーラー[パーラーアップル]はあり)
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

屋嘉ビーチ(七日浜)

屋嘉ビーチ(七日浜)

屋嘉ビーチ(七日浜)は『屋嘉入口バス停』の正面から石川まで続く人工のビーチです。

東海岸のビーチですが、防波堤が設置されているため波も穏やかで比較的海も綺麗です。

駐車場はあるのですが、シャワーやトイレといった設備はなにもありませんので、海水浴にはあまり適していません。

いつ行ってもとても静かで、時折釣りを楽しんでおられる方も見受けられる地元住民の方の憩いの場となっています。

『屋嘉ビーチ』

住所:沖縄県国頭郡金武町屋嘉234
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分(Yaka beachでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[15台])
利用料金:無料
設備:なし
その他:釣りができます
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

本島中部のビーチ(宜野湾市~うるま市)

ここからは、沖縄県中部エリアの穴場&おすすめビーチをご紹介していきます!

うるま市(うるまし)のビーチ

こちらは『うるま市』にあるビーチ一覧です。

石川ビーチ

石川ビーチ

石川ビーチは、うるま市にある『石川公園』内にある人工のビーチです。

昔は米軍専用のプライベートビーチでしたが、現在は地元の方が集まる知る人ぞ知るビーチとなっています。

設備はトイレと影で休憩できる東屋ぐらいしかありませんが、シーズンになると地元民の方々が海水浴を楽しんでいます。

公園の敷地内にありますので大きな広場などもあって、海を見ながらBBQをしている方も多く見られます。

クラゲ防止ネットなどもありませんので、観光客向けのビーチではありませんが、家族連れでのんびり遊びたい方にはおすすめできそうです。

『石川ビーチ』

住所:沖縄県うるま市石川白浜2丁目11-1
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約50分(石川ビーチでナビ設定可能)
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:トイレ、自動販売機、東屋
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

宇堅(うけん)ビーチ

宇堅(うけん)ビーチ

宇堅ビーチは、しっかりと管理されたうるま市にある人工のビーチです。

こちらのビーチの良いところは、とにかく管理やサービスが行き届いているところ。トイレやシャワー、更衣室はもちろん、クラゲ防止ネットに監視員の方と海水浴に必要なものはすべて揃っています。

また「手ぶらでキャンププラン(12,000円)」や「BBQのコースメニュー(一人前1,200円~)」、ホテル並みの種類のマリンアクティビティなども充実しています。

しかし、駐車場からシャワー、トイレットペーパーなどあらゆるものが有料で快適に遊べる反面お金は結構かかります。海の綺麗さは東海岸ということもあって中の下程度です。

『宇堅(うけん)ビーチ』

住所:沖縄県うるま市宇堅644-3
営業時間:10:00~18:00(*時期により変動)
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約50分(宇堅ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 250台[普通自動車500円/大型バス1,000円])*最初の30分は無料/ナイクも無料
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ(トイレットペーパーのみ有料、売店にて1ロール100円で販売)、シャワー(有料[5分200円])、コインロッカー(有料[200円])
その他:キャンプ&BBQ可能、浮き輪、ビーチボール、水着、タオルなどの有料貸出あり。
売店:あり
マリンアクティビティ:ジェットスキー、バナナボート、クレイジー8、ソンブレロ、カヤックなど多数
運営元:株式会社T・K企画(ビーチの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-974-7772
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

あやはし海中道路ビーチ

あやはし海中道路ビーチ

あやはし海中道路ビーチは、うるま市から平安座島や渡る『海中道路』のちょうど真ん中辺りにあるビーチです。

海の駅『あやはし館』の隣りにあって、ウィンドサーフィンをしている方がメインとなっています。

あやはし館ではBBQの受付(10:00~19:00/080-4319-7021)も行っており、手ぶらでBBQを楽しむこともできますよ♪

もちろん、更衣室やシャワー、トイレなどの基本的な設備は揃っていますので、快適に海水浴を楽しむこともできます。

泳がなくても場所自体がとても綺麗ですので、大切な人とのデートにも良さそうですね!

『あやはし海中道路ビーチ』

住所:沖縄県うるま市与那城屋平4
営業時間:9:00~18:00
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間10分(石川ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[300台])
利用料金:無料
設備:シャワー(有料[100円])、ロッカー(有料[100円])、レストラン、トイレ、更衣室、自動販売機、東屋
売店:あり
その他:海の駅『あやはし館』にて、BBQの受付あり(基本料金3,000円/食材費は2,000円~3,500円まで)
マリンアクティビティ:ウィンドサーフィン、シュノーケリング
海の駅『あやはし館』の公式サイト:『海の駅 あやはし館
運営元:うるま市観光物産協会
お問い合わせ番号:098-978-0077
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

宮城島のビーチ

こちらは『宮城島』にあるビーチ一覧です。

トンナハビーチ

トンナハビーチ

トンナハビーチは、車で行ける離島の一つ『宮城島』にある、開発されている割には人が少ない穴場ビーチです。

有料のビーチですので、シャワーや更衣室など様々な設備が整っていますがクラゲ防止ネットはありませんので、かなり遠くまで泳いでいけるのが特徴です。

またこのビーチでは、ライフジャケットの着用が義務付けられているものの個人シュノーケリングが可能で、売店では魚の餌が売られていました。サンゴもたくさんありますのでお魚の数も多めです♪

そんなに広くはないビーチですが、シーズン中はバナナボートや体験ジェットスキーといったマリンアクティビティも楽しむことができますよ!

トンナハビーチは、本格的なシュノーケリングを楽しみたい方にはかなり穴場なおすすめビーチです!


シュノーケルセット
『トンナハビーチ』

住所:沖縄県うるま市与那城上原8203
営業時間:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間10分(トンナハビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり 50台(無料[*料金はビーチの利用料金に含まれています])
利用料金:大人500円/子供(小学生以上)300円
設備:監視員、更衣室、シャワー(有料[200円])、トイレ、自動販売機
貸出:パラソル、フロートマット、ライフジャケット、サマーベッド、浮き輪の有料貸出あり(各500円)、シュノーケリングセットは2,000円で貸出、BBQセット(ガスと鉄板)は2,500円で貸出。
販売:レジャーシート(300円)、タオル(500円)、魚の餌(200円)、サンオイル(1,500円)、サンダル(500円)、シャンプーリンス(500円)、日焼け止め(1,000円)
売店:あり
マリンアクティビティ:個人シュノーケリング(ライフジャケット必須)、体験シェットスキー(2,000円)、ビスケット(1,500円)、ウェイクボード(4,000円)、バナナボート(1,000円)、マーブル(1,500円)
ビーチの公式サイト:『トンナハビーチ
お問い合わせ番号:098-977-8277
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

ウクン浜

ウクン浜

ウクン浜は、一つ前にご紹介した『トンナハビーチ』と同じく『宮城島』にある天然のビーチです。

かなりわかりにくい場所にあるため、穴場ビーチとして紹介されている事が多いですが、シーズン中は地元の方と外国人の方が結構いらっしゃいますので、穴場感はあまりないです。

また駐車場はあるものの、その他の設備はなにもなく「リップカレント(離岸流)」があって危険という口コミも見られましたので、海水浴が目当ての方にはあまりおすすめできないビーチです。

ちなみに車で5分ほどの距離には、ミネラルを世界一含む塩としてギネスに認定されている「ぬちまーす」を製造している工場『ぬちまーす観光製塩ファクトリー』があり、ここにはカフェも併設されています。


ぬちまーす 250g 3袋
『ウクン浜』

住所:沖縄県うるま市与那城宮城
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間10分(ウクン浜でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[20台分程度のスペースあり])
利用料金:無料
設備:なし
その他:離岸流があり危険を伴う。
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆★★★★(1.0

浜比嘉島のビーチ

こちらは『浜比嘉島』にあるビーチ一覧です。

浜比嘉ビーチ

浜比嘉ビーチ

浜比嘉ビーチは、うるま市から「海中道路」→「浜比嘉大橋」と渡って、少し右手に進むとある人工のビーチです。

人工のビーチですが、クラゲ防止ネットはなく監視員さんもおりませんので、遊泳時は注意が必要です。

堤防に囲まれているため波はほとんどなく、東側のビーチですが水質はかなり良いです。砂浜はもちろんサラサラ◎

またこちらは、持ち込みでのBBQやキャンプを特に許可を取らずに行うことができ、シーズン中は若者を中心に賑わっています♪

長~い「海中道路」を眺めながらのBBQはなかなかオツなものです!


折りたたみ バーベキューコンロ
『浜比嘉ビーチ』

住所:沖縄県うるま市勝連浜80-4
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間(浜比嘉ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[70台])
利用料金:無料
設備:シャワー(有料[200円])、トイレ、自動販売機
その他:BBQやキャンプは可能ですが、機材、食材などは全て持ち込みで行う必要があります。現地に設備はありません。
売店:なし
マリンアクティビティ:カヤック
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

兼久ビーチ

兼久ビーチ

兼久ビーチは、次にご紹介する『ムルク浜』と聖地でパワースポットの『シルミチュー』の間にある天然のビーチです。

上画像にもあるような大きな岩がたくさんあって、水質はかなり綺麗ですが、砂浜にはかなり大きめの石がたくさんあります

干潮時には海水浴ができるだけの水深がなくなってしまいますので、訪れる際は必ず『潮見表』で満潮、干潮の時間を見極めていきましょう。

シャワーやトイレなどの設備などがなにもないため、かなり人が少ない穴場ビーチとなっていますが、過去にはハブクラゲが発生したという報告もありますので遊泳には十分注意して下さい。

『兼久ビーチ』

住所:沖縄県うるま市勝連比嘉1606-3
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間15分(兼久ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料)
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
運営元:観光物産協会
お問い合わせ番号:098-978-0077
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

ムルク浜

ムルク浜

ムルク浜は、浜比嘉島にある『ホテル浜比嘉島リゾート』が管理している天然のビーチです。

「ムルク」というのは沖縄の方言で「ムル」には「みんな」、「ク[ゥ]」には「来て欲しい」という意味があり「みんなに来てほしい浜」となります。

ホテル管理のビーチですが宿泊客以外でも利用することができ、トイレやシャワーはもちろん完備。シュノーケルやバナナボート、ダイビングなどの各種マリンアクティビティも楽しむことができます

また、砂浜はサラサラで海水は透き通るほど綺麗。5月から6月にかけてはウミガメが産卵に訪れることもあるんだとか。

その他の特徴としては、こちらのビーチから肉眼でも見ることができる『南浮原島』への無人島シュノーケルツアーが楽しめることで、なんとバナナボートで無人島へ向かうことができます♪

シーズン中でも人が少ない穴場ビーチで、駐車場が有料であることを除けばかなりオススメできるビーチとなっています。

『ムルク浜』

住所:沖縄県うるま市勝連比嘉231
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約1時間10分(ムルク浜ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 約40台[車1台500円/バイク1台200円])
利用料金:無料
設備:脱衣場、トイレ、シャワー(有料[200円])、休憩所、バーベキュー
その他:無料で利用できるバレーボールネットあり、BBQ機材や浮き輪、サマーベッドなどの貸し出しあり
売店:あり
マリンアクティビティ:シュノーケル、ダイビング、バナナボート、Wジェット、マリンジェットなど
運営元:アクアラインマリンクラブ
お問い合わせ番号:098-973-1800
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

シルミチュービーチ

シルミチュービーチ

シルミチュービーチは『シルミチュー公園』のすぐ隣りにある天然のビーチです。

施設は公園にあるトイレと東屋のみと心許ないですが、その分人は少なく綺麗な自然のままのビーチをのんびり堪能できます

堤防では釣りをしている方が、シルミチュー公園ではBBQをしている方が多く見られ、色々な楽しみ方ができそうです。

『シルミチュービーチ』

住所:沖縄県うるま市勝連比嘉1606-3
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間10分(シルミチュー公園でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[約240台])
利用料金:無料
設備:トイレ(公園のものを利用)、東屋
その他:釣りができる堤防があります
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

伊計島のビーチ

こちらは『伊計島』にあるビーチ一覧です。

伊計ビーチ

伊計ビーチ

伊計ビーチは「伊計大橋」を渡り『伊計島』に入ってすぐ左手にある、管理が行き届いた人気ビーチです。

入江状になっているため波が穏やかで、潮の干満に関係なくいつでも海水浴を楽しむことができます

こちらのビーチは『公式サイト』があるほど運営に力を入れており、トイレや更衣室、シャワーはもちろん、様々なマリンアクティビティやBBQ設備、沖縄ではおそらくここにしか無い宿泊ができるエアコン付きレンタルルームまでが揃っています。

また、個人シュノーケリングもライフジャケットを500円でレンタルすれば行うことができます

海水浴に必要なものは本当に何でも揃っていますので、カップルからご家族連れまでどなたでも楽しむことができるビーチと言えそうです。

『伊計ビーチ』

住所:沖縄県うるま市与那城伊計405
営業時間:10:00~17:00(*季節や天候により変動あり)
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約50分(伊計ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[350台])
利用料金(駐車代金含む)
日帰りの場合(10:00~17:30):大人400円、子供(5歳~小学生)300円、4歳以下無料
キャンプの場合(10:00~翌朝9:30):大人600円、子供(5歳~小学生)400円、4歳以下無料
設備:監視台、トイレ、更衣室、ロッカー、シャワー(有料[200円])、自動販売機
その他:各種貸出あり、BBQテント[テーブル・イス付き](3,500円)、ガスセット[ガス、鉄板](2000円)、電気セット(500円)、BBQ1人前(1,600円)、宿泊可能なエアコン付きレンタルルームあり(1部屋料金 6畳7,000円/10畳12,000円)
売店:あり(水着のまま入店できるレストランやパーラーなどもあり)
マリンアクティビティ:体験ダイビング、ジェットスキー、シーカヤック、グラスボートなど
運営元:伊計ビーチ
ビーチの公式サイト:「伊計ビーチ
お問い合わせ番号:098-977-8464
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

イツクマの浜

イツクマの浜

イツクマの浜は、車で海中道路を渡っていける離島の一番東にある島『伊計島』にあるビーチです。

離島の海だけあって水質はとても良く、ビーチも大きな石などがなく裸足でも大丈夫なくらいサラサラしています。

ただ、トイレやシャワーなどの設備はなにもありませんので、海水浴を楽しんでいるのは地元の方のみのようです。

高台にある駐車スペースから良い写真が撮れるので、写真だけを撮りに来る観光客の方は少しいらっしゃいます。

『イツクマの浜』

住所:沖縄県うるま市与那城伊計142
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間20分(イツクマの浜 石獅子で大体の場所へのナビ設定は可能)
駐車場:あり(無料[約10台分程度のスペースあり])
利用料金:無料
設備:なし
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

大泊(おおどまり)ビーチ

大泊(おおどまり)ビーチ

大泊ビーチは、伊計島の北側に位置する砂浜が500mほどあるビーチです。

伊計島では一番広いビーチで、砂浜と水質の美しさは沖縄県でもトップクラスとなっています。

またお魚がたくさん見られることでも有名で個人シュノーケリングも許可されていますので、縄で自由にシュノーケリングを楽しみたい方にはとてもおすすめできるビーチです。

駐車場は2箇所用意されていますが、どちらも有料で「1.大泊ビーチと書かれた看板の先にある駐車場」は大人500円、子供300円でシャワー付きとなっており、「2.看板の方に入らず横の細い道をまっすぐ進んだ先にある駐車場」は車一台あたり500円でシャワーはありません。

1の駐車場は大人2人、子供2人の場合、合計で1,600円かかります。

更に注意点として、1の駐車場に駐車した場合と2の駐車場に駐車した場合で泳げるエリアが制限され、クラゲ防止ネットがあってシュノーケリングに向いているエリアは、1の駐車場に駐車した方のみ利用可能となっています。

2つの異なる業者が駐車場を管理していて、シーズン中はお客さんの争奪戦でかなりピリピリしたムードのことも多いようです。

詳しく調べて見たところ、1の駐車場の業者が管理しているビーチが『大泊ビーチ』、2の駐車場の業者が管理しているビーチが『サンシャイン大泊ビーチ』という名称のようです。

これはややこしいですね。2つのビーチの公式サイトを下記に記載しておりますので、詳細はそちらをご確認下さい。

『大泊ビーチ』

住所:沖縄県うるま市与那城伊計1012
営業時間:9:00~18:00(季節により変動)
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間20分(大泊ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料[2箇所ありますが、どちらも有料です。])
利用料金:無料(駐車料金に利用料金が含まれています)
設備:クラゲ防止ネット、監視員、シャワー、トイレ、自動販売機
その他:駐車場トラブルで不愉快な思いをしたという口コミが見られました。
売店:あり
マリンアクティビティ:ウエイクボード、バナナボート、マーブル一日乗り放題(1人3,500円)、シーカヤック(20分3,000円)
1の駐車場に駐車した場合のビーチの公式サイト:『大泊ビーチ
2の駐車場に駐車した場合のビーチの公式サイト:『サンシャイン大泊ビーチ
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

読谷村(よみたんそん)のビーチ

こちらは『読谷村』にあるビーチ一覧です。

ニライビーチ【おすすめ】

ニライビーチ

ニライビーチは『ホテル日航アリビラ』が管理しているビーチです。

ホテル管理のビーチですので、当然管理も行き届いていますが、なんと宿泊者以外でも無料で利用することができます

トイレや更衣室、4分300円と有料ですがシャワーも一年中利用することができ、浮き輪やフィンなどのレンタル用品も充実しています。

また、ホテル管理のビーチでは珍しく個人シュノーケリングも許可されており、無料貸出のライフジャケットを着用すれば誰でも自由に楽しむことができます。

食事ができそうなテーブルと椅子が用意された「無料パラソルエリア」や、海を見ながら食事ができるレストランもありますよ♪

ビーチには監視員の方もいらっしゃいますので、お子様連れのご家族でも安心して海水浴ができるかなりおすすめのビーチです。

『ニライビーチ』

住所:沖縄県読谷村字儀間600
営業時間:8:30~18:30(季節により変動)
遊泳可能期間:一年中
アクセス:那覇空港から車で約1時間(ニライビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(ビーチ専用駐車場 約40台分のみ無料[*無料駐車場が満車の場合はホテル正面の有料駐車場を利用する必要あり(60分200円)])
利用料金:無料
設備:監視員、トイレ、足洗い場、シャワー(有料[4分300円])、コインロッカー(有料200円)更衣室、レストラン、自販機
売店:なし
その他:英語が話せるスタッフがいる
マリンアクティビティ:グラスボート、サーフィンスクール、ジェットスキー、ウエイクボード、ホビーエクリプス、アクアサイクル、ペダルボートなど多数
運営元:ホテル日航アリビラ(ホテルの公式サイトはこちら
お問い合わせ番号:098-982-9111
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

残波(ざんぱ)ビーチ【おすすめ】

残波(ざんぱ)ビーチ

残波ビーチは、読谷村が管理している村営の天然ビーチです。

『残波岬』に隣接しており、すぐ近くには世界最大のシーサーである『残波大獅子』や『ロイヤルホテル沖縄残波岬』があります。

トイレや更衣室はもちろん、有料ですがシャワーやコインロッカーも利用可能で、水質や砂浜も綺麗ですので安心して海水浴を楽しむことができるビーチと言えそうです♪

大きなサンゴ礁があって、いつ行っても波が比較的穏やかな点も◎

干潮時には潮干狩りを楽しむことができるスポットとしても知られており、すぐ近くにある『残波岬公園』には様々なアスレチック遊具やBBQ場などの設備も整っていますので、お子様連れのご家族には特におすすめです!

『残波(ざんぱ)ビーチ』

住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座1933
営業時間
4月1日~10月31日:9:00~18:00
11月1日~3月31日:9:00~17:30
遊泳可能期間:4月から10月末まで(*監視台とクラゲ防止ネットが設置されている期間です。)
アクセス:那覇空港から車で約1時間10分(残波浜でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[100台])
利用料金:無料
設備:自動販売機、監視台、クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー(有料 200円)、コインロッカー(有料 200円)
その他:パラソル(1600円)、デッキチェア(1600円)、フロートマット(1200円)、浮輪[小](3時間 600円)、浮輪[大](3時間 1200円)で貸出あり
売店:あり
マリンアクティビティ:体験ダイビング、水上スキー、ジェットスキー、パラセーリング、ウェイクボード、カヤック、グラスボート、ビーチバレーなど
運営元:残波ビーチ管理組合
お問い合わせ番号:098-958-3833
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

渡具知(とぐち)ビーチ

渡具知(とぐち)ビーチ

渡具知ビーチは、読谷村にある『泊城公園』に隣接する天然のビーチです。

遠浅の海で水質はとても綺麗ですし、隣接する『泊城公園』にはシャワーやトイレも整備されています。

また『おきなわポークビレッジ』というレストランがすぐそばにあって、こちらでは手ぶらでBBQを楽しむこともできますよ♪

ただこちらのビーチは正式な海水浴場には指定されていませんので、クラゲ防止ネットや監視員の方がいない点には注意が必要です。

干潮時には海水浴を楽しむことができませんが、自然にできる潮だまりにはお魚が結構いて、地元の方は網を持参し捕まえに来る方も多いそうですよ。

渡具知ビーチは海水浴場としてもかなりおすすめできますが、とても綺麗な夕日が見られるスポットとしても有名です。

『渡具知(とぐち)ビーチ』

住所:沖縄県中頭郡読谷村字渡具知228
営業時間:設定無し(*シャワーは10時から19時まで利用可能[10月から3月は水曜日のみシャワー利用不可])
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間(渡具知ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[100台以上])
利用料金:無料
設備:トイレ、足洗い場、シャワー(有料 200円[10時~19時])、パーラー、レストラン、自販機、東屋
その他:個人シュノーケリングが可能
売店:『とくち商店』というパーラーあり
マリンアクティビティ:なし
運営元:おきなわポークビレッジ
お問い合わせ番号:098-982-8877
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

木綿原(もめんばる)ビーチ

木綿原(もめんばる)ビーチ

木綿原ビーチは『木綿原遺跡』や『トリイステーション(米軍基地)』のすぐ近くにある読谷村の天然ビーチです。

こちらのビーチにはトイレやシャワーといった設備はなにもありませんが、先程ご紹介した『渡具知ビーチ』の少し北側に位置していますので、こちらの設備を利用するのも良いでしょう。

砂浜や水質は普通レベルですが人の手が入っていないビーチですので、個人シュノーケルやSUPなどを自由に行うことができるのは魅力的です。

注意点としては『渡具知ビーチ』と同じく、干潮時には海水浴を楽しむことができませんので、必ず『潮見表』で満潮、干潮の時間を見極めてからいきましょう!

『木綿原(もめんばる)ビーチ』

住所:沖縄県中頭郡読谷村字渡具知502
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約1時間(もめんばるビーチでナビ設定可能)
*[那覇方面]から 水釜交差点→大木バイパス→イオンタウン読谷の先を左折。
駐車場:あり(無料[4-5台])
利用料金:無料
設備:なし(*お隣の渡具知ビーチの施設を利用することは可能)
売店:なし(*すぐ近くにカフェレストラン『浜辺のキッチンもめんばる』あり)
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

北谷町(ちゃたんちょう)のビーチ

こちらは『北谷町』にあるビーチ一覧です。

砂辺ビーチ(宮城海岸)

砂辺ビーチ(宮城海岸)

砂辺ビーチは、”宮城海岸”とも呼ばれる沖縄県中部北谷町にある人工のビーチです。

沖縄県屈指の観光地「美浜アメリカンビレッジ」から近く、遊具などがある「砂辺馬場公園」の向かいにあるので、家族連れにもおすすめできそうなスポットとなっています。バスケットボールコートやスケートボード場などもありましたよ。

ビーチ沿いには綺麗に整備された長い遊歩道や小休憩できる東屋もありますので、カップルの散歩スポットとしても利用できそうです♪

また砂浜や水質もなかなか綺麗で、トイレや有料シャワーなどもありますクラゲ防止ネットや監視員の方はいませんので、この点にはご注意を。

近くにはダイビングスポットもある為お魚も多く、個人シュノーケリングも楽しめます。

この他、こちらのビーチは「嘉手納空軍基地」に向かってくる軍用機が間近で見られることでも知られてます。

すぐ近くにある『CC’s Chicken&Waffles(シーシーズ チキン アンド ワッフルズ)』という、チキンとワッフルのお店はアメリカンな雰囲気を味わいたい方にとてもおすすめです。

『砂辺ビーチ(宮城海岸)』

住所:沖縄県中頭郡北谷町字砂辺247-5
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約40分(砂辺ビーチでナビ設定可能)
*「アメリカンビレッジ」先の浜川交差点を左折→道なりに進み、突き当たりにビーチがあります。
駐車場:あり(無料[50台以上/「砂辺馬場公園駐車場」を利用、夜間は閉鎖されます])
利用料金:無料
設備:トイレ、シャワー(有料)、東屋
売店:なし
マリンアクティビティ:近隣にダイビングショップ多数あり
運営元:北谷町役場
お問い合わせ番号:098-936-1234
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

サンセットビーチ【おすすめ】

サンセットビーチ

サンセットビーチは「美浜アメリカンビレッジ」のすぐ近くにある有名人工ビーチです。

その名の通り、美しい夕焼けを楽しむことができるビーチで連日観光客の方やカップルで賑わっています。

とにかく管理が行き届いており、砂浜や水質もとても綺麗でどなたでも安心して楽しむことができるビーチと言えそうです。

すぐ近くにあるホテル『ザ・ビーチタワー沖縄』に隣接する「ちゅらーゆ」では、天然温泉や沖縄初の屋外温泉プール、無料足湯なども楽しむことができますよ♪

またビーチ内にある管理事務所では、手ぶらBBQなども受付しているようです。詳細はビーチの公式サイト『SUNSETBEACH(サンセットビーチ)』をご確認下さい。

『サンセットビーチ』

住所:〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町字美浜2
営業時間:9:00~18:00(*時期により少し変動あり)
遊泳可能期間:4月上旬から10月末日まで
アクセス:那覇空港から車で約35分(北谷公園サンセットビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料、イオン北谷前駐車場[1500台]北谷公園駐車場[約450台])*利用時間 8:00~22:00/大型バスとオートバイ専用駐車場もあり
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー(冷水3分100円)、コインロッカー(1日200円)、東屋
その他:BBQ可能、各種レンタルあり、パラソル(2,000円)、サマーベッド(1,000円)、ベットセット(3,000円)、浮き輪[大](1,000円~)など
売店:あり
マリンアクティビティ:なし
ビーチの公式サイト:「SUNSETBEACH(サンセットビーチ)
運営元:サンセットビーチ管理棟
お問い合わせ番号:098-936-8273
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

安良波(あらは)ビーチ【おすすめ】

安良波(あらは)ビーチ

安良波ビーチは、北谷町『安良波公園』に隣接した人工のビーチです。

外国人の方がとても多いのが特徴的で『安良波公園』とビーチが一直線に続いており、とても開放感があります♪

公園には色々な遊具やバスケットコートがあり、外国人の方がバスケットをしているのを見ているとまるでアメリカにいるかのような気分になりますよ(笑)

この他、公園内に設置された実物大の海賊船「インディアン・オーク号」のアスレチックは一見の価値ありです。

またシーズン中は監視員の方もおり、クラゲ防止ネットも設置されていますので、お子様連れのご家族でも安心して海水浴を楽しむことができます。

もちろんトイレや有料ですがシャワー、コインロッカー、更衣室なども用意されており、設備面での心配は皆無です。

注意点としては、個人シュノーケリングが禁止されていることぐらいです。

またこのビーチの近くには、当サイトでも以前ご紹介させて頂いたオシャレなインドカレーのお店『ア・ダニー(A・DANNY)』もあります。アジアンな雰囲気がお好きな方にはとてもおすすめなお店ですので、気になる方はお店を詳しくご紹介している下記記事も是非見てみて下さいね♪

『安良波(あらは)ビーチ』

住所:沖縄県中頭郡北谷町北谷2-21
営業時間:9:00~18:00(*時期により少し変動あり)
遊泳可能期間:4月上旬から10月下旬頃まで
アクセス:那覇空港から車で約35分(アラハビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[120台])*7:00~22:00まで利用可能
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー(有料)、コインロッカー(有料)、ビーチバレーコート
その他:BBQ可能
売店:あり
マリンアクティビティ:クリアカヤック、ビッグダッキー、パラセール、ドラゴンボート、グラスボート、イカダ釣り体験など多数
ビーチの公式サイト:「北谷海人の会
運営元:北谷海人の会
お問い合わせ番号:098-936-2068
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

宜野湾市(ぎのわんし)のビーチ

こちらは『宜野湾市』にあるビーチ一覧です。

トロピカルビーチ

トロピカルビーチ

トロピカルビーチは、大物ミュージシャンなどもライブを行うことがある『沖縄コンベンションセンター』の裏手にある人工のビーチです。

沖縄県民からは「トロピ」の愛称で親しまれるビーチで、観光客の方よりも地元民が多い印象です。

中部のビーチですので水質は中の下程度ですが、砂浜は綺麗に整備されています。

また更衣室やトイレ、シャワーなど海水浴に必要なものは全て揃っており、有料ですが各種マリンアクティビティやBBQ(食材の持ち込みは不可)なども楽しむことができ、自由に利用できる広い芝生エリアなどもあります。

すぐ近くには大型スーパーマーケット『サンエー宜野湾コンベンションシティ』もあり水着なども購入することができますので、どなたでも快適に海水浴を楽しむことができるビーチと言えそうです♪

ただシーズン中は180台ある無料駐車場が満車になる程の人気ですので、混雑が嫌いな方や若者が多い騒がしい雰囲気が嫌いな方にはあまりおすすめできません

もし無料駐車場が満車の場合は、すぐ隣りにある『宜野湾マリーナ』の有料駐車場を1日300円で利用することをおすすめします。

『トロピカルビーチ』

住所:〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1
営業時間:9:00-19:00(*時期により少し変動あり[詳細は公式サイトを参照願います])
遊泳可能期間:4月中旬から10月下旬まで
アクセス:那覇空港から車で約25分(ぎのわんトロピカルビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[180台])*シーズン中は満車可能性が高いです。満車の場合『宜野湾マリーナ』の有料(1日300円)駐車場を利用推奨。
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、更衣室、監視員、トイレ(トイレットペーパーは有料1個100円)、シャワー(有料[2分100円])、コインロッカー
その他:現地の設備食材を利用してのBBQは可能(*食材の持ち込みは禁止[詳細は公式サイトを参照願います])
売店:良心的な価格の売店あり(*すぐ近くに大型スーパー[サンエー宜野湾コンベンションシティ]もあり)
マリンアクティビティ:ドラゴンボート、ビスケット、SUP、シーカヤック
ビーチの公式サイト:「TropicalBeach
運営元:ぎのわんトロピカルビーチ
お問い合わせ番号:098-890-0881
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

中城村のビーチ

こちらは『中城村』にあるビーチ一覧です。

中城モール裏ビーチ

中城モール裏ビーチ

中城モール裏ビーチは、国道329号線沿いにある『中城モール』のすぐ裏手にあるビーチです。

地元沖縄では、ビーチにマーメイド像が設置されていることから『マーメイドビーチ』の名前でも親しまれています。この像には”縁結びのご利益”もあると噂されているんだとか。

沖縄県中部で更に東側のビーチですので、海の透明度は中の下程度ですが砂浜はサラサラで綺麗です。

ビーチにはたくさんのテーブル席が設置されており、海を見ながらのんびりくつろぐことができるのもGOODなポイント♪

クラゲ防止ネットや監視員の方はおりませんので遊泳時には注意が必要ですが、その分自由に海水浴を満喫でき、有料ですがBBQやパラグライダーなども楽しむことができます

またこのビーチには観光客の方がほとんど訪れませんので、シーズン中でもとても空いていますよ♪

この他、綺麗な朝日が見られることでも有名で、毎年元旦になると”初日の出”を見に来る方々で賑わいます。

『中城モール裏ビーチ』

住所:沖縄県中頭郡中城村久場1963
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約40分(中城モール裏ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[第一駐車場 約145台/第二駐車場 約70台])*中城モール駐車場を利用
利用料金:無料
設備:シャワー(有料)、トイレ、自動販売機
その他:手ぶらBBQ可能(1グループにつき7,500円[テーブル、ガス台、鉄板、調理器具や調味料、お皿やお箸、ごみ袋のセット料金]+食材1,500円または2,000円コース)
*食材の持ち込みは不可です。BBQの予約・問い合わせ:098-895-6188(~海の見える~カフェ・マーメイド[11:00~20:00])
売店:中城モール内にお食事処あり(*すぐ近くにローソン[中城久場店]もあり)
マリンアクティビティ:パラグライダー、ジェットスキー
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

本島南部のビーチ(糸満市~浦添市)

ここからは、沖縄県南部エリアの穴場&おすすめビーチをご紹介していきます!

那覇市(なはし)のビーチ

こちらは『那覇市』にあるビーチ一覧です。

波の上ビーチ【おすすめ】

波の上ビーチ

波の上ビーチは、那覇市内で唯一のビーチです。

ここまでご紹介してきた通り沖縄県内にはたくさんのビーチがありますが、那覇市内で泳げるのはココだけです♪

那覇空港の北東にあって、空港から車で約10~15分という非常に立ち寄りやすい場所にあります。

更衣室やロッカー、シャワーと海水浴に必要な設備は一通り揃っており、ダイビングやシュノーケリング専用のビーチもあります。

また、すぐ近くの『波の上うみそら公園』では海を見ながらBBQを楽しむことができたりと、このビーチだけでも沖縄の海を満喫することも可能です。

都会の人工ビーチですが、水質や砂浜は沖縄県内のビーチとしては平均的な綺麗さというのもGOODなポイントです♪

砂浜には貝殻などが結構落ちていて、ビーチコーミングも可能ですよ。この他、日が落ちると一気にムーディーな雰囲気となりますので、カップルの散歩コースとしてもオススメできます。

ちなみにこのビーチの近くには、沖縄県有数の格式高い神社『波上宮』もあり、大きな岩の上にある写真映えする姿は一見の価値ありですよ!

『波の上ビーチ』

住所:沖縄県那覇市若狭1-25-9
営業時間
4月5日~6月30日:9:00~18:00
7月1日~8月31日:9:00〜19:00
9月1日~10月31日:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約15分(波の上ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 300台[最初の30分無料/30分から1時間までは200円/その後1時間毎100円/24時間最大500円])*若狭海浜公園駐車場を利用
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー(有料[3分100円])、コインロッカー(有料[200円])
その他:ビーチの周りに猫が結構いますが、餌やりは那覇市の条例で禁止されています。
売店:あり
マリンアクティビティ:シュノーケリング(大人1人4,000円、小学生以下3,500円)、体験ダイビング(大人1人8,500円)、ぷかぷかツアー、ファンダイブ
ビーチの公式サイト:「波の上ビーチ
運営元:ナハ・シー・パラダイス共同企業体
お問い合わせ番号:098-863-7300
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

辻側ビーチ

辻側ビーチ

辻側ビーチは、『波の上ビーチ』から少し西に行った『波の上うみそら公園』側にある人工のビーチです。

こちらは先程ご紹介した『波の上ビーチ』の一部として紹介されていたり、同じビーチであると紹介されていたり様々です。那覇港港湾施設総合案内という看板では『ファミリーエリア』と表記されていました。

クラゲ防止ネットや監視員の方もいらっしゃる管理の行き届いたビーチなのですが、場所がわかりにくいこともあってシーズン中でも人が少ない穴場となっています。

住所などで表記してもわかりにくいかと思いますので、ビーチの場所にピンを立てた衛星写真の地図を埋め込んでおきますので参考にして下さい。

駐車場はもちろん、更衣室やシャワー、トイレ、足洗い場などの施設も充実していますので、空港の近くで人の少ないビーチをお探しの方は是非利用してみて下さいね♪

『辻側ビーチ』

住所:沖縄県那覇市辻3-3 付近
営業時間
4月5日~6月30日:9:00~18:00
7月1日~8月31日:9:00〜19:00
9月1日~10月31日:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約15分(*ビーチの詳しい場所は、上記衛星写真の地図を参照願います。)
駐車場:あり(有料 130台[最初の30分無料/1時間毎100円/24時間最大500円])
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー(有料[3分100円])、コインロッカー(有料[200円])、足洗い場
売店:なし(*売店はありませんが、近隣にカフェやファーストフード店などは多数あります)
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

豊見城市(とみぐすくし)のビーチ

こちらは『豊見城市』にあるビーチ一覧です。

豊崎美らSUNビーチ【おすすめ】

豊崎美らSUNビーチ

豊崎美らSUNビーチは、那覇空港から車で15分の位置にある『豊崎海浜公園』内にある人工のビーチです。

しっかりと整備されておりクラゲ防止ネットや監視員の方はもちろん、トイレやシャワー、コインロッカーに売店も完備と、どなたでも安心して海水浴を楽しむことができます。

1時間200円と有料ですが700台以上が駐車できる大型駐車場もあり、いつ行ってもスムーズに駐車できるのも◎

この他、大型のBBQエリアやバスケットボールコート、ビーチサッカー&バレーエリアなど海で泳ぐ以外の楽しみ方もたくさん用意されています。

またこちらのビーチは『涙そうそう』という映画のロケ地である「兄ィニィの丘」があることでも有名です♪

少し北へ行ったところには、アイランドリゾート『瀬長島ウミカジテラス』というおしゃれスポットもありますよ!

『豊崎美らSUNビーチ』

住所:沖縄県豊見城市豊崎5-1
営業時間
4月5日~6月30日:9:00~18:00
7月1日~9月30日:9:00〜19:00
10月1日~10月31日:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月上旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約15分(美らSUNビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 800台[1時間200円/最大500円])
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、シャワー(有料[100円])、コインロッカー(有料)、東屋、屋上展望台
その他:BBQ可能(要予約[*BBQ予約専用番号 098-850-1143 ]*9:00~17:00)、レンタサイクル(1時間500円~)あり、パラソル、ビーチチェア、浮き輪などの有料貸出あり
売店:あり(*パーラー、カフェもあり)
マリンアクティビティ:カヤック(30分2,000円)、ビックマーブル(大人1人2,000円)、SUP(30分2,000円)、バナナボート(1,500円)、無人島冒険ツアー(3,000円)など
ビーチの公式サイト:「豊崎美らSUNビーチ
運営元:豊崎海浜公園管理事務所
お問い合わせ番号:098-850-1139
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

南城市(なんじょうし)のビーチ

こちらは『南城市』にあるビーチ一覧です。

天の浜(てぃんぬはま)

天の浜(てぃんぬはま)

天の浜は、『馬天児童公園』のすぐ裏手にある人工のビーチです。

南部でしかも東側の海ですが、砂浜や水質は綺麗で人も少ないオススメのビーチです。

防波堤も設置されているため波も穏やかで更に遠浅ですので、お子様でも遊びやすいですが、監視員の方などはおりませんのでお気をつけ下さい。

また設備が公園にあるトイレしかありませんので、この点にも注意が必要です。

ちなみにこの近くには『レストランカイヤン』という、ボリュームたっぷりなお食事がリーズナブルな価格で頂けるおすすめの老舗レストランがありますよ!

『天の浜』

住所:沖縄県南城市佐敷津波古
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約30分(天の浜でナビ設定可能)
駐車場:なし
利用料金:無料
設備:トイレ
売店:なし(*近くにコンビニ[ファミリーマート南城馬天入口店]あり)
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆★★(3.0)

あざまサンサンビーチ

あざまサンサンビーチ

あざまサンサンビーチは、知念半島の安座真港の隣にある大型の人工ビーチです。

ビーチからは神の島『久高島』が望め、管理の行き届いた美しい白い砂浜と水質基準最高ランク「AA」認定を獲得した優良ビーチとなっています。

駐車料金こそ車1台500円と有料ですが、クラゲ防止ネットからライフセイバー、きれいな更衣室やシャワー、トイレなど海水浴に必要なものはなんでも揃っており500円は割安に感じる程です。

マリンスポーツも各種充実しており、ビーチも海水浴専用(海に向かって左側)、マリンスポーツ専用(海に向かって右側)としっかり分けられていますので、安心して楽しむことができるのも良いですね♪

この他、屋根付きの東屋で手ぶらBBQをすることもできたりと楽しみ方は人それぞれ。ご家族からカップルまでどなたにでもおすすめできるビーチと言えそうです。

こちらのビーチの近くの有名観光地としては、聖地『斎場御嶽』がありますよ!

『あざまサンサンビーチ』

住所:沖縄県南城市知念字安座真1141-3
営業時間
4月25日~6月30日:9:00~18:00
7月1日~8月31日:9:00〜19:00
9月1日~10月31日:9:00~18:00
遊泳可能期間:4月下旬から10月末まで
アクセス:那覇空港から車で約45分(あざまサンサンビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 350台[車1台 終日500円/バイク1台 終日100円])
利用料金:無料
設備:更衣室、クラゲ防止ネット、監視員、トイレ(身障者用のバリアフリートイレあり)、シャワー(有料[5分200円])、コインロッカー(有料[200円])
その他:BBQ可能(*当日予約もOK)、サマーベッド、デッキチェア、浮き輪など各種レンタルあり、バレーコート(ボール込み 1時間700円)、サッカーコート(ボール込み 1時間700円)、グランドゴルフ(スティック・ボール1セット 2時間300円)
売店:あり
マリンアクティビティ:バナナボート(15分1,500円)、ビッグマーブル(15分2,000円)、シュノーケリング(40分3,500円~)、マリンジェット(2,500円~)など多数
ビーチの公式サイト:「あざまサンサンビーチ
運営元:南城市観光協会 あざまサンサンビーチ管理事務所
お問い合わせ番号:098-948-3521
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

志喜屋ビーチ

志喜屋ビーチ

志喜屋ビーチは『志喜屋漁港』のすぐ隣りにある人工のビーチです。

大きな防波堤があるため波はなく、遠浅ですので小さなお子様連れの方にもおすすめできます。

海の透明度や砂浜の美しさは沖縄県内では中の下程度ですが、人の少ないビーチでのんびり遊びたいという方には穴場ビーチと言えるでしょう。

設備は最低限ですが、トイレとシャワーは完備されています。

このビーチは、どちらかと言えば海水浴を楽しむ方よりもキャンプやBBQを楽しむ方に人気があって、シーズン中は地元民の方で賑わっている印象です。

南部地域のビーチで自由にBBQができるのはココだけかもしれません。

『志喜屋ビーチ』

住所:沖縄県南城市知念志喜屋117-3
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約40分(リーフマジック志喜屋ビーチバーベキューパークでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[大型駐車場あり])
利用料金:無料
設備:トイレ、シャワー(有料[200円])、自動販売機、東屋
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

新原(みーばる)ビーチ

新原(みーばる)ビーチ

新原ビーチは、南城市玉城にある人気の天然ビーチです。

水質や砂浜の美しさは平均値程度ですが、この辺りの海にはお魚がたくさんおり、グラスボートがとても有名なビーチとなっています。

グラスボートの料金は20分で大人1,650円、4歳から11歳が880円、3歳以下が無料と比較的にリーズナブルです。

駐車料金は車1台500円と有料ですが、その分海水浴に必要な設備は概ね揃っており、マリンアクティビティも充実しています。

また、持ち込みBBQも許可されており、全て用意してくれる手ぶらBBQも2,500円から提供と様々な楽しみ方ができるのも◎

現地にキャンプの設備などはないようですが、ビーチにテントを張ることも許可されているようです。(*詳細は「ビーチの公式サイト」をご確認下さい)

『新原(みーばる)ビーチ』

住所:〒901-0603 沖縄県南城市玉城百名1346
営業時間:8:30~17:00(5~9月は8:30~17:30)
遊泳可能期間:4月上旬から10月末頃まで(*シャワー、更衣室、マリンアクティビティは5月から9月末まで)
アクセス:那覇空港から車で約40分(新原ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料[1日500円])
利用料金:無料
設備:監視台、トイレ、シャワー&更衣室(有料[大人300円/子供200円])、ロッカー(有料[200円])、自動販売機
その他:水中メガネ(500円)、浮き輪(500円)、パラソル&チェアー(2,500円) 貸出あり、BBQ(1人2,500円~)
売店:あり
マリンアクティビティ:体験ダイビング、グラスボート、バナナボード、マリンジェット、Uチューブ、シュノーケリング
ビーチの公式サイト:「みーばるマリンセンター
運営元:みーばるマリンセンター
お問い合わせ番号:098-948-1103
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

百名(ひゃくな)ビーチ

百名(ひゃくな)ビーチ

百名ビーチは、先程ご紹介した『新原ビーチ』と岩場を挟んだ隣りにある天然のビーチです。

琉球の創成神アマミキヨが神の島『久高島』から渡ってきた場所という伝説が残っている浜で、地元民からは聖地として大切にされています。砂浜は少し粗めで水質は中程度となっています。

『新原ビーチ』と違って設備がなにもありませんのでシーズン中でも人は少なめ、静かなプライベートビーチといった雰囲気でのんびりしたい人におすすめです。

この他、パラセーリングやカイトサーフィンのスポットとしても有名です♪ キャンプも可能ですので、この辺りの夜の綺麗な星空を眺めるのも良いかもしれません。

『百名(ひゃくな)ビーチ』

住所:沖縄県南城市玉城百名707
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約40分(百名ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 50台[1日500円])
利用料金:無料
設備:トイレ(*新原ビーチのトイレを利用できます)
売店:なし
マリンアクティビティ:シュノーケリング、パラセーリング、カイトサーフィンなどを個人的に行うことが可能
運営元:南城市観光協会
お問い合わせ番号:098-948-4611
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

奥武ビーチ

奥武ビーチ

奥武ビーチは、うちなー天ぷらで有名な車で行ける離島『奥武島』に入ってすぐ左手にある小さな人工のビーチです。

水質や砂浜の綺麗さは中の上程度ですが、泳いでいるのは地元の子供達がほとんどといった印象です。

設備がトイレしかありませんので、気軽に海水浴ができるといった感じではありません。

すぐ近くにたくさんある天ぷら屋さんでてんぷらを買って、ビーチに降りる階段で海を眺めながら食べるという使い方をしている方が多く見られました。

ちなみにこちらのビーチは満潮時に砂浜がほとんどなくなりますので、この点には注意が必要かもしれません。

『奥武ビーチ』

住所:沖縄県南城市玉城奥武
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約40分(奥武ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[50台])*「奥武島いまいゆ市場」の隣にあります
利用料金:無料
設備:トイレ
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

八重瀬町(やえせちょう)のビーチ

こちらは『八重瀬町』にあるビーチ一覧です。

ぐしちゃん浜

ぐしちゃん浜

ぐしちゃん浜は、沖縄県南部八重瀬町にある天然のビーチです。

このビーチはいたるところに大きな岩がたくさんあって、シャワーや更衣室などもありませんので海水浴向きではありません

ただ色んなところに潮だまりができており、ここに取り残されたお魚をシュノーケリングで見るという楽しみ方に適しています♪

この他、大きな岩を利用したボルダリングの人気スポットとしても有名で、釣りをしている方なども結構いらっしゃいました。

海水浴はできなくとも、様々な楽しみ方ができる浜と言えそうですね!

ちなみにこちらの浜は、3人組のテクノポップユニットPerfumeが「Relax In The City」という曲のMV撮影を行ったことでも一時話題になりました。


PenTon シュノーケルセット
『ぐしちゃん浜』

住所:沖縄県島尻郡八重瀬町具志頭
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約40分(ぐしちゃん浜でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[10-15台])
利用料金:無料
設備:トイレ、東屋
その他:釣りやシュノーケリング、ボルダリングに適している
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

玻名城(はなしろ)ビーチ

玻名城(はなしろ)ビーチ

玻名城ビーチは、観光客の方はまずこない沖縄県南部の穴場ビーチです。正式名称は「玻名城の郷海岸」。

天然のビーチですので、砂浜にはかなり石があってゴツゴツしており、水質は中の下ぐらいといった感じです。

ここはもともとリゾート地にする予定でしたが途中で開発を断念したところで、今でもその名残が色々なところに見られます。

このため、トイレやシャワーなどの設備は整っているにも関わらず人が少ない穴場ビーチになっているという訳です。

またお魚も多くシュノーケリングにも適していますので、南部でシュノーケリングポイントをお探しの方はココです!


[SIXSPACE]マリンシューズ
『玻名城ビーチ』

住所:沖縄県八重瀬町玻名城
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約40分(玻名城ビーチでナビ設定可能)
*『ザ・サザンリンクスゴルフクラブ』の敷地内を通る必要があります。(通ってOKです)
駐車場:あり(無料[2箇所あり])
利用料金:無料
設備:トイレ、シャワー(有料[200円])、足洗い場、自動販売機
その他:砂浜から見える位置に廃墟がありますが、近づくと大変危険です。
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

糸満市(いとまんし)のビーチ

こちらは『糸満市』にあるビーチ一覧です。

美々(びび)ビーチ

美々(びび)ビーチ

美々ビーチは、糸満市にある管理が行き届いた人工ビーチです。

駐車場は車1台500円と有料で、砂浜はとてもサラサラで綺麗ですが、水質は中の下程度となっています。

なかなかの人気ビーチとなっておりシーズン中は多くの人が訪れますので、海水浴に必要な設備はすべて揃っており、何不自由なく海遊びを楽しむことができるのは◎

持ち込みBBQや手ぶらBBQはもちろん、マリンアクティビティや珍しいGOカート体験などもあって、どなたでも楽しむことができるスポットと言えそうです。ビーチバレー&サッカーコートもありますよ♪

またこのビーチの近くには、沖縄一のコスパを誇るさしみ定食を提供する『優秀(ゆたしく)鮮魚 さかな食堂』もありますので、さしみ好きの方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

『美々(びび)ビーチ』

住所:沖縄県糸満市西崎町1-6-15
営業時間
4月1日~6月30日:9:00~18:00
7月1日~8月31日:9:00~19:00
9月1日~10月31日:9:00~18:00
遊泳可能期間:3月末頃から10月末まで
休業日:年末年始、11月~3月は毎週火曜日休業、4~10月は休業日なし
アクセス:那覇空港から車で約50分(美々ビーチいとまんでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料 630台[原付バイク100円/普通自動車500円/中型バス2,000円/大型バス3,000円])*11~3月は駐車無料
利用料金:無料
設備:クラゲ防止ネット、監視員、トイレ、更衣室、シャワー(有料[5分200円])、コインロッカー(有料[200円])、足洗い場、東屋
その他:GOカートあり(1人1,000円から)、持ち込みBBQ、手ぶらBBQどちらも可能、浮き輪やゴーグルなど各種貸出あり、ビーチバレー&ビーチサッカーコートあり(1時間1コート700円)
売店:あり
マリンアクティビティ:グラスボート、バナナボート、ビッグマーブル、シュノーケル、カヤックなど多数
ビーチの公式サイト:「美々ビーチいとまん
運営元:糸満市観光協会・ドリームブリッジJV
お問い合わせ番号:098-840-3451
ビーチの総合評価:☆☆☆☆★(4.0)

潮崎ビーチ

潮崎ビーチ

潮崎ビーチは、糸満市潮崎町の『南浜公園』内にある人工のビーチです。

駐車場が無料なのは嬉しいポイントですが、設備はトイレしかありませんので海水浴には不向きです。

砂浜や水質はどちらも中の下程度の綺麗さで、どちらかと言えば観賞用のビーチと言えそうです。

防波堤では釣りをしている方なども見られ、地元住民の憩いの場となっているスポットです。

『潮崎ビーチ』

住所:沖縄県糸満市潮崎町4-29(*南浜公園の住所を記載しています)
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約20分(南浜公園でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[*ゲートなしのため24時間出入り可能])
利用料金:無料
設備:トイレ、自動販売機、東屋
その他:釣りができる、遊歩道があるので散歩にも適している
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

北名城ビーチ

北名城ビーチ

北名城ビーチは、糸満市名城にある天然のビーチです。

砂浜や水質はどちらも中の下程度の綺麗さで、設備はトイレのみと海水浴向きのビーチではありませんが、無料のキャンプ場としてとても人気があるビーチです。

那覇空港からのアクセスが良く、大きめの駐車場とトイレがあって、すぐ近くにはスーパーマーケットも揃っているというのがキャンパーさんに人気の秘密なんだとか。

天然のビーチですので、テントを張ったりBBQも自由に行えるということや釣りができるというのもポイントが高いようです。

またビーチのすぐ目の前には「エージナ島」という無人島があり、干潮時には島への道が現れますのでここで冒険気分を味わうのも良いでしょう。

『北名城ビーチ』

住所:沖縄県糸満市字名城960
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約20分(石川ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[約50台])
利用料金:無料
設備:トイレ(*トイレットペーパーは持参する必要があります)
その他:釣り、BBQ、キャンプ可能、無人島がある
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

名城(なしろ)ビーチ【閉鎖中】

名城(なしろ)ビーチ

名城ビーチは、2020年3月現在閉鎖中のビーチです。

かつては人気のビーチでしたが、現在は立入禁止となっており、再開の目処は立っておりません。

『名城(なしろ)ビーチ』

住所:沖縄県糸満市字名城
営業時間:遊泳禁止
遊泳可能期間:遊泳禁止
アクセス:那覇空港から車で約50分(名城ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(有料[車1台500円])
利用料金:無料
設備:トイレ、自動販売機
その他:2020年3月現在は閉鎖中です。
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:閉鎖中のため評価無し

ジョン万ビーチ/大度海岸

ジョン万ビーチ/大度海岸

ジョン万ビーチ(大度海岸)は、糸満市にある天然のビーチです。

ビーチ名の由来は、アメリカに渡ったジョン万次郎さんが帰国の際に上陸した場所ということから。

設備はトイレのみで、干潮時はほとんど水がなくなってしまうことから海水浴には不向きとなっています。

こちらのビーチは、八重瀬町の『ぐしちゃん浜』と同様に潮だまりに取り残されたお魚をシュノーケリングで楽しむのに適しています

また5月から9月頃にはウミガメが産卵に訪れることでも知られており、この期間中に限ってキャンプやBBQが禁止されているとのことです。


Zenoplige 2019新型 シュノーケルマスク
『ジョン万ビーチ/大度海岸』

住所:沖縄県糸満市字字大度243-1
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約30分(大度海岸(ジョン万ビーチ)でナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[約20台])
利用料金:無料
設備:トイレ
売店:なし
マリンアクティビティ:なし
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

西原町(にしはらちょう)のビーチ

こちらは『西原町』にあるビーチ一覧です。

西原きらきらビーチ(クリード西原マリンパーク)【おすすめ】

西原きらきらビーチ(クリード西原マリンパーク)

西原きらきらビーチは、西原町にある『クリード西原マリンパーク』内にある人工の大型ビーチです。

海の透明度こそ中の下程度ですが、砂浜はサラサラで管理も行き届いており、駐車料金や入場料金は無料とかなりおすすめのビーチとなっています。

シャワーやロッカー、更衣室にトイレなど海水浴に必要なものもほぼ全て揃っておりどれもかなり綺麗です♪

完全予約制ですがBBQも楽しむことができ、大きな多目的広場や遊具のあるちびっこ広場、パークゴルフ場など広い敷地内には様々なものが用意されています。

種類は多くないですが、マリンアクティビティもいくつかありましたよ♪

『西原きらきらビーチ』

住所:沖縄県中頭郡西原町字東崎17
開園時間:8:30~20:00
遊泳可能期間:9:30~18:00
アクセス:那覇空港から車で約30分(西原きらきらビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[1000台])
利用料金:無料
設備:シャワー(有料[5分300円])、更衣室、コインロッカー(有料[1回分300円])、足洗い場
その他:ビーチテーブルセット(1セット 2,200円)、ビーチパラソル(1本 550円)、浮き輪(1個 550円)などの貸出あり、ビーチバレー&サッカーコート(ボール付きで1時間 550円)
売店:あり
マリンアクティビティ:体験水上バイク(1回10分 2,500円)、バナナボート(1回10分 1,500円)、バンドワゴン(1回10分 2,000円)、スーパーマーブル(1回10分 2,000円)
ビーチの公式サイト:「クリード西原マリンパーク
運営元:クリード西原マリンパーク
お問い合わせ番号:098-944-5589
ビーチの総合評価:☆☆☆☆☆(5.0

瀬長島のビーチ

こちらは『瀬長島』にあるビーチ一覧です。

瀬長(せなが)ビーチ

瀬長(せなが)ビーチ

瀬長ビーチは、車で行ける離島『瀬長島』にある天然のビーチです。

クラゲ防止ネットが設置されておらず、監視員の方もいないため遊泳は禁止されています。

このビーチの特徴は、離発着する飛行機が間近で見られることと綺麗な夜景が見られることで、デートスポットとしても有名です♪

また遊泳は禁止ですが、カヤックやSUPなどのマリンアクティビティを受付している業者さんはあるようでした。

近くには、比較的新しいおしゃれスポット『瀬長島ウミカジテラス』がありますよ♪

『瀬長(せなが)ビーチ』

住所:沖縄県豊見城市字瀬長173
営業時間:設定無し
遊泳可能期間:設定無し
アクセス:那覇空港から車で約15分(瀬長ビーチでナビ設定可能)
駐車場:あり(無料[100台])
利用料金:無料
設備:トイレ、シャワー(有料[100円])、足洗い場
売店:あり
マリンアクティビティ:カヤック、SUP、ヨット
ビーチの総合評価:☆☆★★★(2.0)

北部/中部/南部 各エリアのおすすめビーチTOP3ランキング

こちらは今回ご紹介した全96箇所のビーチの中で、特におすすめしたいビーチを北部/中部/南部の各エリアから3つに絞ったランキングです。

ビーチ名をクリックすると、そのビーチの詳細を記載したところへジャンプできます。

北部エリアのおすすめビーチTOP3

  1. エメラルドビーチ
  2. 幸喜ビーチ[名護市民ビーチ]
  3. 21世紀の森ビーチ

TOP3にも負けない☆5評価の北部ビーチ

北部のビーチを目的別に検索

中部エリアのおすすめビーチTOP3

  1. ニライビーチ
  2. 残波ビーチ
  3. サンセットビーチ

TOP3にも負けない☆5評価の中部ビーチ

中部のビーチを目的別に検索

南部エリアのおすすめビーチTOP3

  1. 西原きらきらビーチ(クリード西原マリンパーク
  2. 波の上ビーチ
  3. 豊崎美らSUNビーチ
南部のビーチを目的別に検索

沖縄本島のビーチまとめ

今回は『沖縄本島のビーチ 穴場からおすすめスポットまで全96箇所 エリア別一覧』ということで、沖縄県内で海水浴やBBQ、キャンプなどができるビーチをまとめてみました。

ガイドブックや観光誌では紹介されないような穴場から、マリンアクティビティが充実している有名ビーチまでをご紹介していますので、是非沖縄観光の際にご活用下さい!

当サイトでは、ビーチ以外にも『沖縄のおすすめグルメスポットをジャンル別にまとめたページ』や『沖縄限定のアイスクリームを全22種類ご紹介した記事』、『沖縄のスーパーマーケットの特徴をまとめた記事』などがありますので、あわせてチェックしてみて下さいね♪

この記事と同じカテゴリーの記事を探す

サイト内検索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事(一部広告含む)

>               

コメントを残す