Tリーグ沖縄 宜野湾市立体育館に卓球観戦に行ってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、2018年12月3日に”沖縄県宜野湾市立体育館”で行われたTリーグ「琉球アスティーダVS木下マイスター東京」の試合観戦に行ってきた時のことを書いています。
2018年10月に開幕したばかりのTリーグですが、試合会場の雰囲気や参加選手、おすすめの座席は?などなど、まとめましたのでご覧下さい!*2018/12/06駐車場情報を追記

Tリーグの参加選手(チーム)一覧や試合形式/勝ち点の仕組みなどは下記の記事に詳しく掲載しています。

関連記事:Tリーグとは?参加選手(チーム)一覧や選手のツイッターアカウントまとめ!

Tリーグとは?

Tリーグ「琉球アスティーダVS木下マイスター東京」

 

Tリーグ』は2018年10月に開幕したプロアマが混在する男女4チームずつが戦う卓球リーグです。

”世界No.1の卓球リーグ”の実現を目指しており、男子ではオリンピック銀メダリストでTVなどにもよく出演されている『水谷 隼選手』や中学生にして、世界ランキング5位にランクされている「チョレイ!」の雄叫びでも有名な『張本 智和選手』。

女子では、オリンピックの銅メダリストで世界ランク最高3位の『石川 佳純選手』やオリンピック銀メダリストで世界ランク最高5位の『平野 美宇選手』など卓球界を代表する選手が顔を揃えています。

Tリーグの詳しい説明はコチラからTリーグとは?参加選手(チーム)一覧や選手のツイッターアカウントまとめ!

Tリーグ試合会場の雰囲気は?

Tリーグ試合会場の「試合開始前」の雰囲気

全国各地で開催される「Tリーグ」ですが、今回私が訪れたのは沖縄県にある「宜野湾市立体育館」という会場です。

「宜野湾市立体育館」の観客席数は1,500席ほどですが、私が訪れた日(Tリーグの沖縄での初開催日)は超満員で立ち見も出ており、計1,720名の方が来場されていたとのことでした。

今回私が観戦した席は一番お安い「自由席(1,000-2,000円)」で、上記写真は自由席から撮影した「試合開始前」の雰囲気です。

試合前に整列する選手(Tリーガー)達

試合開始時間になると、選手の名前が呼ばれ一人ずつ卓球台の前に整列していきます。

「木下マイスター東京」のスター選手『張本 智和選手』とホーム「琉球アスティーダ」のスター選手『丹羽 孝希選手』には、一際大きな声援がおくられていました。

ダブルス第一試合の様子

選手入場が終わるといよいよ試合開始。

「Tリーグ」では『ダブルス→シングルス→シングルス→シングルス→延長戦』という形で、試合が進行していきます。

ダブルスは「0-2」でアウェーの「木下マイスター東京」が勝利。マッチポイントを獲得しました。
「木下マイスター東京」には、応援団長的な方が自由席の中央辺りに2人いらっしゃって、観客席を盛り上げていました。

「木下マイスター東京」側 観客席の様子

上記の写真は今回はアウェーの「木下マイスター東京」側の観客席の様子です。

「木下マイスター東京」のチームカラーである、”緑のメガホン”を持った方が沢山いらっしゃって「もうこんなにサポーターの方がいるの?」と驚いていたのですが、どうやら応援団長的な方が試合開始前に皆さんにメガホンを配布していたからのようでした。

地元沖縄の「琉球アスティーダ」側の自由席に座らなかった理由は単純に席が空いていなかったからです(笑)

シングルス第一試合「張本 智和選手」VS「陳 建安選手」

上記写真は、シングルス第一試合「張本 智和選手(木下)」VS「陳 建安選手(琉球)」の様子です。

『張本 智和選手』の「チョレイ!」の雄叫びが出た時は会場が大きく盛り上がりました!

結果は「1-3」で「木下マイスター東京」の『張本 智和選手』が勝利しました。

この後、地元「琉球アスティーダ」のスター選手『丹羽 孝希選手』が勝利するも、最終試合は「木下マイスター東京」が勝利、トータルマッチカウント「1-3」でアウェーの「木下マイスター東京」が勝ち点3を獲得し、試合終了となりました。

練習用の卓球台で練習をする選手

上記写真は、メインコートの横に設置された練習用の卓球台で練習をする選手の様子です。

試合中も次の出番の選手が練習しているのですが、練習もなかなかスピード感があり、見応えがありました。



卓球観戦は独特の雰囲気?

私は今回が初めての卓球観戦だったのですが、卓球観戦には独特な雰囲気があると感じました。

テニスなども同じなのかもしれませんが、試合中は静かな時間が長いです。

サーブを打つ時は会場全体が「シーン」となるのですが、卓球はあまりラリーが続かないのですぐに次のサーブになります。
その為「ワーワー」言う時間がとても短い印象でした(笑)

ルール自体はわかりやすいですが、選手の本当の凄さを体感できるようになるには時間がかかりそうです。

Tリーグ観戦する時の座席はどこがオススメ?

ここでは、実際に「宜野湾市立体育館」の自由席から観戦してみて、オススメできそうなTリーグの座席をご紹介しています。

「宜野湾市立体育館」以外の会場の座席表も見てみましたが、どこも似たような席割りとなっているようですので、他会場で観戦される方も参考にどうぞ!

宜野湾市立体育館のTリーグ座席表

こちらはTリーグ開催時の「宜野湾市立体育館 座席表」です。

「Tリーグ」宜野湾市立体育館 座席表(Tリーグ公式サイトチケット販売ページから引用)

「Tリーグ」では、基本的に以下のような座席割になっています。

「アリーナエンド」「アリーナサイド」「ファインビュー」は会場によって、少し料金が変わってくるようです。

  • エキサイティングシート:12,000円
  • コートサイド:10,000円
  • アリーナエンド・ホーム:6,000円-7,500円
  • アリーナエンド・アウェイ:6,000円-7,500円
  • アリーナサイド:5,000円-6,500円
  • ファインビュー:3,000円-4,000円
  • 自由席:1,000-2,000円(大人2,000円/高校生以下1,000円)

「宜野湾市立体育館」は比較的小さい会場になりますので、一番遠い自由席からでも卓球玉がカーブしていることが確認できる程でした。

ただ卓球は選手と同じ目線で観戦する(縦方向)よりも卓球台を横から観戦する席のほうが、卓球玉に動きが見やすいかと思います。

結局は予算次第なのですが、私個人のおすすめの座席の選び方はとにかく会場で「Tリーグ」を見てみたい方は自由席。
その他は予算に応じて、卓球台を横から見れる席を狙うのが良いのではないかと思います。

あくまでも素人の意見ですが、今思えばTV中継などは縦方向から映しているんですよね。
やはり、縦のほうが見やすい人が多いってことなのでしょうか?

事前に卓球の動画などをみて、見やすい方向を確認してから購入する座席を決めるのも良いかもしれませんね!

試合会場「宜野湾市立体育館」周辺地図

今回のTリーグの試合会場「宜野湾市立体育館」周辺の地図です。

「宜野湾市立体育館」の駐車場は満車になる?

沖縄でのTリーグ会場となる「宜野湾市立体育館」ですが、試合日当日の駐車場の空き状況が気になるところですよね。

「宜野湾市立体育館」は収容人数が約1500人に対して、駐車場は350台分しかありませんので、チケットが完売しなくても駐車場は満車になってしまいます。

実際に私が訪れた際は開場時間の30分前でしたが、当然満車状態となっており、駐車場の入口で警備員の方が入場規制を開始するタイミングでした。

確実に駐車する為には『開場時間の1時間から1時間半前』に行く必要があるかと考えられますが、仕事終わりに観戦する場合等は間に合いません。

では、どこに駐車すれば良いのか。

近隣施設のコンベンションセンターの駐車場は入場不可となっており、ラグナガーデンホテルの駐車場もホテル利用者のみ利用可能で駐車することはできません

コンベンションセンターの横にある「宜野湾港マリーナ」には有料ですが、600台駐車可能な駐車場があります。
利用料金も「1台あたり1日300円」と激安ですので、こちらを利用するのは有りかと思います。

後は少し歩いたところに「サンエー宜野湾コンベンションシティ」「ラウンドワン宜野湾店」がありますが、全く関係のない施設になりますので、こちらの利用はおすすめできません。

Tリーグ観戦まとめ

  • Tリーグ観戦は卓球のルール自体がわかりやすいので、卓球素人でも楽しめる!
  • 出場選手のことや卓球の戦術などを事前に調べておくとより観戦が楽しくなるかも!




   
     

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

コメントを残す