スポンサーリンク

きしもと食堂 メニューは沖縄そばとジューシーのみ!地元民も通う人気店!

きしもと食堂ランチ
この記事は約4分で読めます。
きしもと食堂 店頭写真

『きしもと食堂』店頭写真

行列ができる超人気沖縄そば店『きしもと食堂』は沖縄県北部の本部町にあります。

近隣には《美ら海水族館》や《世界遺産 今帰仁城跡》《古宇利島》といった人気観光スポットもありますので、この辺りを訪れる予定の方は要チェックのお店となっています。

キジムナー
キジムナー

地元民も認めるシンプルでおいしい沖縄そばが食べられるよ♪

きしもと食堂 メニュー

『きしもと食堂』メニュー(2020年10月現在のもの)

こちらが『きしもと食堂』のメニューです。【そば大・そば小・手作りジューシー】の3種類のみですが、創業以来110年以上多くの方に愛され続けています。

チラガー
チラガー

そばは「三枚肉そば」、ジューシーというのは「沖縄風炊き込みご飯」のことだぜ!

きしもと食堂 沖縄そばとジューシー

『きしもと食堂』沖縄そば(小)とジューシー

こちらが「沖縄そば(小)[600円]」と「ジューシー[300円]」です♪どちらもしっかりとした味付けっぽい見た目。

きしもと食堂 沖縄そば(大)

『きしもと食堂』沖縄そば(大)

こちらは「沖縄そば(大)[750円]」です。甘めに味付けした三枚肉3枚とかまぼこ、島ねぎがトッピングされていました。

『きしもと食堂』では、昔ながらの製法で手打ちされた《木灰そば》を使用しており、灰汁の独特な香りと通常の麺よりコシが強いのが特徴です。

水牛
水牛

普通の沖縄そばよりちょっと固めで、歯ごたえがあるように感じたわ!

ヒージャー
ヒージャー

スープはカツオ出汁がガツンと効いた濃厚な味わいだったぜ!

きしもと食堂 ジューシー

『きしもと食堂』ジューシー

こちらは『きしもと食堂』のジューシーです。沖縄そばにトッピングする三枚肉を煮込んだスープで炊き上げているとのこと。具材は人参、椎茸、昆布、三枚肉、かまぼこ、青ネギ。

かなり色が濃くて塩辛そうな印象を受けますが、実際は結構甘めで安心する味付けとなっていました♪

シーサー
シーサー

ジューシーはテイクアウトもOKとのことです!

きしもと食堂 テーブル席と座敷席

『きしもと食堂』テーブル席と座敷席

店内にはテーブル席と座敷席が用意されていました。壁一面にはお店を訪れた有名人の方々のサイン色紙が飾られています。

ちなみにきしもと食堂から車で5分程の距離には、2004年オープンの2号店(きしもと食堂 八重岳店)もあって、こちらは定休日がなく店内も広めです♪

本店と同じメニューが楽しめますので、2号店もチェックしてみて下さいね!(下記店舗情報に2店舗分の情報を掲載しています。)

スポンサーリンク

きしもと食堂 店舗情報

きしもと食堂[本店]
  • 電話番号:0980-47-2887
  • 住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地5
  • 営業時間:11:00~17:30
    ※売り切れ次第終了
  • 定休日:水曜日
  • アクセス:沖縄自動車道 許田インターから車で約30分。本部町営市場近く。
  • 駐車場:有(11台)
本店から車で5分程の距離に同じメニューが楽しめる2号店があります。
きしもと食堂(八重岳店[2号店])
  • 電話番号:0980-47-6608
  • 住所:沖縄県国頭郡本部町字伊野波350-1
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:なし
  • 駐車場:有(26台)
  • 開店年:2004年
スポンサーリンク

きしもと食堂 まとめ

今回は本部町に2店舗を展開する沖縄そば店【きしもと食堂】をご紹介させていただきました!

沖縄そばとジューシー、どちらもはっきりとしたまた食べたくなる味で常連さんが多いのも納得です♪

那覇空港からは車で約1時間半とかなり距離がありますが《沖縄の北部エリア》を観光する際は、ぜひ立ち寄ってみていただきたいお店です。

きしもと食堂沖縄そば / 本部町)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました