石崎巧 藤井聡太に似てる?彼女や奥さんは?キングスを支えるいぶし銀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、琉球ゴールデンキングスの背番号「0」番、石崎巧選手をご紹介しています。
「結婚はしているのか?」「出身校はどこ?」「インスタなどのSNSはやっている?」などの気になる話題や、これまでのバスケットボール実績などをまとめましたのでご覧下さい!*2019/6/4「年俸予想」を追記

琉球ゴールデンキングス関連記事一覧

石崎巧選手とは?

石崎巧選手は、福井県出身。2017年から琉球ゴールデンキングスに移籍してきた、プロバスケットボールプレイヤーです。

インターハイ優勝4回、ウィンターカップ優勝1回という実績を持つ、福井県の男子バスケットボールの強豪校『北陵高校』から「ザック・バランスキー選手」や「田中大貴選手」といったBリーグのスター選手多数を輩出しているバスケの名門『東海大学』を卒業。

このような、日本屈指のバスケットボールチームでプレーしてきた経験をお持ちです。

『北陵高校』時代にはインターハイを制覇、ウィンターカップでも準優勝

石崎巧選手は、高校3年生の時に「インターハイ」を制覇、「ウィンターカップ」で準優勝、「FIBAアジアジュニア選手権の代表メンバー」を経験しています。

準優勝に終わった「ウィンターカップ」決勝の相手、洛南高校には現在もBリーグで活躍している竹内兄弟(竹内公輔選手(栃木ブレックス)/竹内譲次選手(アルバルク東京))がいました。

竹内兄弟は、日本バスケ界で黄金世代の一つ「竹内世代」として名を残すほどの名選手ですが、石崎巧選手の活躍もあって、あと一歩のところまで歴代最強の洛南高校を追い込みました。

『東海大学』時代には全日本バスケットボール選手権大会を制覇→連覇を達成

高校を卒業後『東海大学』へ進学した石崎巧選手は、高校時代に激闘を繰り広げた竹内兄弟の双子の弟「竹内譲次選手」とチームメイトになります。

マンガのようなエピソードですが、高校時代に実績を残している選手が同時に在籍していた当時の『東海大学』のチーム力は当然素晴らしいもので、全日本大学バスケットボール選手権大会で連覇を達成しました。


『東芝』に入社→日本代表に選出→ドイツの下部リーグへの挑戦

学生時代に確かな実績を残した石崎巧選手は、2007年に『東芝』に入社します。

三年間主力選手として活躍した石崎選手は、東芝ブレイブサンダース在籍時に『オールスター(2季連続)』『バスケットボール男子日本代表』に選出されました。

その後、海外挑戦のためドイツへ渡り、2部リーグからの誘いもあったものの、元日本代表ヘッドコーチである「ジェリコ・パブリセビッチ」さんからの『島根スサノオマジック』に力を貸してほしいという申し出を受け、島根入りを決めました。

『島根スサノオマジック』→『BVケムニッツ99ers(ドイツ2部)』→『MHPリーゼン・ルートヴィヒスブルク(ドイツ1部)』

『島根スサノオマジック』に、bjリーグ初の現役日本代表選手として入団した石崎巧選手。

2010年度には「年間ベスト5賞」に選出されました。
この後、自身2度目の海外挑戦のため、再度ドイツへ渡ります。

ドイツでは、まずブンデスリーガ2部リーグ『BVケムニッツ99ers』に入団し、ガードとして2年間プレーします。

ドイツに渡って3年目となる2013年には、ドイツ1部リーグに所属している『リーゼン・ルートヴィヒスブルグ』に移籍し、日本人で初めて、ドイツのトップリーグでプレーした選手となりました。

ドイツから帰国→『三菱電機(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)』へ加入

ドイツのトップリーグでプレーすることを叶えた石崎巧選手でしたが、海外の壁は厚く、次年度のオファーを獲得することはできませんでした。

ドイツから日本に戻った石崎選手は、現在の『名古屋ダイヤモンドドルフィンズ』の前身である三菱電機へ加入。

「2016-2017年シーズン」では、キャプテンを務めます。

2017年、我らが『琉球ゴールデンキングス』に移籍!

ここまで、常に日本バスケットボール界のトッププレーヤーとして活躍してきた石崎巧選手。

2017年に我らが『琉球ゴールデンキングス』に移籍しました。

キングスへの移籍を決めた理由は、現ヘッドコーチである佐々宜央さんから声をかけられたことだそうです。

石崎巧選手と佐々宜央ヘッドコーチは、東海大学の同級生であるということも大きいようですね。

ちなみにお二人は東海大学時代にも、主力選手とアシスタントコーチという立場で大学を日本一に導いています。

これまで常に安定した実績を残してきた石崎巧選手、これからもキングスの中心選手としてチームを引っ張っていってほしいものですね!





石崎巧選手は将棋の藤井聡太七段に似ている?

藤井聡太七段[左]石崎巧選手[右]/ [左]「エキサイトニュース」より引用 [右]「日本経済新聞」より引用

石崎巧選手についての情報をネット上で調べてみると「石崎巧 藤井聡太」という検索結果がHITしました。

「どちらかが一方のファンなのかな?」と思い調べてみると、まさかの顔が似ているという話題でした。

画像検索し、比較したのが上記画像です。確かに、親子レベルで似ていますね。。

石崎巧選手はインスタやTwitterをやっている?

バスケットボール選手は結構やっている方が多い、インスタやTwitterなどのSNSですが、石崎巧選手はアカウントをお持ちなのでしょうか?

結構調べてみたのですが、石崎巧選手は「Twitter」「Instagram」「Facebook」など主なSNSサービスのアカウントをお持ちではないようでした。

今後開始される可能性はありますので、その時にはこの記事に情報を追記させていただきます!

石崎巧選手に彼女はいる?結婚している?

日本を代表するプロバスケットボール選手の石崎巧選手。

当然女性にもモテてきたかと思いますが、現在彼女や奥さんはいらっしゃるのでしょうか

私も気になって「石崎巧 彼女」「石崎巧 結婚」など様々なワードで調べてみましたが、全く女性関係の情報はHITしませんでした。。

現在は独身であるという情報はありましたが、これだけ情報が少ないとこれがあっているかも怪しいところです。

なにかわかり次第、この記事に追記しますね!

石崎巧選手の年俸は?

2019年6月3日、千葉ジェッツの「富樫勇樹選手」がBリーグ初の1億円プレイヤーになることがわかりましたね!

更にB1リーグ所属の日本人選手の平均年俸が1,310万円、日本代表Bリーガーの平均年俸が3,000万円ということが明らかになりましたが、石崎巧選手だとどのくらいの年俸になるのでしょうか?

これまで当サイトでは、田臥勇太選手の「日本人最高額5,000万円」を基準にキングスの選手の年俸を予想してきましたが、今回の情報でかなり予想しやすくなりました。

石崎巧選手はこれまでに4度、日本代表に選出されていますし『名古屋ダイヤモンドドルフィンズ』在籍時にはキャプテンも務めていますので、日本代表Bリーガーの平均年俸と同程度となる3,000万円程は貰っているのではないかと予想されます。


石崎巧プロフィール等

  • 本名:石崎 巧(いしざき たくみ)
  • 生年月日:1984年7月6日
  • 血液型:O型
  • 出身地:福井県福井市
  • 出身校:啓壕小学校→大東中→北陵高校→東海大学
  • 職業:プロバスケットボール選手
  • ボジション:ポイントガード(PG)、シューティングガード(SG)
  • 趣味:長くならない暇つぶし
  • 好きな言葉:あやふや
  • 好きな食べ物:人に勧めたくなる食べ物
  • 身長:188cm
  • 体重:85kg

石崎巧選手のバッシュは?


[アシックス] バスケットシューズ GELTRIFORCE 2 TBF325 0101ホワイト/ホワイト 29.0 (旧モデル)

これまで、安定したプレーで所属チームを支えてきた石崎巧選手が使用しているバッシュはどこのメーカーのものでしょうか?

調べてみたところ、石崎選手のバッシュは『ゲルトライフォース2』ということがわかりました!

「ソールの広さとしっかりとしたグリップ力、安定性でストップやターンがしっかりでき、力強くプレーする事ができる」と石崎選手も語っておられました。

石崎巧まとめ

  • 石崎巧選手は、2017年に琉球ゴールデンキングスに移籍してきた、プロバスケットボールプレイヤー。
  • ドイツ1部リーグでのプレイ経験や日本代表経験もあるスタープレイヤー。
  • 将棋の藤井聡太七段にかなり似ている。
  • SNSなどはやっておらず。プライベート、女性関係の情報は皆無。
  • 石崎巧選手とキングスの佐々宜央ヘッドコーチは、東海大学の同級生。

琉球ゴールデンキングス関連記事一覧

   
> 1つ前のページへ戻る   

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

コメントを残す