NAGISA[なぎさ](与那原町)ラーメンファンを唸らせる醤油&煮干しラーメン!

NAGISA(ナギサ) ラーメン
この記事は約6分で読めます。

この記事では2019年2月に与那原町にオープンした、ラーメンファンを唸らせる醤油&煮干しラーメンの名店『NAGISA(なぎさ)』を紹介しています。

「おすすめメニュー」や「ラーメン、チャーシューの特徴」「詳細な店舗情報」などをまとめてみましたのでご覧ください!

こちらのお店は営業時間が何度か変更されています。
2021年6月現在は下記の営業時間となっています。
・「火・水・木」11:30~14:30 / 18:30~21:00
・「土・日」11:00~16:00
・「定休日」月曜日、金曜日
スポンサーリンク

NAGISA(なぎさ)とは?

NAGISA(なぎさ)店頭写真

『NAGISA(なぎさ)』店頭写真

NAGISA(ナギサ)は2019年2月に与那原町にオープンした、ラーメンファンを唸らせる激ウマラーメンを提供するお店です。

化学(旨味)調味料・添加物を一切使用していないこだわりの「醤油らーめん」と「煮干しラーメン」がメインのお店となっており、これに加えて「季節の限定麺」などが提供されることもあります。

NAGISA(なぎさ)メニュー(左)食券機(右)

『NAGISA(なぎさ)』メニュー(左)食券機(右)

NAGISA(なぎさ)での注文は「食券方式」となっており、来店してまずは食券機でお好みのメニューの食券を購入します。

上画像のメニューは少し古いものになっており、2021年6月現在はらーめんの価格が全体的に「100円~130円程値上げ」されているようです。

らーめん以外にも「季節の炊き込みご飯」や「チャーシューご飯」などのご飯物、「バニラアイス」「柚子ソルベ」などの甘味も用意されています。

ラーメン店でよく見かける「餃子」や「替え玉」は2021年6月現在は用意されていないようです。

NAGISA(なぎさ)店内の雰囲気 テーブル席(左)カウンター席(右)

『NAGISA(なぎさ)』店内の雰囲気 テーブル席(左)カウンター席(右)

上画像は『NAGISA』の店内の雰囲気です。

店内は清潔感があってとても綺麗です♪ 外の光もたくさん入ってくる明るい雰囲気のお店となっていました♪

お席は「カウンター席(6席)」と「テーブル席(4人掛け×2/2人掛け×1)」が用意されています。

ここからは『NAGISA(なぎさ)』の「おすすめメニュー」や「詳細な店舗情報」を項目ごとに紹介していきます!(各項目をクリックでジャンプできます)

スポンサーリンク

NAGISA(なぎさ)おすすめメニュー

NAGISA(なぎさ)らーめんの説明

『NAGISA(なぎさ)』らーめんの説明

こちらではNAGISA(なぎさ)のおすすめメニューを紹介しています。

NAGISAの醤油らーめんには”沖縄県産の山原地鶏のガラ”、チャーシューには”沖縄県産豚の肩ロース”と、沖縄県産食材が使用されているのは嬉しいですね♪

その他の食材も日本各地から厳選したものを使用しているようで、ラーメンファンが唸るのも頷けます!

味玉醤油らーめん

NAGISA(なぎさ)味玉醤油らーめん

『NAGISA(なぎさ)』味玉醤油らーめん

最初におすすめするのは『味玉醤油らーめん』です。

見た目も美しい醤油らーめんにまろやかな味わいの温玉をトッピングした味玉醤油ラーメンは、鶏ダシの旨味と醤油の香りが最高な一杯となっています♪

さっぱりとした上品な味わいですが、旨味もしっかりと感じられる本当に完成度の高いらーめんでした!

チャーシューは真空低温調理した県産肩ロースで、これまた柔らかくて激ウマです!価格は950円

特製煮干しらーめん

NAGISA(なぎさ)特製煮干しらーめん

『NAGISA(なぎさ)』特製煮干しらーめん

次におすすめするのは『特製煮干しらーめん950円→1,080円)』です。

NAGISAの煮干しらーめんは煮干しの良い風味を残しつつ、エグみを感じさせない研究し尽くされた一杯となっています♪

県産の豚骨やソーキをじっくり炊いて抽出した、旨みたっぷりのスープとの相性も抜群◎

『特製(全部のせ)らーめん』には真空低温調理した県産肩ロース・窯で吊るし焼きにしたもの・柔らかく煮込んだバラ肉の「3種類のチャーシュー」+「温玉」「のり2枚」「青菜」が贅沢にトッピングされています。

どのチャーシューも結構な厚切りで、お肉を食べたい欲求も満たしてくれる一杯でした。

チャーシューご飯

NAGISA(なぎさ)チャーシューご飯

『NAGISA(なぎさ)』チャーシューご飯

最後におすすめするのは、ご飯ものから「チャーシューご飯(320円)」です。

お店自慢のチャーシュー(薄切り)が白飯の上にたくさんのせられています。320円とは思えないお肉の量で、とてもお得な一品でした♪

少量のゴマ油もいい仕事をしています◎ お腹に余裕がある時はらーめんと一緒に是非!

スポンサーリンク

NAGISA(なぎさ)店舗情報

NAGISA(なぎさ)店舗情報

こちらはNAGISA(なぎさ)の店舗情報です。

  • 住所:沖縄県島尻郡与那原町字与那原3853
    ※「知念高校」正門の向かい
  • 駐車場:あり
    (無料/店舗正面+左手に計5台)
  • 電話番号:不明
  • 休み:月曜日、金曜日
  • 営業時間
    「火・水・木」
    ランチ:11:30~14:30
    ディナー:18:30~21:00
    「土・日」
    11:00~16:00
  • オープン日:2019年2月
  • 席数:15席
  • お店の公式Twitter:「@NAGISA05955863

NAGISA(なぎさ)周辺地図

こちらはNAGISA(なぎさ)周辺の地図です。

NAGISA(なぎさ)まとめ

  • NAGISA(なぎさ)は2019年2月に与那原町にオープンした、ラーメンファンを唸らせる激ウマラーメンを提供するお店。
  • 「醤油らーめん」と「煮干しラーメン」がメイン。
  • おすすめメニューは「味玉醤油らーめん」「特製煮干しらーめん」「チャーシューご飯」の3つ。
NAGISA(なぎさ)近くのおすすめ店
うさぎ(与那原町)昼はうどん、夜は居酒屋!アゲアゲめしでも紹介された人気店!
この記事では与那原町にあるランチは手打ちうどんがメインの「食堂」、ディナータイムは「居酒屋」として利用できるお店『うさぎ』を紹介しています。「おすすめメニュー」や「詳細な店舗情報」をまとめてみましたのでご覧ください!
民芸食堂(与那原町)沖縄そばのルーツ「唐人そば」もあり!手打ち麺が旨い店!
この記事では与那原町の中心地「えびす通り」にある沖縄そば専門店『民芸食堂』を紹介しています。「おすすめメニュー」や「詳細な店舗情報」をまとめてみましたのでご覧ください!
与那原家のおすすめメニューは?ランチにも最適な沖縄そば専門店!
この記事では与那原町にある沖縄そばの専門店『与那原家』を紹介しています。「全メニュー表の画像」「おすすめメニュー」「駐車場情報」「店舗情報」など、与那原町の人気店を細かく紹介していきます!
お肉の台所1129(沖縄/与那原町)食べ放題のおすすめメニューや駐車場などの詳細な店舗情報をご紹介!
この記事では与那原町にある焼肉食べ放題がメインのお店『お肉の台所1129』を紹介しています。「食べ放題で食べられるおすすめのお肉(部位)」や「駐車場などの詳細な店舗情報」をまとめてみましたのでご覧ください!
ボヌール 与那原町にある老舗ケーキ店の駐車場情報やメニューを紹介します!
与那原町にある老舗ケーキ店「ボヌール」の駐車場情報やメニューを写真付きで紹介しています。
NAGISA(なぎさ)近くの有名観光地
斎場御嶽(せいふぁーうたき)の営業時間や料金は?沖縄の聖域を正しく理解し、パワーをもらおう!
斎場御嶽(せいふぁーうたき)の「歴史」や「楽しみ方」、「営業時間」や「料金」等をご紹介しています。
知念城跡 駐車場もあり 静かな時間の流れる穴場グスク
当記事では、沖縄県南部の南城市知念にある知念城跡をご紹介しています。 観光客があまり訪れない場所にある穴場的な城跡です。このページでは、知念城跡の駐車場や歴史などをまとめています。
垣花樋川への行き方や駐車場情報!全国名水百選にも選ばれたパワースポット!
この記事では、沖縄県南部の南城市にある垣花樋川(かきのはなひーじゃー)についてをまとめています。 全国名水百選にも選ばれた、美しい水が流れるパワースポットへの「行き方」や「駐車場情報」などをまとめましたのでご覧下さい。
玉城城跡 歴史ある城跡の駐車場の場所やみどころなどご紹介!
当記事では、沖縄県南城市にある玉城城跡(たまぐすぐじょうあと)をご紹介しています。 遠くから見るとぽっかり空いた大きな穴が特徴的な城跡です。 この記事では、玉城城跡の歴史や城門までの道のり/駐車場などをまとめています。
おきなわワールド ハブ!エイサー!鍾乳洞!沖縄の魅力を堪能!
当記事では、沖縄県南部にある玉泉洞という鍾乳洞で有名なおきなわワールドをご紹介しています。鍾乳洞はもちろんハブとマングースのショーやエイサーなど、沖縄ならではの体験ができるオススメのテーマパークをご覧下さい。 おきなわワールド...

ナギサラーメン / 首里駅

昼総合点★★★★ 4.5

コメント

【サイトSNS】
Twitter Instagram
Facebook Pinterest
RSS
タイトルとURLをコピーしました