アルベルト城間 有名CMにも出演している ディアマンテスのボーカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、沖縄では知らない人がいない程有名な「ディアマンテス」のボーカルアルベルト城間さんをご紹介しています!
”ディアマンテス”という言葉の意味や、これまでのアルベルト城間さんの経歴などをまとめましたので、ご覧下さい。スィ!

アルベルト城間とは?

アルベルト城間さんは1991年に結成されたラテンバンド「ディアマンテス」のボーカル/ギタリストです。

ペルー共和国のリマ市の出身で、19歳の時に来日(東京都)しました。

この頃は日本語もまだ全然わからなかったそうで、来日した当初は演歌歌手を目指していたそうですが、上手くいかず、祖父母の故郷である沖縄に渡ります。

ディアマンテスを結成

その後、1991年に既にプロとして活動していた「トリオ・ディアマンテス」を基に、現在の「ディアマンテス」を結成

結成当時はコザのライブハウスでの活動が中心でしたが、1992年に『*ガンバッテヤンド』という曲が、オリオンビールのCMソングになり、大きな話題になります。

1993年に『*ガンバッテヤンド』を含んだ、沖縄限定アルバム『OKINAWA LATINA』をリリース。大ヒットを記録したことをきっかけに同年、全国デビューを果たします。

2000年からはソロ活動も開始。

音楽活動以外にも、映画で主演(Happy☆Pizza)を務めたり、絵画で入選を果たすなど、マルチな才能で活躍されています。

作詞作曲家として、中森明菜さんにも作品を提供したこともあるそうです。

*ガンバッテヤンドの意味?

ガンバッテヤンド”というのは造語で、「頑張って」という日本語に「ヤンド(現在進行系)」がくっついて、「頑張っているんだ!」という意味があるそうです。

ちなみにバンド名の「ディアマンテス[diamante(s)]」は、スペイン語で”ダイヤモンド”という意味のようです。

龍神マブヤーOP曲のボーカルも担当

2008年には「龍神マブヤー」のOP曲「琉神マブヤー~魂の戦士~」のボーカルを、アルベルト城間さんが担当しました。

ディアマンテスの代表曲は?

ディアマンテスの代表曲にはどのようなものがあるのでしょうか?

ディアマンテスのおすすめCD

ディアマンテスの名曲が収録されたおすすめCDです。

アルベルト城間プロフィール等

  • 本名:アルベルト城間
  • 生年月日:1966年6月13日
  • 出身地:ペルー共和国リマ市
  • 職業:歌手(ディアマンテス/ボーカル、ギター、パーカッション)
  • 影響を受けた人物:グロリア・エステファン
  • 好きな沖縄料理:ゴーヤーチャンプルー、ラフティ、バナナチャンプルー
  • 関連WEBサイト:「DIAMANTES公式ホームページ

アルベルト城間さんは結婚しているの?

アルベルト城間さんは、1991年に元メンバーであった「仲原リカ」さんという方とご結婚されています。

「仲原リカ」さんは、ディアマンテスの前身”トリオ・ディアマンテス”時代からのメンバーであったようです。

国籍はペルーのまま?

アルベルト城間さんはこれまでに2回ほど帰化の手続きをしようと思ったことがあるそうですが、「ペルー代表のアルベルト」でいたいという思いから、今も国籍はペルーのままにしているそうです。

アルベルト城間 まとめ

  • アルベルト城間さんは「ディアマンテス」のボーカル/ギタリスト。
  • 代表曲は「ガンバッテヤンド」「勝利のうた」など


ガンバッテヤンド

この記事と同じカテゴリーの記事を探す

サイト内検索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事(一部広告含む)

>               

コメントを残す