藤田弘輝 キングスの新ヘッドコーチはハーフ?インスタやこれまでの経歴を総まとめ!

琉球ゴールデンキングス
この記事は約6分で読めます。

この記事では、2019年12月20日に『琉球ゴールデンキングス』のヘッドコーチに就任した藤田弘輝さんをご紹介しています。
「これまでの経歴」や「インスタ、ツイッターなどのSNSアカウント」、「詳細なプロフィール」などをまとめてみましたのでご覧下さい![2020年4月30日最終更新]

スポンサーリンク

藤田弘輝とは?

『藤田弘輝ヘッドコーチ』(琉球ゴールデンキングス公式サイト)より画像引用

藤田弘輝(ふじた ひろき)さんは、2019年12月20日に『琉球ゴールデンキングス』のヘッドコーチに就任したお方です。

端正な顔立ちの”ハーフ系イケメン”ですがそれもそのはず、アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれた正真正銘のハーフです♪

生まれはアメリカのサンフランシスコで、4歳の時に埼玉県へ引っ越してきています。その後、小学3年生(9歳)の時にミニバスケットのチームに入り、バスケットボールのキャリアをスタートしました。

小学校を卒業後はハワイへ引っ越し、中学・高校とニュージャージーの学校へ通う間もずっとバスケットボールは続けており、通っていた高校はハワイ州の中ではかなりの強豪で、ハワイ州大会の決勝に3年中2回残る程だったそうです。

大学はハワイ州のヒロにあるアメリカの州立大学『ハワイ大学ヒロ校』を最終的に卒業しています。

大学を卒業後『浜松・東三河フェニックス』に入団(選手兼通訳として活躍)

『藤田弘輝ヘッドコーチ』宮崎シャイニングサンズ時代(Wikipedia)より画像引用

『ハワイ大学ヒロ校』を卒業した後、2008年に『浜松・東三河フェニックス[現 三遠ネオフェニックス](2008-2010)』にドラフトではなく、チームトライアウトを経て入団し、プロバスケットボール選手としてのキャリアをスタートしています。

その後、2010年に『宮崎シャイニングサンズ(2010-2011)』に移籍、翌年の2011年に選手を引退しています。

選手時代は主に”シューター(ガード)”として活躍。また、英語力を活かして通訳としても活躍していました。

『宮崎シャイニングサンズ』でアシスタントコーチ兼通訳に就任

『藤田弘輝ヘッドコーチ』三遠ネオフェニックスヘッドコーチ時代の写真(YAHOOニュース)より画像引用

計3年程プロバスケットボール選手として活躍していましたが、実は高校の終わり頃からは既にコーチとしてバスケットボールに関わっていきたいと考えていた藤田弘輝ヘッドコーチ。

プロ選手時代も「通訳と選手をどちらもやることは中途半端だ」と感じていたんだそうで、選手としての道は諦め、コーチとしてやっていくことを決意しました。

『宮崎シャイニングサンズ』で2年間コーチとしての経験を積み、2013年には『群馬クレインサンダーズ』のアシスタントコーチに就任。その後当時のヘッドコーチが更迭されたことで、急遽ヘッドコーチ代行を務めることとなりました。

自身初のヘッドコーチでしたが、チームの成績をかなり向上させることに成功しています。

スポンサーリンク

『琉球ゴールデンキングス』のヘッドコーチに就任


『宮崎シャイニングサンズ』を退団後、『群馬クレインサンダーズ(2013-2014)[bjリーグ]』でアシスタントコーチとヘッドコーチ代行、『福島ファイヤーボンズ(2014-2016)[B2]』と『三遠ネオフェニックス(2016-2019)[B1]』でのヘッドコーチを経験。B1リーグでは最年少のヘッドコーチとして活躍してきた藤田弘輝さん。

2019年6月11日に我らが『琉球ゴールデンキングス』のアシスタントコーチに就任し、前ヘッドコーチである『佐々宜央』さんをサポートしながらキングスを支えてきました。

そして、2019年12月20日に心身の疲労困憊を理由に『琉球ゴールデンキングス』のヘッドコーチを退任した『佐々宜央』さんに変わって、藤田弘輝さんがヘッドコーチに就任することが正式に発表されました。

日本代表チームのサポートコーチなども務めた経験を持ち”世界で通用するコーチ”を目指す藤田弘輝 新ヘッドコーチ。必ずやキングスを良い方向に導いてくれることでしょう!

下記は『琉球ゴールデンキングス公式サイト』に掲載されている、藤田弘輝新HCからのコメントです。

皆様のキングスへの想いをしっかり背負って、残りのシーズンを選手とスタッフと共に支え合いながら、覚悟を持って全力で戦っていきます。今後とも、琉球ゴールデンキングスをよろしくお願いします。(琉球ゴールデンキングス公式サイト)よりコメント引用

2020-2021シーズンも『琉球ゴールデンキングス』でヘッドコーチを務めることが決定

藤田弘輝HCが、2020-2021シーズンも『琉球ゴールデンキングス』で継続して指揮をとってくれることがわかりました。

前シーズンの途中からヘッドコーチとなり見事キングスを西地区優勝へと導いたその手腕で、2020-2021シーズンもキングスを連覇へ導いてくれることでしょう!

スポンサーリンク

藤田弘輝ヘッドコーチプロフィール等

『藤田弘輝ヘッドコーチ』(琉球ゴールデンキングス公式サイト)より画像引用

  • 本名:藤田 弘輝(ふじた ひろき)
  • 生年月日:1986年4月16日
  • 血液型:O型
  • 出身地:アメリカ(サンフランシスコ)生まれ、埼玉県育ち
  • 出身校:ハワイ大学ヒロ校
  • 職業:プロバスケットボールコーチ(ヘッドコーチ[HC])
  • 身長:180cm
  • 愛称:「ヒロ」「Theo」
  • 過去のブログ:「Theo Fujitaのブログ

藤田弘輝ヘッドコーチのインスタなどのSNSアカウント一覧

こちらでは、藤田弘輝ヘッドコーチのインスタ、ツイッターなどのSNSアカウントをまとめています。

藤田弘輝ヘッドコーチまとめ

  • 藤田弘輝(ふじた ひろき)さんは、2019年12月20日に『佐々宜央』さんに変わって『琉球ゴールデンキングス』のヘッドコーチに就任したお方。
  • アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれた正真正銘のハーフ。
  • プロバスケットボール選手として、3年間活躍した経歴をお持ち。
  • ”世界で通用するコーチ”を目指しているとのことで、キングスをさらなる高みへ導いてくれることを期待しています!
  • 2020-21シーズンも『琉球ゴールデンキングス』のヘッドコーチを務めることが決まった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました