勝連城跡 無料で楽しめる世界遺産 沖縄最古の城(グスク)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事では、”琉球王国のグスク及び関連遺産群”としてユネスコの世界遺産に登録されているグスクの中でも、築城年代が最古の勝連城跡(かつれんじょうあと)をご紹介しています。無料で巡ることができる人気の世界遺産をご覧下さい。


勝連城跡とは?

勝連城跡は2000年に”琉球王国のグスク及び関連遺産群”としてユネスコの世界遺産に登録され、登録されたグスク(城)の中では最も築城年代が古いグスクとされています。毎年多くの観光客が訪れる人気スポットで、地元住民からは「カッチングスク」と呼ばれています。

攻め込まれにくいように、自然の山の高低差を利用して造られているのが特徴で、頂上までたどり着くのは現在でもなかなか大変です。
その為勝連城跡を訪れる際にはサンダルなどは避け、スニーカーなど歩きやすい靴がオススメです。

上りよりも下りが滑りやすく危険ですので、帰りは特に気をつけてくださいね!

最後の城主【阿麻和利】

勝連城跡は中城城跡の記事でご紹介した沖縄の歴史上の重要人物【護佐丸(ごさまる)】と並ぶ知名度を誇る【阿麻和利(あまわり)】が居城した城と伝えられています。

護佐丸が沖縄の英雄として広く知られている一方、阿麻和利は護佐丸を滅ぼした”反逆者”として語り継がれていましたが、その後徐々に歴史が解明され阿麻和利も護佐丸同様、人々に信頼されていた人格者であることがわかったそうです。

歴史を少し知ってから訪れると、より世界遺産を楽しめそうですね!
それにしても、案内板の阿麻和利のイラストが超絶イケメン。
実際はどうだったのか気になりますね。

関連記事
中城城跡 沖縄が誇る世界遺産の歴史、みどころや楽しみ方 

勝連城跡の”みどころ”

勝連城跡の”みどころ”はなんと言っても標高約100mの頂上から望む360度のパノラマ絶景。
※画像は頂上の一歩手前の広場です。

周りに高い建物もなく本当に360度美しい景色を楽しむことが出来るのでおすすめです。
Twitterにはパノラマ写真を掲載したのですが、是非ご自身の目で確かめて頂きたい沖縄屈指の絶景です。

勝連城跡施設情報

住所:うるま市勝連南風原3908
電話:098-978-7373(勝連城跡休憩所)
休園日:無し(年中無休)
営業時間:無し ※いつでも観覧可能
駐車場:あり(無料)
その他:売店、トイレ、休憩所(駐車場に併設)
※売店、トイレ、休憩所は9:00-18:00迄(年中無休)

勝連城跡へのアクセス

那覇空港から車で

那覇空港から沖縄自動車道(高速)で沖縄北ICまで。
県道36号線をうるま方面へ。 (約60分程)

那覇空港からバスで

那覇バスターミナルから与勝線(52番)、
【勝連城跡前】で下車(約2時間)
バス停から徒歩1分。運賃1,210円。

那覇バスターミナルから屋慶名線(27番)、
【西原】で下車(約2時間)
バス停から徒歩5分。運賃1,240円。

近隣には以前紹介したギネス登録の塩”ぬちまーす”工場があります。
こちらも無料で見学でき10-15分程で巡れますのでオススメですよ!
工場は宮城島にあるので、人気のドライブスポット海中道路も走れます。

関連記事

ぬちまーす観光製塩ファクトリー ギネス認定の塩工場を見学

勝連城跡周辺地図

勝連城跡巡りまとめ

  • 勝連城跡は無料で気軽に訪れることの出来る世界遺産。
  • 頂上からのパノラマは一見の価値有。
  • 頂上まで登るにはなかなか体力が必要。歩きやすい靴で訪れよう。
   
     

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

コメントを残す