ユニカード(UNICARD) ユニオンの電子マネー付ポイントカードの発行方法や有効期限、還元率などを総まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、2019年9月16日から利用開始となる「フレッシュプラザユニオン」の電子マネー付ポイントカード『ユニカード(UNICARD)』について書いています。
ユニカード(UNICARD)の「発行方法」「還元率」「使い方」「有効期限」などを詳しく調査してみましたので、ご覧下さい!

ユニカード(UNICARD)とは?

ユニカード(UNICARD)は、2019年9月9日より発行受付を開始し、2019年9月16日から利用開始となる「フレッシュプラザユニオン」の電子マネー付ポイントカードです。

「UNION(ユニオン)」は、24時間営業&商品価格も安いスーパーマーケットとして、沖縄県民を支えています。

しかし、これまでは支払い方法が『現金と商品券のみ』で不便だという声がたくさん挙がっていたようです。

そんな「UNION(ユニオン)」が、この度導入することとなったのが、電子マネー付ポイントカードの『ユニカード(UNICARD)』です!

この『ユニカード(UNICARD)』が、沖縄県民に広く使われるようになれば「ポイント還元がない」「支払いが他のスーパーと比べて面倒」という、ユニオンの2つのマイナスポイントを一気に払拭し、これまで以上に便利なスーパーマーケットとなることでしょう。

なお『ユニカード(UNICARD)』は、即日発行で「入会金」や「年会費」は無料です。

ここからは、ユニカード(UNICARD)の「発行方法」「還元率」「使い方」「有効期限」「紛失した時の対応方法」などを項目ごとにご紹介していきます。(各項目をクリックでジャンプできます)


ユニカード(UNICARD)の発行方法

ここでは、ユニカード(UNICARD)の発行方法をご紹介しています。

『ユニカード(UNICARD)』の入会手続き&カードの発行は、ユニオン各店でのみ受付しています。

インターネットでの発行受付はありませんので、お店で買物をする時に申し込みましょう。


ユニカード(UNICARD)の還元率

ここでは、ユニカード(UNICARD)の還元率をご紹介しています。

『ユニカード(UNICARD)』のお買い物時のポイント還元率は「200円の支払いにつき1ポイント(0.5%)」です。

貯まったポイントは「1ポイント=1円」として利用することができます。(会計時にポイント払いと申告)

また、カードに現金をチャージする時にも”チャージボーナス”という還元があり「3,000円で15円(0.5%)」「10,000円で50円(0.5%)」のボーナスが付きます。

チャージボーナスは、一度に3,000円以上チャージした時のみ適用されます。

このことから『ユニカード(UNICARD)』のポイント還元率は「お買い物時(0.5%)+チャージボーナス(0.5%)=1%ということになります。

2019年9月9日から15日は、還元率UPキャンペーン

2019年9月9日から15日は、還元率UPキャンペーンが行われ「3,000円で75円(2.5%)」「10,000円で250円(2.5%)」のボーナスが付きます。

キャンペーン中は、還元率5倍ですね!定期的にこのようなキャンペーンがあれば、これまでよりかなりお得にユニオンで買い物をすることができそうですね♪

ちなみに『ユニカード(UNICARD)』のチャージ上限は、1枚最高100,000円(1回あたりのチャージの上限は49,000円)までです。

2019年9月16日から30日は、お買い物ポイント10倍キャンペーン

2019年9月16日から30日は、お買い物ポイント10倍キャンペーンが行われ「200円の支払いにつき10ポイント(5%)」のポイント還元率となります。


ユニカード(UNICARD)の使い方

ここでは、ユニカード(UNICARD)の使い方をご紹介しています。

『ユニカード(UNICARD)』は、Edyなどと同じチャージ式の電子マネーカードになります。

使い方を簡単にまとめると、以下の様な流れになります。

  1. ユニオン店内に設置されているチャージ機に現金を入れてチャージ。
    ※チャージにクレジットカードは利用できません。現金のみです。
  2. レジで「支払いはUNICARDで」と伝える。

これだけです。とても簡単ですね!

カード残高(残金)は「チャージ機」や「ユニカード(UNICARD)裏面のQRコードからスマホで」確認することができます。

ユニカード(UNICARD)利用時の注意点

  1. クレジットカードでのチャージはできない。
  2. 商品券・送料、自販機の商品等、一部商品では電子マネーを利用できない。
  3. レジでのチャージはできない。
  4. チャージした電子マネーはユニオンでのみ利用可能

*なお、ポイントは電子マネー支払い時だけでなく、現金支払い時にも貯まります。必ずしも電子マネー機能を使用する必要はありませんので、とりあえず発行しておいて損はないでしょう。


ユニカード(UNICARD)の有効期限

ここでは、ユニカード(UNICARD)の有効期限をご紹介しています。

『ユニカード(UNICARD)』の有効期限は、チャージした電子マネーが「最終利用日または、最終チャージ日から5年間」。

貯まったポイントは「最終お買い上げ日から2年間」となります。


ユニカード(UNICARD)を紛失した時はどうする?

『ユニカード(UNICARD)』を紛失してしまった時は、身分証(運転免許等)を持ってユニオンの店舗で申し出することで、再発行の手続きが可能です。

再発行手数料は「100円(税込)」。受付時間は「平日の9:00から17:00」となるようです。

旧カード利用停止措置が完了した時点でのユニオン電子マネー残高・ユニオンポイントが、再発行されたカードに引き継がれます。

ユニカード(UNICARD)まとめ

  • ユニカード(UNICARD)は、2019年9月9日より発行受付を開始し、2019年9月16日から利用開始となる、フレッシュプラザユニオンの電子マネー付ポイントカード。
  • 入会手続き&カードの発行は、ユニオン各店でのみ受付している。
  • ポイント還元率は「お買い物時(0.5%)+チャージ[入金]ボーナス(0.5%)=1%」
  • チャージは現金のみ。クレジットカードでのチャージはできない。
  • チャージした電子マネーは、ユニオンでのみ利用可能。
  • 有効期限は電子マネーが「最終利用日または、最終チャージ日から5年間」、ポイントは「最終お買い上げ日から2年間」
  • 電子マネーを利用しない方も、ポイントカードとして利用可能。
  • ユニオン公式ホームページの『ユニカード(UNICARD)の説明ページはコチラ
  • 関連記事:「沖縄のスーパー どこが安い?サンエー、かねひで、リウボウ、UNION、丸大の特徴をご紹介!


   
> 1つ前のページへ戻る   

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

コメントを残す