セブンイレブン沖縄が那覇に設立 店舗ができるのはいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国内で唯一セブンイレブンが出店していない沖縄県。かなり前からできるというウワサがありましたが、なかなか実現されずにいました。しかし!2017年10月25日に100%子会社の「セブンイレブン沖縄」が那覇市に設立され、出店に向けて大きく動き出しました。実際に出店されるのはいつになるのでしょうか?

セブンイレブンができるのはいつ?

セブンイレブンが沖縄にやってくるXデーは2年後の2019年とのことです。
まだ何月とまでは具体的に決まっていないようですが、2019年から2024年までの5年間で沖縄県内に250店舗が目標とのこと。

250店舗と聞くと結構多そうに思いますが、他のコンビニと比べてどうなんでしょうか?
全国では店舗数が約1万9500店とTOPのセブンイレブンですが、沖縄ではどうなるのか。

現在の沖縄にあるコンビニで一番多いのがファミリーマートで319店舗、次がローソンで212店舗となっておりますので、一気に出店するのが基本のコンビニですが、5年で250店舗というのはかなりハイペースなように感じますね!

そもそもなぜ今まで作らなかったの?

ずばりこれは採算が合わないから。
沖縄県は配送コストや生産コストがかかりすぎるとのことで、今までは見送られていたんですね。

しかし、今年の2月にCEOが退任したことで、経営戦略が見直され出店することとなったようです。

沖縄に根差して店舗展開を進めていく」と古屋現社長がコメントしており、商品開発や店舗運営を現地主導で進める方針となったようです。

記念すべき沖縄1号店はどこにできる?

これについては今のところ(2017年11月)情報無しでした。

今までの傾向からセブンイレブンは県庁所在地に1号店が出店されることが圧倒的多いようで、やはり那覇市が一番確率が高いでしょうね。時点で沖縄市ってところでしょうか。

沖縄感は出していくのか?

他のコンビニでは、沖縄ならではのポークたまごおにぎりやさんぴん茶、てびち等の変わったおでんの具材など本土にはない”沖縄限定”の品揃えで沖縄感を出していますが、セブンイレブンでも沖縄限定の商品は販売されるのでしょうか?

これについては古屋現社長が「沖縄の文化や食を深く学び店づくりに生かす」とコメントしていることから、沖縄限定商品が作られることは間違いないと思われます。沖縄独特の食文化をどのように商品開発に取り入れていくのか、楽しみですね。

この記事を書いているときに【沖縄にセブンイレブンを歓迎する会】というサイトもヒットするほど沖縄県民に歓迎されているセブンイレブン。

2年後の出店が楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

   
     

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         

コメントを残す