ぎのわんゆいマルシェ 食堂の営業時間は?コスパ最強の海鮮丼が食べられるスポット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事では、2019年7月5日放送分の「アゲアゲめし」に登場した、宜野湾市大山にある『ぎのわんゆいマルシェ』内の食堂をご紹介しています。
「各食堂の営業時間は?」「アゲアゲめしで紹介されたメニューはどれ?」「コスパ最高の海鮮丼が食べられるって本当?」などをまとめてみました!

ぎのわんゆいマルシェとは?

『ぎのわんゆいマルシェ』外観

ぎのわんゆいマルシェは、宜野湾市大山の宜野湾新漁港近くにある「農産物/海産物」の直売所と「食堂(4店舗)」が入った施設です。

『農産物直売所』では、様々な種類の県産野菜を格安で購入することができ、『海産物直売所』では新鮮なお魚を一匹まるごと購入することもできます。(調理も可)

また『海産物直売所』の建物内には「ジョニー宜野湾」さんと「嘉数ゆり」さんが出演する、沖縄の人気グルメ番組「アゲアゲめし」でも紹介(2019年7月5日放送分)された、コスパ最強食堂が4軒もあり、お得なお魚料理やガッツリ飯を楽しむことができます。

今回は『ぎのわんゆいマルシェ』内にある、コスパ最強食堂(全4軒)の「アゲアゲめしで紹介されたおすすめメニュー」「営業時間などをご紹介していきます!(↑の”目次”を使うと、お好きな場所にすぐジャンプできます)


海産物食堂 琉球 宜野湾店(鮮魚と魚の唐揚げ 琉球)

『海産物食堂 琉球 宜野湾店(鮮魚と魚の唐揚げ 琉球)』 店舗写真

まず最初にご紹介するのが『海産物食堂 琉球 宜野湾店(鮮魚と魚の唐揚げ 琉球)』さんです。

海産物直売所側の入口から入ってすぐ右手にある店舗で、海鮮系メニューが充実しており、特に「海鮮丼」と「海鮮ひつまぶし」が人気のお店です。

『海産物食堂 琉球 宜野湾店』メニュー

店舗の前には、上記写真の様に数え切れないほどのメニューが書かれています。

お寿司に、魚のフライ、バター焼きなど新鮮なお魚を様々な調理方法で食べることができ、どのメニューもボリュームたっぷりで低価格です。

更に時間は決まっていないようですが、お昼前(12時前)にはタイムサービスが行われることもあり、特定のメニューが100円引きとなります。

注文は事前支払い制で、好みのメニューをカウンターで注文した後、料理が完成したら音が鳴る機械(フードコートなどで使用されているものと同じ)を渡されるシステムです。

『海産物食堂 琉球』のアゲアゲめしで紹介されたメニュー

こちらは「アゲアゲめし」放送時に紹介された『海産物食堂 琉球』さんのメニューです。

  • 豪快海鮮丼」 1,400円(税込)
    うに、いくら、あわび、いか、サーモン、白身魚などなど、ご飯が見えない程のお刺身がのった海鮮丼です。
    お刺身が相当好きな人でないと、食べきれないかもしれない量でした(笑)
    通常サイズの「海鮮丼(並)700円」と「海鮮丼(上)1,100円」も選べます!
  • 海鮮ひつまぶし」 1,100円(税込)
    変わり種メニューの「海鮮ひつまぶし」。
    1杯目はそのまま【海鮮丼】として、2杯目は一番上にのったウニを混ぜ合わせて【ウニご飯】にして、最後の3杯目は全体にダシをかけて【ダシ茶漬け】で頂くというものです。
    これもご飯が見えないぐらい、沢山の海鮮がのせられていて美味しそうでしたよ♪

『海産物食堂 琉球』の営業時間

ここでは『海産物食堂 琉球』さんの営業時間を書いています。

  • 営業時間:11:00-18:30(毎日この時間)
  • 定休日:不定休


がぶり食堂

『がぶり食堂』店舗写真

続いてご紹介するのが、『がぶり食堂』さんです。

『海産物食堂 琉球』さんのすぐ隣にあるお店で、お肉系や揚げ物、天ぷらのメニューが充実しているのが特徴です。

『がぶり食堂』メニュー

メニューは、上記画像に写っているものでほぼ全てです。

注文は事前支払い制で、好みのメニューをカウンターで注文した後番号札が渡され、お席まで店員さんが料理を持ってきてくれます。

看板メニューは、平日(月曜日から金曜日)に100円引きになる「サイコロステーキセット(通常850円が平日は750円)」です。

どのメニューも「この価格でこんなに!」という量で提供されるお店で、私は「天丼(大)850円[下画像]」を食べたのですが、ご飯にたどり着くまでかなり手こずりました(笑)

天丼(大)850円 ミニ沖縄そば(無料)付き

もりもりですね。
天ぷらは「エビ2本」「イカ1本」「白身魚2本」「カボチャ1個」「いんげん?1本」がのっていました。

しかし、画像を見ていただくとおわかり頂けるかと思いますが、一口食べてみるまでどれがどのてんぷらか判別不可というワイルドさ。

肝心のお味は、ちょっと天つゆが薄いかなーと感じましたが、天ぷらはサクサクで美味しかったです。

『がぶり食堂』のアゲアゲめしで紹介されたメニュー

こちらは「アゲアゲめし」放送時に紹介された『がぶり食堂』さんのメニューです。

  • 牛のっけごはん 700円(税込)
    ジョニー宜野湾」さんが気に入っていたお料理です。
    長細いお皿に盛り付けられたご飯の上に、玉ねぎと一緒に炒められた味付けお肉がのっています。
    薄切りのお肉ではなく、ステーキのような大きいお肉なのが特徴です。
  • なんこつソーキシチュー温玉丼」 700円(税込)

    『なんこつソーキシチュー温玉丼』ミニ沖縄そば(無料)付き 700円(税込)

    こちらのメニューは「アゲアゲめし」放送後に食べてきました。
    とろとろのソーキが入ったシチューをご飯の上にかけたお料理です。
    お味はまさに「想像通りの味」です(笑)
    お肉は凄く美味しかったのですが、お野菜は油通ししたものを後からのせるため、野菜そのままの味です。
    温玉は味変に使おうと取っておくとシチューの熱で固まり、ただの目玉焼きになってしまいますので注意が必要です。

『がぶり食堂』の営業時間

ここでは『がぶり食堂』さんの営業時間を書いています。

  • 営業時間:11:00-16:00(毎日この時間)
  • 定休日:お盆、正月


えいと食堂

『えいと食堂』店舗写真

3軒目にご紹介するのが『えいと食堂』さんです。

『海産物食堂 琉球』さんの向かいにあるお店で「THE・沖縄の食堂」というメニューが揃います。

『えいと食堂』メニュー

上記画像が『えいと食堂』さんのメニュー(この他にも、後少しメニューがあります)です。

注文は食券制で、好みのメニューを券売機で購入して店員さんに手渡すと、お席まで店員さんが料理を持ってきてくれます。

「ポークたまご 550円」「Bランチ 750円」「沖縄そば各種 550円-600円」と、いかにも沖縄なメニューが揃います。

そのため、これと言った特徴はあまりないのですが、かなりの人気店でお昼時はほぼ満席になるようです。

『えいと食堂』のアゲアゲめしで紹介されたメニュー

こちらは「アゲアゲめし」放送時に紹介された『えいと食堂』さんのメニューです。

  • カツ丼」 650円(税込)
    「アゲアゲめし」では、なぜこのメニューをチョイスしたんでしょう?普通の定食屋のカツ丼という感じでした(笑)一番売れている商品なのでしょうか?

『えいと食堂』の営業時間

ここでは『えいと食堂』さんの営業時間を書いています。

  • 営業時間:10:30-18:00(毎日この時間)
  • 定休日:お盆、正月


新垣(アラカキ)食堂

最後にご紹介するのが『新垣(アラカキ)食堂』さんです。

ぎのわんゆいマルシェ内の食堂の中では、一番小さな食堂で『がぶり食堂』さんの隣にあります。

こちらも沖縄の一般的な食堂というメニューが並んでいました。

店頭では揚げたての「サーターアンダギー 70円」なども販売されています。

『新垣(アラカキ)食堂』のアゲアゲめしで紹介されたメニュー

こちらは「アゲアゲめし」放送時に紹介された『新垣(アラカキ)食堂』さんのメニューです。

  • 天丼セット」 700円(税込)
    たくさんのてんぷらがのった、お得な天丼セットです。

『新垣(アラカキ)食堂』の営業時間

ここでは『新垣(アラカキ)食堂』さんの営業時間を書いています。

  • 営業時間:10:00-18:00
  • 定休日:第2、第4木曜日

ぎのわんゆいマルシェ『農産物直売所(ファーマーズマーケット)』の営業時間は?

ぎのわんゆいマルシェ『農産物直売所(ファーマーズマーケット)』の営業時間は『9:00-19:00です。

定休日は「年始の3日間(1月1日から1月3日)」と「旧盆の最終日(ウークイ)」となります。


ぎのわんゆいマルシェ施設情報

こちらは、ぎのわんゆいマルシェの施設情報です。

  • 住所:沖縄県宜野湾市大山7丁目1350-81
  • 営業時間:9:00-19:00(店舗により異なる)
  • 駐車場:有(無料)
  • 電話番号:098-943-1826(JAおきなわ 宜野湾ファーマーズマーケット はごろも市場)
  • 休み:正月中の3日間、旧盆中の1日休業(店舗により異なる)
  • 公式ホームページ:「ぎのわんゆいマルシェ


ぎのわんゆいマルシェ周辺地図

こちらは、ぎのわんゆいマルシェ周辺の地図です。

ぎのわんゆいマルシェ巡りまとめ

  • ぎのわんゆいマルシェは、宜野湾市大山の宜野湾新漁港近くにある「農産物/海産物」の直売所と「食堂」が入った施設。
  • 2019年7月5日放送分の「アゲアゲめし」で、ぎのわんゆいマルシェ内の食堂4店舗が紹介された。
  • 食堂4軒は全てコスパ◎なので、海鮮(丼)が食べたいときは『海産物食堂 琉球』、お肉が食べたいときは『がぶり食堂』、沖縄料理が食べたいときは『えいと食堂』か『新垣(アラカキ)食堂』がおすすめ!
  • 営業時間や定休日は、店舗によって異なるので注意が必要です!
   
> 1つ前のページへ戻る   

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

コメントを残す