並里成の年俸やお嫁さんは?キングスに帰ってきたファンタジスタ!

並里成 琉球ゴールデンキングス
この記事は約8分で読めます。

この記事では琉球ゴールデンキングスの並里成選手を紹介しています。

3年ぶりにキングスに帰ってきた”ファンタジスタ”の気になる推定年俸やお嫁さん情報、これまでのバスケット人生などをまとめましたのでご覧ください!

スポンサーリンク

並里成選手とは?

並里成選手とは?

並里成選手は「琉球ゴールデンキングス」に所属しているプロバスケットボールプレイヤーです。

学生時代

並里成選手は高校生の頃から注目されていたプレイヤーで、バスケットボールの強豪校「福岡第一高校」在学時には1年生の時から現在と同じポジションであるポイントガードとしてスタメンを獲得。

ウィンターカップ(全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会)で優勝し、1年生にしてその年のベスト5に選出されるほどの実力者でした。

更に高校2年生の時はU-18日本代表に選出。3年生の時にもウィンターカップで準優勝し、ベスト5に選出されています。

この頃から「夢はNBA」と語っており、福岡第一高に進学したのはセネガル人留学生とコミュニケーションが取れるからとのことでした。

スラムダンク奨学金の第1期生に選出

並里成選手は「*スラムダンク奨学金」の第一期生に選出されています。

並里成選手は選手としては評価を受けていたようですが、英語能力がアメリカの大学に進学するためレベルに達しなかったため、大学進学を諦めて帰国しています。

*「スラムダンク奨学金」とは?

人気漫画スラムダンクの作者である井上雄彦さんが創設した「スラムダンク奨学金」。

高校卒業後もバスケットボールを続ける高校生をアメリカの大学に進学させる目的で、アメリカのプレップスクールに派遣する制度です。

スポンサーリンク

プロ入り~リンク栃木プレックスに入団

アメリカの大学進学を断念し、帰国した並里成選手でしたが、2009年にプロバスケットボールチームである「リンク栃木プレックス」に入団し、平成生まれの選手としては初となる、JBL(日本バスケットボールリーグ)プレイヤーとなりました。

入団した年にチームはリーグ優勝を果たしますが、並里成選手の出場機会はとても少なく、そのことから翌シーズンは契約更新をしませんでした。

NBAに挑戦→「琉球ゴールデンキングス」入団

「リンク栃木プレックス」を退団した並里成選手はNBAへ挑戦しようと試みましたが、当時のNBAはロックアウト状態にあり、選手契約につなげるためのプレシーズンすら行われていない状態であったため、NBA挑戦を断念。

bjリーグのトライアウトも既に終了していましたが、特例措置により現在所属している「琉球ゴールデンキングス」へ入団しました。

その後、2011-12シーズンでは「キングスのリーグ優勝」に貢献、2012-13シーズンでは「bjリーグのベストファイブ」に選出されました。

NBAに再挑戦→キングスと再契約

2012-13シーズン終了後、NBAに再挑戦するために渡米。

「NBAデベロップメント・リーグ」のドラフト候補となるも、残念ながら指名獲得とはなりませんでした。

その後、2014年2月にキングスと再契約を結び、2013-14シーズン途中から16試合に出場し、チームをリーグ優勝へと導きました。

キングスから「大阪エヴェッサ」へ移籍→NBA再々挑戦へ

2014-15シーズンまではキングスでプレイしていましたが、2015-16シーズンからは「大阪エヴェッサ」へ移籍。

2015-16シーズン終了後、NBAへ再々挑戦し「Dリーグのドラフト指名候補」になるも、指名されることはありませんでした。

「滋賀レイクスターズ」に入団

NBA再々挑戦後、帰国した並里成選手は2016年11月に「滋賀レイクスターズ」に入団し、2018年まで同チームでプレイしました。

スポンサーリンク

「琉球ゴールデンキングス」に3年ぶりに復帰!

2018年に並里成選手は我らが「琉球ゴールデンキングス」に復帰しました

2018-19シーズンが開幕し、さっそく大活躍しているようですが、またシーズン終了時にはNBAに挑戦するのでしょうか?これからの”ファンタジスタ”並里成選手の活躍に注目ですね!

2020-2021シーズンも『琉球ゴールデンキングス』で継続してプレー

並里成選手が2020-2021シーズンも『琉球ゴールデンキングス』で継続してプレーしてくれることがわかりました。

新型コロナウイルスの影響で前シーズンが途中終了してしまったことをうけて、2020-2021シーズンは例年よりも1試合1試合をしっかり戦わなければと考えているとのこと。

自分が沖縄にキングスに帰ってきた意味を改めて意識し、勝利を積み重ねていけるように努めるとコメントされていました。

2020-2021シーズンの「MIP賞」を獲得!

2021年6月4日、並里成選手が2020-2021シーズンの「MIP賞」を獲得したことがわかりました!

下記は琉球ゴールデンキングス公式サイトに掲載されている並里成選手のコメントです。

このような賞をいただけた事をすごく嬉しく思っています。自分のストロングポイントはアグレッシブにいく事と、強気でチームを引っ張って、強気に攻める事だと思っています。沖縄アリーナもできて、身が引き締まる思いでプレーしていました。そして、子どもたちには、ここでプレーするプロ選手たちを見て、バスケットを好きになってもらって、奥の深いバスケットを研究し、日々成長していってほしいなと思っています。今シーズンは目標とする結果がではなかったですが、来シーズンはしっかり結果出せるよう、頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。(琉球ゴールデンキングス公式サイト)よりコメント引用

2021-2022シーズンも『琉球ゴールデンキングス』で継続してプレー

並里成選手が2021-2022シーズンも『琉球ゴールデンキングス』で継続してプレーしてくれることがわかりました。

下記は琉球ゴールデンキングス公式サイトに掲載されている並里成選手のコメントです。

バスケット通じて全国の皆さんに琉球ゴールデンキングスの良さを知ってもらうように僕の全てをこのチームに捧げて、またキングスの歴史をファンの皆さんと共に作っていきたいと思ってます。今シーズンも宜しくお願いします。(琉球ゴールデンキングス公式サイト)よりコメント引用

並里成選手の年俸は?

並里成選手の年俸は?

スポーツ選手といえば気になるのが年俸ですよね。並里成選手クラスのプロ選手はいくらぐらい貰っているのでしょうか?

以前に紹介したキングスの元キャプテン「岸本隆一選手」で推定2,000万~3,000万程と予想させていただきましたが、岸本選手は日本代表経験者かつキャプテンも務めていますので、これよりも少し少ないぐらいが並里選手の年俸になるのではないかと考えられます。

推定1,000-1,500万円ぐらいは貰っているのではないのでしょうか?

2019年6月4日追記

2019年6月3日、千葉ジェッツの「富樫勇樹選手」がBリーグ初の1億円プレイヤーになることがわかりました!

更にB1リーグ所属の日本人選手の平均年俸が1,310万円、日本代表Bリーガーの平均年俸が3,000万円ということが明らかになりましたね。

このことを踏まえて並里成選手の年俸を予想し直すと、過去の実績からB1リーグ所属の日本人選手の平均年俸1,310万円よりは貰っているはずですので、2,000万円-2,500万円の間になるのではないかと思われます。

並里成選手 プロフィール等

  • 本名:並里 成(なみざと なりと)
  • 生年月日:1989年8月7日
  • 出身校:コザ中学校→福岡第一高校→サウスケントスクール卒業
  • 職業:プロバスケットボール選手
  • ポジション:ポイントガード
  • 身長:173cm
  • 体重:72kg
  • Instagram:「narito7
  • Twitter:

並里成選手のバッシュは?

キングスのファンタジスタ愛用のバッシュはASICS「GEL TRIFORCE SO」でした。(*上画像はタイプ違いのものです)

並里選手は靴の中で足が動くのが嫌だという理由から、アッパーやソールが硬めのバッシュを選んだと語っていました。

かかとのホールドがしっかりしており、爪先の第一関節の動かしやすさもこのバッシュを選んだ要因の一つのようです。

また、並里選手の得意とする左右への切り返しにも硬めのバッシュはあっているようです。

並里成選手は結婚しているの?

EXILEにいても違和感がない程、男前の並里成選手ですがご結婚はされているのでしょうか?

調べてみたところ、並里選手は一度ご結婚されていて、2015年に離婚。現在はシングルファーザーとして、一人息子の「タイラーくん」を育てているようです。

タイラーくんはよくSNSでも登場していますね。息子さんということで、バスケットを教えるのかなども気になるところですが、このあたりは残念ながら情報なしでした。

並里成選手 まとめ

  • 並里成選手は「琉球ゴールデンキングス」に所属しているプロバスケットボールプレイヤー。
  • ポジションは岸本隆一選手と同じポイントガード、観戦時は”ファンタジスタ”のプレイに注目!
  • 2021-2022シーズンも『琉球ゴールデンキングス』で継続してプレーすることが決まった。

コメント

  1. 匿名 より:

    並里成の天才感が好き

  2. 匿名 より:

    19-20シーズンのBリーグの平均年俸は1610万で代表クラスは4500万。人件費が高いキングスだと並里や岸本はもっと年俸は高いと思いますね

【サイトSNS】
Twitter Instagram
Facebook Pinterest
RSS
タイトルとURLをコピーしました