シャム(南城市)本格タイ料理レストランのランチメニューや店舗情報をご紹介!

シャム ランチ
この記事は約7分で読めます。

この記事では南城市玉城にある本格タイ料理レストラン『シャム』を紹介しています。

「おすすめのランチメニュー」や「詳細な店舗情報」をまとめてみましたのでご覧ください!

キジムナー
キジムナー

ほとんどの人がリピートする居心地の良いタイ料理店だよ♪

スポンサーリンク

シャムとは?

シャム 店頭写真

『シャム』店頭写真

シャムは南城市玉城にある本格タイ料理レストランです。

お店は2021年で27周年を迎え、お客さんの90%がリピーターの方々。オープンしてすぐに満席になることも多い、地元の方に愛されている人気店となっています。

沖縄県出身のご主人とタイ出身の奥様が切り盛りするお店で、ホールを担当する奥様の接客もとても落ち着けると好評です♪

提供されるタイ料理は『奥様のご実家の味』をベースとしており、その味を中華料理店やホテルのタイ料理店で経験を積んできたご主人が改良したものだそうです。

シャム 店内の雰囲気

『シャム』店内の雰囲気

お席は「テーブル席(4人掛け×4席)」と「座敷席(4~6人掛け×3席)」「テラス席(4人掛け×2席)」が用意されています

店内には”奥様手作りのランプ”や”タイの小物”がセンスよく置かれており、タイらしい雰囲気を味わいながらお食事をいただくことができます♪ 晴れた日にはテラス席でお食事ができるのもGOODです◎

選べるメニューも豊富で、世界三大スープの「トムヤムクン」や「グリーンカレー(ライス付)」「パッタイ」などの定番メニューから「パッヌア・パイカバウ(牛肉とバジル炒め)」や「トムカーガイ(チキンとココナッツのスープ)」といった珍しい料理までが揃っています。

ランチとディナーでメニューが少し変わります。ディナーの方が品数が増えます。

ここからはシャムの「おすすめランチメニュー」や「詳細な店舗情報」を項目ごとに紹介していきます!(各項目をクリックでジャンプできます)

スポンサーリンク

シャム おすすめランチメニュー

シャム ランチメニュー

『シャム』ランチメニュー

こちらではシャムのおすすめランチメニューを紹介しています。

お持ち帰り(テイクアウト)メニューも20品程用意されています。

カオパッ

シャム ガオパッ

『シャム』ガオパッ

最初におすすめするメニューはタイのチャーハン『カオパッ』です。

お米にはパラパラ食感がチャーハンによく合う「タイ米」を使用し、具材には「卵」「にんじん」「玉ねぎ」「豚肉」「パイナップル」等が使われています。

薄味ですがどこかやみつきになる旨味が特徴で、料理人のご主人の腕が感じられる一品。必ずまた食べてみたくなる激ウマチャーハンです♪

ちなみに中華風のチャーハンで私一番のおすすめは『担々亭(中城村)』の卵たっぷりチャーハンです!

チキンとカシューナッツ炒め

シャム チキンとカシューナッツ炒め

『シャム』チキンとカシューナッツ炒め

次におすすめするのが『チキンとカシューナッツ炒め(ライス付)』です。

こちらは「鶏肉」と「カシューナッツ」「たまねぎ」「パプリカ」などの野菜を海老やチリオイルを使った自家製ペーストで炒めたほんのり辛味がある料理となっています。

辛さはオーダー時に申告すれば調節可能です。

お肉や自家製ペーストなどの旨味とナッツの食感が最高の料理です♪

グリーンカレー

シャム グリーンカレー

『シャム』グリーンカレー

最後におすすめするのが『グリーンカレー(ライス付)』です。

シャムのグリーンカレーは具材が少し変わっていて「ナス」や「牛肉」「パプリカ」等が使用されています。

ルー(スープ)の優しいココナッツの風味とやわらかくてジューシーな「ナス」の食感、ガーリックが効いた「牛肉」の旨味、すべてが絶妙に絡み合う絶品グリーンカレーは外せない一品です。もちろん、タイ米との相性も抜群ですよ♪

ここまでがシャムのおすすめランチメニューになります!

今回はランチメニューから3つのおすすめメニューを紹介しましたが、定番の「パッタイ(850円)」や「トムヤムクン(850円)」など、ハズレ無しのタイ料理が揃う『シャム』へ是非一度行ってみてはいかがでしょうか?

シャム その他のメニューはこちら

こちらでは『シャム』のその他のメニューをまとめています。

シャムの公式フェイスブックページ】に投稿されていた画像を一覧表にしたものです。
『シャム』メニュー一覧(2020年5月現在)
チャーハン 750円 タイ風雑炊 850円
タイ風焼きそば 850円 ソムタム 800円
チキンカレー 900円 エビ香草サラダ 1,100円
グリーンカレー 1,000円 チキンと生姜サラダ 900円
タイ風そば 800円 ラープ 900円
春巻 750円 トムヤムクン 850円
手羽餃子 1,100円 トムカーガイ 800円
カシューナッツ炒め 900円 ムール貝の香草蒸し 900円
牛肉バジル炒め(ガパオ) 900円 魚唐揚げ特製ソース 1,350円
ホタテの自家製ソース炒め 1,000円 エビカレー炒め 1,100円
イカのチリソース炒め 950円 青菜炒め 750円
スポンサーリンク

シャム 店舗情報

シャム 店舗情報

こちらはシャムの店舗情報です。

  • 住所:沖縄県南城市玉城字富里136-1
  • 駐車場:あり(無料/5台程度)
  • 電話番号:098-948-2057
  • 休み:月曜、第4日曜、お盆、お正月
  • 営業時間
    ランチ:11:30~14:30
    ディナー:17:00~22:00
  • お店のFacebookページ:「Siam Thai Restaurant レストランシャム
  • 席数:「テーブル席(4人掛け×4席)」「座敷席(4~6人掛け×3席)」「テラス席(4人掛け×2席)」
  • テイクアウト(持ち帰り):可
  • デリバリー(配達):不可

シャム 周辺地図

こちらはシャム周辺の地図です。

シャム まとめ

  • シャムは南城市玉城にある本格タイ料理レストラン。
  • 2021年で27周年。オープンしてすぐに満席になることも多い、地元の方に愛されている人気店。
  • ランチとディナーで選べるメニューは変わる。ディナーの方が品数多め。
  • おすすめランチメニューは「カオパッ」「チキンとカシューナッツ炒め」「グリーンカレー」の3つ。
シャム 近くのおすすめ店
沖縄そば金太郎(南城市)のおすすめメニューは?そー麺(二郎系ラーメン)が食べられる人気店!
この記事では南城市にある沖縄そばの生麺を使った「二郎インスパイア系ラーメン」がいただけるお店『沖縄そば金太郎』を紹介しています。「おすすめメニュー(そー麺以外も!)」や「詳細な店舗情報」をまとめてみましたのでご覧ください!
カフェくるくま 南城市にある本格タイ料理と絶景が楽しめる人気店!
南城市にある人気店「カフェくるくま」のおすすめメニューや店内の雰囲気を写真付きで紹介しています。
ピザ喫茶ミモザの木(南城市)沖縄南部屈指の絶景カフェ!ピザの値段やメニュー、店内の雰囲気など総まとめ!
当記事では南城市小谷にある「絶景」と「絶品ピザ」が楽しめるカフェ『ピザ喫茶ミモザの木』を紹介しています。「おすすめメニュー」や「詳細な店舗情報」をまとめてみましたのでご覧ください!
チャーリーレストラン 南城市にあるアップルパイが激ウマのお店
この記事では沖縄県南城市にあるチャーリーレストランを紹介しています。地元民に愛されるレトロな雰囲気の老舗レストランですが「アップルパイ」がとても有名ということで、今回はアップルパイだけを買いに行ってきました。
まんぷく食堂(南城市)持ち帰りメニューも充実!牛汁が旨い店!
南城市にある人気店「まんぷく食堂」のメニューやテイクアウト情報、店内の雰囲気などを写真付きで紹介しています。
シャム 近くの有名観光地
斎場御嶽(せいふぁーうたき)の営業時間や料金は?沖縄の聖域を正しく理解し、パワーをもらおう!
斎場御嶽(せいふぁーうたき)の「歴史」や「楽しみ方」、「営業時間」や「料金」等をご紹介しています。
おきなわワールド ハブ!エイサー!鍾乳洞!沖縄の魅力を堪能!
当記事では、沖縄県南部にある玉泉洞という鍾乳洞で有名なおきなわワールドをご紹介しています。鍾乳洞はもちろんハブとマングースのショーやエイサーなど、沖縄ならではの体験ができるオススメのテーマパークをご覧下さい。 おきなわワールド...
ガンガラーの谷へのアクセスや服装 沖縄で異世界感NO.1のパワースポット!
当記事では、沖縄県の南部にある鍾乳洞が崩れた谷間にできた、手付かずの大自然が体感できるガンガラーの谷へのアクセス方法や訪れる際の服装などをご紹介しています。 異世界感が凄い神秘のパワースポットをご覧ください。
玉城城跡 歴史ある城跡の駐車場の場所やみどころなどご紹介!
当記事では、沖縄県南城市にある玉城城跡(たまぐすぐじょうあと)をご紹介しています。 遠くから見るとぽっかり空いた大きな穴が特徴的な城跡です。 この記事では、玉城城跡の歴史や城門までの道のり/駐車場などをまとめています。
知念城跡 駐車場もあり 静かな時間の流れる穴場グスク
当記事では、沖縄県南部の南城市知念にある知念城跡をご紹介しています。 観光客があまり訪れない場所にある穴場的な城跡です。このページでは、知念城跡の駐車場や歴史などをまとめています。

シャムタイ料理 / 南城市)

昼総合点★★★☆☆ 3.6

コメント

【サイトSNS】
Twitter Instagram
Facebook Pinterest
RSS
タイトルとURLをコピーしました