スポンサーリンク

ビオスの丘の料金 水牛車やカヌーも体験できる亜熱帯公園

ビオスの丘うるま市
この記事は約6分で読めます。

当記事では、沖縄県中部うるま市にある、広大な亜熱帯公園ビオスの丘をご紹介しています。

公園としてだけではなく、大人も子供も楽しめる「水牛車」や「カヌー体験」などのアクティビティ満載のホットスポットをご覧ください。

スポンサーリンク

ビオスの丘とは?

ビオスの丘はもともとはランと自然のテーマパークです。

ランだけではなく様々な亜熱帯の植物を見ることができたり、風通しの良い広々とした草原でピクニックをしたり、沖縄ならではの水牛車の乗ったりと色々な楽しみ方ができる施設として沖縄県民にも人気があります。

ちまみに施設名の「ビオス」はギリシャ語で「生命」の意味だそうです。

スポンサーリンク

ビオスの丘でできること

こちらでは、ビオスの丘でできることを書いています。

有料でできること

こちらではビオスの丘で有料でできることを書いています。

貸しカヌー

園内の中央に位置する池でカヌーにのって水上散歩!

池のため波や流れがなく濡れる心配もありません。お子様でも4歳以上であれば体験することができます。

平舟(ひらぶに)

平舟とは聞きなれない名前ですが、かっこよく言うと”スタンドアップパドルボート”。

サーフィンのロングボードのようなものに立って乗りパドルを漕いで湖を進みます。

カヌーと違って少し難易度が高くなりますので、対象年齢も中学生以上からとなります。

慣れてくると水面を歩いているような感覚が味わえるかも!

湖水鑑賞舟

『ビオスの丘』湖水鑑賞舟

『ビオスの丘』湖水鑑賞舟

湖水鑑賞舟(こすいかんしょうせん)は楽しいガイドさんが小動物や植物の説明をしながら、1キロほどの湖を進むジャングルクルーズです。

車椅子やベビーカーでも乗船可能です。

水牛車

『ビオスの丘』水牛車

『ビオスの丘』水牛車

沖縄ならではの水牛車に乗って園内を散策できます。

牛車上ではスタッフさんが三線を弾きながら歌ってくれたりと沖縄感が満喫できます。

巡車(ロードトレイン)

巡車(みぐいぐるま)は園内を巡るロードトレインです。

緑のトンネルをくぐったり、農場を巡ったりしながら沖縄ならではの農作物をみることが出来ます。

道三天御廻(みちみてぃんうま~い)

園内をスタッフの方が丁寧に説明しながら一緒に周ってくれます。(約50分)

風三天御廻(かじみてぃんうま~い)

園内にある色々な体験をセットにしたビオスの丘を満喫できるコースです。(約3時間)

かんたん革細工

革細工職人が一から丁寧に作り方を教えてくれます。キーホルダーや写真立てをおみやげに。

おもちゃ作り

自然素材を使ったおもちゃ作りが体験できます。子供も大人も一緒になって楽しめますよ!

ぬりえ

ビオスの丘にある植物や、水牛などをかたどったオリジナル塗り絵が楽しめます。値段もお手軽。

お手軽琉装写真撮影

琉球王朝時代の伝統衣装を着て写真撮影はできるコーナーです。沖縄の思い出の写真を。

無料(入園料のみでできること)

こちらではビオスの丘で無料でできることを書いています。

アスレチック

園内の中央にある広々とした芝生の広場にある天然木を使用したアスレチックです。

子供と一緒に楽しめますよ!

特大ブランコ

高さ5メートル!園内の5箇所に設置されているスリル満点の特大ブランコです。

亜熱帯の木々に囲まれながら乗るブランコは格別です!ハイジの気持ちがわかるかも。

懐かしい遊具体験

竹馬、フラフープ、水テッポウ、ゴールマー、ボックリ等の昔遊んだことのある遊具がたくさん置かれているコーナーで全て無料で借りられます。

お散歩(スタンプラリー)

園内に設置されている7つのスタンプを集めるとプレゼントが貰えます。

何がもらえるかは集めてからのお楽しみ。スタンプマップは入園口にあります。

動物とふれあう

『ビオスの丘』にいるヤギ

『ビオスの丘』にいるヤギ

島ヤギやミニ豚、ニワトリなどの動物を実際に触ったり、散歩したりすることが出来るエリアです。

餌やりもできますよ。

小動物観察

ビオスの丘は様々な植物が植えられているため、珍しい種類の小動物が多く観られます。

植物観察

『ビオスの丘』色々な植物

『ビオスの丘』色々な植物

沖縄ならではの温暖な気候で育った亜熱帯植物がいたるところに植えられています。

木々を観察しながら園内を散策すれば、リラックスできること間違いなし!

スポンサーリンク

ビオスの丘施設情報

こちらは、ビオスの丘の施設情報です。

ビオスの丘施設情報

住所沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30
TEL098-965-3400
営業時間9:00〜18:00 ※入園 17:00まで
定休日年中無休

ビオスの丘 各種料金一覧

  • 入園料:大人(中学生以上) 900円 小人(4才~小学生)500円
  • 湖水観賞舟のみ:大人800円 小人500円
  • 湖水観賞舟+入園料:大人1600円 小人900円
  • 水牛車:大人900円 小人 600円
  • 貸しカヌー:大人 1500円 小人 800円
  • 平舟:3000円
  • かんたん革細工:1080円
  • おもちゃ作り:540円
  • ぬりえ:108円
  • お手軽琉装写真:1080円
  • 巡車:大人600円 小人:400円
  • 道三天御廻:大人6000円  小人4000円 ※入園料込み
  • 風三天御廻:大人7000円 小人5000円 ※入園料込み

ビオスの丘へのアクセス

こちらでは、ビオスの丘へのアクセス方法をご紹介しています。

那覇空港から車(高速)で

那覇空港→小禄バイパス(国道331号)を経由。

名嘉地IC→石川IC(沖縄自動車道区間)。

石川IC→石川バイパス(国道329号)に出て沖縄市方面。

伊波交差点で右折して県道6号線へ。後は看板が出ているので従って進む。(約1時間)

那覇バスターミナルからバスで

高速バス/琉球バス・沖縄バスの「名護西線(20番)」→石川インターで下車、石川インターからはタクシーを利用。

「名護西空線(120番)」で「仲泊」下車。(那覇空港から仲泊まで約90分)

「仲泊」からはタクシーを利用。(ビオスの丘まで約7分)

ビオスの丘周辺の地図

こちらは、ビオスの丘周辺の地図です。

ビオスの丘巡りまとめ

  • ビオスの丘は亜熱帯公園としてだけではなく、様々な楽しみ方が出来る老若男女が楽しめる施設。
  • 動物、植物、遊び要素が園内に上手く散りばめられているため、最後まで飽きないのがビオスの丘の魅力!

コメント

タイトルとURLをコピーしました