かでかる 与那原町にある美しく激ウマのワンタン麺のお店 ※2018/11/6更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事では、与那原町にある味も見た目も最高の激ウマワンタン麺が食べられるお店【支那そば かでかる】さんに訪れた際の味の感想やお店の雰囲気、メニュー、店員さんの対応などをまとめています。
※2018/7/20店舗移転情報を追記。

支那そばかでかるとは?

支那そば かでかる】さんは与那原町にあるワンタン麺が有名なお店。

グルメサイトなどでも高評価を多く獲得している名店で、自家製麺を店舗にある製麺所で作るこだわりの支那そばが自慢。
わんたんめんの他には「坦々麺」や「つけそば」や「焼きわんたん」等も楽しめます。

支那そばってなんなの?

「支那そばって中華そば、ラーメンとなにが違うんだ?」と食べながらふと思ったので調べて見ました。

「支那」も「中華」も中国を意味する言葉ですが、戦後「支那」→「中華」と呼び方が変化しました。
地域ごとにラーメンが普及する時代が違っていて、その時代の中国の呼び方で「支那そば」「中華そば」と呼ばれるようになったとのことで、全部一緒なんですね。

ですので、答えは「支那そば」=「中華そば」=「ラーメン」です。
私は今回調べるまで、すべて別物と思っていました(笑)

店名の由来?

店名が【かでかる】って「ここは与那原ですけどー!」と思い調べて見たら、店名の由来は店主さんが嘉手苅さんだからとのこと。なるほど。

かでかるのメニュー

かでかるさんのメニューがこちらです。
全ての麺メニューは同じお値段でしお味に変更可能とのことで、
もう一度行きたくなっちゃいますよね。

料金は少しお高めのような気がしますが、量が多く、何より味のクオリティが高いので納得のお値段でした。

【麺の小盛り】が50円引きで用意されているのも良いですね!
特にわんたんめんは大ボリュームになりますので、【麺小盛り】にするとちょうど良いかもです。

特製焼豚わんたんめん

今回私が注文したのがコチラの特製焼豚わんたんめん(1120円)です。麺が見えません(笑)なかなかの大ボリュームですよね!

チャーシューが6枚、肉わんたん3個、えびわんたん2個が麺の上にどーんと乗っています。
ちなみに特製と通常の違いは「えびわんたん」が入るかどうかです。

おつまみメニュー

坦々麺は壁に貼られたメニューに書いてありました



味はどうなの?

さて肝心のお味ですが、ここでは麺、スープ、焼豚(チャーシュー)、わんたんと項目ごとに書いていきたいと思います。

  • ・・・麺は自家製麺でストレートの細麺。
    ほど良くコシがあってとてもおいしいです。
  • スープ・・・煮干が効いたしょうゆ味。
    口コミでも皆さん仰っていますが、本当に上品な味です。
    テーブルにある胡椒やコーレーグースはまずは入れずにスープを飲んでみることをオススメします!
  • 焼豚・・・ローストされておりプルプルした食感でやわらかくて、味濃い目。あっさりしたスープとよく合います。
  • わんたん・・・生姜が良く効いていておいしいです!餡がしっかりしていて、肉わんたんは肉々しく、えびはぷりっぷり!熱いので火傷注意!わんたん麺が有名なだけあっておいしいと思います。

あっさりしたスープでとても食べやすくおいしいかでかるさんのラーメンですが、あっさり味の為に後半飽きてしまう方もいるかもしれません。

そんな時は、胡椒や沖縄ならではのコーレーグース、無料の揚げネギ、揚げニンニクなどで味変してみると良いと思います!

無料の揚げネギと揚げニンニクは店員さんに声をかけると持ってきてくれます。

お店や店員さんの雰囲気

店内は清潔感があって美しいラーメンが出てくるのも納得。

店員さんも私が訪れたときにいらっしゃった女性の方は愛想の良い方のようで、別のお客さんに丁寧にメニューの案内をしており好印象でした。

かでかる 店舗情報

  • 旧住所:
  • 新住所:沖縄県中頭郡西原町上原2-11-1 1F
  • 駐車場:有(店舗前4台)
  • 電話番号:098-946-1775
  • 営業時間:11:30-15:00(火-日) 18:00-21:00(火-土)
  • 休み:月曜日
  • クレジットカード:利用不可

かでかる周辺地図

移転後の「かでかる」周辺地図です。

かでかる巡りまとめ

  • かでかるさんは与那原町にあるわんたん麺が有名は名店。
  • クオリティの高いあっさりしたスープはリピートしたくなること間違いなし!
  • 大人気店のため、麺が売り切れ閉店となることもあるようです。




   
     

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

コメントを残す