グルクンマスクとは 本名や顔は公開している?ナイトスクープにも出演した社長レスラー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、以前ご紹介した「琉球ドラゴンプロレスリング」の代表(社長)を務めるグルクンマスクさんをご紹介しています。
これまでの経歴や、SNS情報にプロフィール。趣味/特技などをまとめましたのでご覧下さい!

グルクンマスクとは?

グルクンマスクは「琉球ドラゴンプロレスリング」の代表を務める、大阪出身の現役覆面レスラーです。

学生時代には柔道を、成人してからはシュートボクシングを経験しており、立ち技に投げ技、絞め技となんでもこなす万能レスラーです。

1998年には枚方市(大阪)で自分の格闘技道場を設立。
プロレスラーとしてデビューしたのは2001年5月6日、大日本プロレスの川崎市体育館大会でした。

その後、2008年には自身の格闘技道場主催のプロレス興行を開催するなど、プロレスラーとして積極的に活動した後、2010年3月に沖縄プロレスに移籍。

現在とは異なるリングネームの「グルクンダイバー」として2012年8月まで活躍し、2013年2月に現在代表を務める「琉球ドラゴンプロレスリング」を設立しました。

この時から現在のリングネームであるグルクンマスクを名乗っています。

現在は現役レスラーとしてだけではなく、沖縄県内の学校で”夢”を題材にした講演活動なども開催しています。

グルクンマスクはマスク職人?

プロレス団体の代表やパーソナルトレーナーに講演会と幅広い活動を行うグルクンマスクですが、マスク職人としての顔も持っているようです。

ミシンを使った繊細な作業は、プロレスラーのイメージとはかけ離れているようにも思いますが、マスクの作成依頼なども受付しているようですので、気になった方はグルクンマスクさんのTwitterを見てみて下さいね!

グルクンマスクさんのTwitterはこちら「@gurukunmask

グルクンマスクの本名は?

覆面レスラーのグルクンマスク選手。

グルクンマスクでネット検索してみると「グルクンマスク 名前」「グルクンマスク 本名」と上位にHITすることから皆さんその正体が気になっている様子。

私も気になって調べてみたところ、とあるプロレスファンサイトにてこれまでのリングネームが以下のようにまとめられていました。

石倉正徳(デビュー当時)→グルクンダイバー(2010年3月-2012年8月[沖縄プロレス時代])→グルクンマスク(2013年2月-現在)】

関西の人気番組【探偵!ナイトスクープ】でグルクンマスクの高校時代の同級生と思われる方が、グルクンマスクの正体をTVを通じて探っていましたが、その時のやり取りを見る限りグルクンマスクは石倉正徳さんで間違いないかと思います。

石倉正徳さんのアゴの左側にあるホクロとグルクンマスクのホクロの位置も一致しています。

ちなみに、グルクンマスク本人は「石倉さんですか?」という問いに「グルクンマスクは、グルクンマスクです。僕は、グルクンマスクという生き物なんですよ」と覆面レスラーの模範解答で答えていました。

グルクンマスクプロフィール等

  • リングネーム:グルクンマスク(現リングネーム)、グルクンダイバー(沖縄プロレス時代)
  • 得意技:ムーンサルトプレス、ダイバースープレックス、グルクンドライバー、グルクンスリーパー、グルクンレッグロールクラッチ、グルクンフィンキック、キック技
  • タイトル:『元MWF世界タッグ王座』『大森夢フェア認定世界大森級王座』『御万人王座「琉王」初代王者』『バトルロイヤル王座「チャンプルー王」』『我栄トーナメント優勝』
  • 生年月日:1971年9月9日
  • プロレスデビュー日:2001年5月6日
  • 血液型:AB型
  • 星座:乙女座
  • 出身地:大阪府枚方市
  • 現住所:沖縄県恩納村
  • 職業:プロレスラー(琉球ドラゴンプロレスリング代表)、マスク職人
  • 身長:173cm
  • 体重:77kg
  • 愛称:琉球ブルーウェーブ、ムーンビーチの水生
  • 趣味/特技:特撮ヒーロー鑑賞、フィギュア収集、ミシン
  • WEBサイト:「グルクンマスクのブログ「琉球ドラゴンロード」
  • 過去のWEBサイト:「グルクン・ダイバーのダイビング営業日記(*2012年12月31日最終更新)」
  • Facebook:「グルクン マスク Gurukun Mask
  • Twitter: 「@gurukunmask

グルクンマスクまとめ

  • グルクンマスクは「琉球ドラゴンプロレスリング」の代表を務める、大阪出身の現役覆面社長レスラー。
  • パーソナルトレーナーやマスク職人としての顔も持つ。

関連記事

   
> 1つ前のページへ戻る          

コメントを残す