スポンサーリンク

ジョニー宜野湾とは?あのCMに出てる人?本名や出演番組は?

ジョニー宜野湾アゲアゲめし
この記事は約5分で読めます。

この記事では沖縄のミュージシャン、ジョニー宜野湾さんをご紹介しています。

色々なCMに出ている沖縄の有名人ですが「気になる本名」や「これまでの経歴は?」などをまとめましたのでご覧下さい!うりひゃあ!

スポンサーリンク

ジョニー宜野湾とは?

ジョニー宜野湾さんは沖縄県宜野湾市出身のミュージシャンです。

1958年2月11日、次男坊として宜野湾市神山に生まれ、1979年にロックバンド「ハートビーツ」を結成。

1982年に上記バンドのギタリストとして、全国デビューを果たします。

その後、1986年に「ハートビーツ」が解散。帰沖し、JOHNNYからジョニー宜野湾に改名。

1998年に「県産品歌手」として、ソロ活動を開始。同年にCMでもおなじみの代表曲「うりひゃあでぇじなとん」を発売しています。

2012年には、神谷絵梨さん、堀川和歌子さんと「ジョニー宜野湾 & WALE WALE」というユニットを結成しています。

現在は以前ご紹介した、毎週金曜日の19:00から放送中の「アゲアゲめし(OTV)」に、モデルやリポーターとして活動中の「嘉数ゆり」さんと一緒に、メインリポーターとして出演されています。

ジョニー宜野湾さんの名前の由来

ジョニー宜野湾さんの本名は佐喜真 優(さきま まさる)さんと言い、「ジョニー宜野湾」というのは当然芸名です(笑)

ここでは、その特徴的な芸名の由来についてご紹介しています。

ジョニー宜野湾さんは昔、ハートビーツというバンドでギターを担当していたのですが、そのメンバー紹介の際に「ギター!さきま まさる!」と本名で呼ばれると”シマらない”ということで、あるライブの時に「今日から俺はジョニーだ!俺のことはジョニーと呼んでくれ!」と宣言したことから、ジョニーという名前が生まれたそうです。

なぜジョニーなのかというと、当時のロックバンドには必ずジョニーというメンバーがいたからとのこと。

この”ジョニー”に出身地の”宜野湾”がくっついて「ジョニー宜野湾」という芸名が誕生しました。

「うりひゃあでぇじなとん」ってどういう意味?

ジョニー宜野湾さんの代表曲「うりひゃあでぇじなとん」にはどういった意味があるのでしょうか?

沖縄県民の方はもちろんご存知かと思いますが、県外の方の為に説明を書いておきます。

「うりひゃあでぇじなとん」は沖縄の方言で「うりひゃあ」と「でぇじなとん」に分かれます。

「うりひゃあ」が驚いた時に思わず出てしまう言葉で、「うわー」とか「おお!」みたいな意味です。

「でぇじなとん」は「大変なことになった」という意味ですので、つなげると「うわー大変なことになった!」という意味になります。

「うわー大変なことになった!」凄い曲名ですね(笑)

スポンサーリンク

ジョニー宜野湾プロフィールなど

ジョニー宜野湾 ウクレレ

ジョニー宜野湾さんが東江メガネのCMに出演中!

まだ動画はアップされていないようですが、2019年6月半ば頃からジョニー宜野湾さんが東江メガネのCMに再度出演されています!

ジョニーさんは、メガネのイメージが強いですからね!相変わらずイケメンでした!

また動画が見つかり次第、ここに掲載しておきます!

ジョニー宜野湾さんのYouTubeチャンネルを発見

アガリエタウン 東江メガネCMソング

上記東江メガネのCMを探していたら、なんと『ジョニー宜野湾さんのYouTubeチャンネル』を発見しました。

登録日を見てみると2020年5月16日となっており、最近始めたばかりのようです♪

「ウクレレ講座」や「色々な曲のカバー」「ジョニ散歩」という街ブラ動画など、既にかなりの本数の動画がアップされていましたので、ジョニーさんファンは要チェックですよー!

スポンサーリンク

ジョニー宜野湾 まとめ

  • ジョニー宜野湾さんは沖縄県宜野湾市出身のミュージシャン。
  • もともとはロックバンド「ハートビーツ」のギタリストとしてデビュー。
  • 現在はCMやTV、ラジオ出演など幅広く活動中!
  • 2020年5月16日にYouTubeチャンネル(ジョニー宜野湾)を開設した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました