DMMかりゆし水族館の場所は? 2020年に開業予定の新スポット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事では、2020年上半期に新たに誕生予定の沖縄県で2つ目の水族館となるDMMかりゆし水族館の建設予定地などをご紹介しています。通常の水槽展示と最新の映像技術を組み合わせた「リアルとバーチャルの融合」が売りの新スポットはどのようなものなのでしょうか?

DMMかりゆし水族館とは?

DMMかりゆし水族館(仮称)は株式会社DMM.comが豊見城市豊崎の美らSUNビーチに隣接するショッピングセンター敷地内に開業を決めた沖縄県で2施設目となる新水族館。
「リアル(現実)と世界初の最新映像技術を駆使したバーチャル(仮想)の融合」をコンセプトにし、
映像で本物さながらのサメを投影したり、アマゾンの大自然を再現したりと施設内とは思えないような体験を提供予定とのこと。
公式サイトの写真をみてみると建物内なのにペンギンが歩いていたり、ビーチがあってイルカが目の前で飛び跳ねていたりとまさに未来の水族館という感じで期待が高まります。

その他、海洋生物だけではなく沖縄地方を中心とした動植物ともふれあうことができるとのことです。

DMMかりゆし水族館はどこにできるの?

DMMかりゆし水族館の建設予定地は那覇空港から20分の位置にある美らSUNビーチの近く

大和ハウス工業が大型ショッピングモールを計画している土地の一画にできる予定。
完成すれば、空港からは距離のある「沖縄美ら海水族館」を凌ぐ人気スポットとなるかもしれませんね!

また、那覇空港からは専用のシャトルバスを運行予定(所要時間30分程)とのことでアクセスは抜群です!

DMMかりゆし水族館の規模は?

水族館の延べ床面積は8,066平方メートル(東京ドームで4万6,755平方メートル、美ら海水族館は1万9,199平方メートル)で、
地上3階建ての建物の1,2階部分を予定しています。
入場者目標も開業初年度で210万人と沖縄が誇る世界遺産、首里城有料区域の188万人を超える予定。
※沖縄美ら海水族館の来場者数は2016年度で362万人。

DMMかりゆし水族館 公式ホームページ



DMMかりゆし水族館のSNS公式アカウント一覧

DMMかりゆし水族館建設予定地周辺地図

「DMMかりゆし水族館建設予定地」の周辺地図です。

DMMかりゆし水族館まとめ

  • DMMかりゆし水族館は2020年に開業予定の今までにない最新水族館。
  • 開業予定地は豊見城市豊崎の美らSUNビーチ近く。那覇空港から20分の好立地。
  • 現在公開されている情報はここまで!新情報が公開され次第、当記事に更新予定です。

美ら海水族館

大人気の美ら海水族館の情報は下記の記事をチェック!

美ら海水族館 料金やアクセス みどころ等シンプルまとめ!



   
     

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

コメント

コメントを残す